よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

林原めぐみさんの1stライブの話。

マジでやるっぽいです。

 ▼「林原めぐみ、ファーストライブを6/11中野サンプラザで開催」(RO69)

林原めぐみが、ファーストライブを2017年6月11日(日)に中野サンプラザホールで開催する。公演内容やチケットの販売方法などの詳細は追って発表される。

なお、当日はラジオ番組『林原めぐみのTokyo Boogie Night』の1300回突破記念公開録音が同会場で行なわれるが、それとは別の公演となる。

ライブ情報は以下の通り。

●ライブ情報
林原めぐみファーストライブ
2017年6月11日(日)
会場:中野サンプラザホール

1stライブであることより、ライブやるっていうことのほうが驚きです。お金を払ったファンしか見られないのが心苦しい、みたいないわゆる宗教上の(もちろん比喩ですよ)理由でライブを拒み続けていた記憶があったのですが、心境の変化があったのか、信教の変化があったのか……。

まあしかし、私くらいの世代の人間にとってはこれはもう凄いことです。今年イチくらいのビッグニュース。大谷が明日メジャーに行っても驚かない。

正直、林原さんをずっと追いかけていた生粋のファンではない私のような人間が騒ぐのは申し訳ない気持ちになったりもするのですが、しかし逆に言えば、そんな私ですら驚きで椅子からひっくり返りそうになったくらいのニュース。長年のファンの人はもうたまらんだろうなぁ。なんというか、おめでとうございます。

チケットほしいけど、サンプラザ中野ってキャパ何人よ。そんな多くないよね……?

 ▼「中野サンプラザホール」(livehis)

2,222人!

桁が1つ足りんわ!!!!!!!

言いたくないけど無理だろ常識的に考えて……。これ冗談じゃなくて全国の、下手すれば全世界のヲタが集まるかもしれないんですぞ。宝くじばりの当選率になりそう。まあただ、このキャパだと転売対策ものすごい楽だろうから、不正入手のチケットは即弾かれそうだし早めに転売不可の告知だして転売ヤーの手に渡るのを避けるとかしてほしいかなぁ。

いやあ、正直洒落にならないイベントぶっこんできましたねぇ。

あと、公式ブログにサラッと書かれてるけど岡崎律子さんのトリビュートアルバムも出るようで。これも楽しみです。 

早すぎる年齢。

小学生が飲酒運転とは……。

 ▼「小6男児が飲酒しバイク3人乗り、転倒…同乗の中3死亡、中2女子も重傷 沖縄の国道」(産経WEST)

 沖縄県恩納村の国道58号で、小学6年の男児(12)=那覇市=が酒気帯び状態でバイクを運転して転倒し、同乗の中学3年の男子生徒(15)=同=が頭を強く打って死亡、中学2年の女子生徒(14)=同=も鎖骨を折るけがをしていたことが23日、県警への取材で分かった。男児は軽傷。反省している様子だという。

 県警は22日、少年法に基づき、自動車運転処罰法違反(無免許過失運転致死傷)と道交法違反(酒気帯び運転)事件として、県中央児童相談所に送致した。児相が調査し、家裁送致などの措置を決める。14歳未満のため、刑事責任は問われない。

 県警によると、事故は12日に発生。何らかの原因で縁石に接触して転倒した。男児からは基準値を超えるアルコールが検出された。バイクは125CCで、男児の家族の名義だった。県警は、飲酒の場所や量は明らかにしていない。死傷した2人からは、アルコールは検出されなかった。

正直、自覚があって飲酒運転して他人の命を奪った場合、過失じゃなくて故意の殺人で良いと思うんだけどなぁ。少年法を厳罰化するとかじゃなくて、一般的に。

誰だったかも言っていたけれど、バイクや自動車ってのは便利な道具である以上に、ものすごい破壊力をもった凶器で、それを振り回してるんだってくらいに考えておいても良いと思う。少なくとも、その意識を持てない人に運転させるべきではないだろうと。 

