fraternite_banner

昨日(2014年7月25日)発売のエロゲー『フラテルニテ』発売記念イベントに参加してきました。場所は、秋葉原の、アキバ☆ソフマップ1号店。購入者がくじをひいて、当選したら参加できるという形式。

お昼と夜の二部制で、昼の部は橘まおさん、夜の部は手塚りょうこさんのトークショー&サイン会。司会新興進行は、クロックアップのいけだかなめさん。サインの色紙は原画家はましま薫夫さんの書きおろしで、直筆サインも入っているとのことでした。

fraternite_event
イベント告知ポスター。

で、当然参加狙いでくじ引きにいきました。当日は最高気温37度くらいになっていたそうで、午前中から死ぬほど暑かったです。干からびるかと思った。ずっと外で発売記念イベントの対応とかしてくださってるメーカーのスタッフさんやレイヤーさんは本当にお疲れさまです……。

くじに関しては、複数引いて良いけど、複数あたっても参加券は1枚。ただし、昼の部と夜の部でそれぞれの時間にならびなおしてどっちもあたれば、昼夜どっちも参加は可ということでしたので、その通りやりました。幸い、どっちも1発であたったので、両方参加。ラッキー。

ただ、今回「イベント内容のつっこんだ話はオフレコ」ということだったので、詳しい内容は書けないです……ごめんなさい(夜の部はその注意なかったですが、一応)! 夜の部のときスタッフのかたにうかがい、イベント開始前の会場撮影はOKという許可をいただいたので、写真で雰囲気だけでも。まあ、いつもの通りのソフマップですけどね。

fraternite_event02
正面。一番前に陣取れたのはラッキーだった。

fraternite_event01
開始前の机。色紙と、当日配布のパッチCDが並んでいる。

今回、ソフマップさん側から、金属探知機によるチェックがはいりました。やっぱり例のAKB事件が尾を引いているんでしょうか。時間はかかるし正直邪魔臭いと思いましたが、出演者の方の安全を守るため、ひいては参加者が安心してイベントを楽しむために必要なことなので、きちんとやってくれるほうがありがたいですね。

さて、一応どんなプログラムだったかというと、基本的にいけだかなめさんがネタを振りながら、声優さんがそれにこたえる、というもの。作品への(というかこういう作品の「系統」にたいする)感想、キャラクターの感想、収録中のエピソードなど。お二方とも、CLOCKUP作品は初めてだったということで、そのあたりのお話などもあり。特に、日常感を出すために声優さんが気をつけたこととか、その辺のエピソードは非常に面白かったです。こういう作品にもかかわらずなのか、あるいはだからこそなのか、重要なのは日常なんだなと。

発売当日のイベントということでネタバレにかなり配慮してくださっていたのですが、「裂ける」とか「ビッグベン」とか「カレー」とか「トマトスパゲッティ」の話が多くて、あとはオートモードが嘔吐モードになりそうな雰囲気だな~というのはよく伝わってきました。

あんな感じのゲームですが、イベント自体は非常に明るく楽しくで、別にお通夜な雰囲気ではなかったです。はぴはぴ☆

イベントを経た後の感想としては、ぶっ飛んだ内容ではあるけれど、注目すべきはむしろキャラクターや生活のリアル感と、「幸せ」とはなにか、というところなのかなという印象です。スタッフ・出演者の方の口から何度か「バッドエンド」や「ハッピーエンド」ということばが出ていましたが、おそらくこの作品はそういうくくり自体に疑問を投げかける部分がある、あるいはそこを疑っていくほうが楽しめる、そういう感じにも思われました。

つまり、修正パッチも実は単に修正ではなく別の角度から見れば深い楽しみ方が

トークショーの最後にじゃんけん大会があり、昼夜それぞれ勝者1名に、円香と紗英子の等身大パネル(というか会場の飾りのポップ)がプレゼントされたのですが、残念ながら私は勝ち残ることができませんでした。しかし、紙でくるんだ後、梱包材で簀巻きにした美少女をかついで電車に乗る人がいるかと思うと、胸が熱くなります。勝ち残られた方、マジでおめでとうございました! 羨ましいです!

最後は、サインをもらって終了。そういえば、サインの時手塚さんは左利きなせいで、キャラクターポジション上どうしても文字を手でこすってしまい、若干書きづらそうでした。

fraternite00  fraternite01
左が手塚りょうこさん、右が橘まおさんのサイン。右上の金色の文字は、はましま薫夫さん。黒字がいけだかなめさん。

紗英子は今回、店舗特典イラスト等に一切登場していないようで、そうなると貴重な描きおろしということになります。しかも、作中ではあんまり笑わないので更にレアリティアップや! みたいなお話があり、紗英子ファンとしては嬉しい限り。

ともあれ、非常に楽しく有意義なイベントでした。スタッフの皆さん、橘まおさん、手塚りょうこさん、あとイベント参加者の皆さん、お疲れ様&ありがとうございました。作品のほうも、気合入れてプレイしたいと思います。