こういうのは監督責任も含めてきちんと対処して、同じ人が同じことをやらかさないような体制作って欲しいけど、まぁ簡単にそれができるならこの世から事故は綺麗になくなってますわな。 

プレミアムな1日。

全然プレミアムじゃなかったなぁ。まあもともと月末金曜日は半日勤務にしてるし……。

premium

プレミアムフライデーは、まさに昨日、2017年2月24日からスタートした「月末金曜日は半ドンで切り上げましょう」という運動。お上が推奨していることもあって、そこそこの企業とかで導入されている例が目立ちます。ゆうて実施率はそうとう低いみたいですが。

musasikosugi

なおプレミアムといっても武蔵小杉ではない模様。

狙いとしては働きすぎの日本人に休息をうながす……というのももちろんあるのでしょうが(いつもILOから叩かれてますしね)、国内での消費活動をうながすのが狙い。「ちょっと豊かな、月末金曜を」というキャッチフレーズから、そうとうあからさまな「金使えよ」というメッセージを感じます。

私たちエロゲーマーとしては、月末金曜は言われんでも金使う日ですし、昼からサラリーマンがあふれかえるとイベントとかもやりづらいので迷惑このうえない気がしないでもないのですが、まあ誰もが合法的に半休とれる(かもしれない)のは悪くないことなのでしょう。

ただ、消費活動はなぁ。実際問題、収入が上がってないのに金使うわけがないと思うのですよ。なんか「ゆとり教育」に似た気配を感じる。そもそもの前提が間違ってるのに体裁だけ整えて結果がついてくるのを期待しているあたりが。

それに、「2.5日の休み」とかいうけど土曜休みをきちんととってる企業なんて官公庁くらいでしょ……。多くの人は、世間が「休みだ」って騒ぐわりに実態としては働いてるわけで、今日のようにブルーな気持ちで全然プレミアムじゃないサタデーを迎えるハメになるわけです。

まあ文句ばっか言っても仕方ないんですけど、このとりあえずやってみましたみたいなあんまり計画性の感じられない、行き当たりばったり感のある政策が果たして成功するのかどうか。それ以前に、そもそもこれ定着するのかなぁ。 

無許可やったんかい。

任天堂が「リアルマリオカート」をうたったレンタルカート会社「マリカー」を、著作権侵害などで提訴しました。

 ▼「公道走る「マリカー」、任天堂が提訴 著作権侵害など」(ITmediaビジネス) 

人気ゲーム「マリオカート」の略称やキャラクターを模したコスチュームを無断で使用され、著作権などを侵害されたとして、任天堂は2月24日、公道で走れるカート「公道カート」のレンタルなどを行う「マリカー」(東京都品川区)に対し、著作権侵害行為などの差し止めと損害賠償を求めて東京地裁に提訴したと発表した。

 任天堂は、マリカーが(1)「マリオカート」の略称である「マリカー」という標章をその会社名などに使っている、(2)マリカーが公道カートを顧客にレンタルする際、「マリオ」など任天堂の著名なキャラクターのコスチュームを貸すなどしている、(3)そのコスチュームが写った画像や映像を任天堂の許諾を得ることなく宣伝・営業に利用するなどしている──とし、同社への不正競争行為と著作権侵害に該当すると主張。不正競争防止法と著作権法に基づき、こうした行為の差し止めを求めている。

 マリカーは2015年に法人登記。東京・秋葉原などで公道カートのレンタルやツアーサービスを展開し、海外観光客からも人気。Webサイトでは「選べるコスプレ マリオ、アイアンマン、クッキーモンスターなど現在100着以上のコスプレをご用意!」などと説明している。
 

 ▼「公道を走る「マリカー」、ついに任天堂から訴えられる…著作権侵害など」(弁護士ドットコムNEWS)

任天堂(京都市)は2月24日、公道カートのレンタル会社「株式会社マリカー」が、マリオなどのキャラクターの衣装を貸し出したうえで、その画像を許諾なしに宣伝・営業に利用し、著作権などを侵害しているとして、損害賠償1000万円(一部請求)を求めて東京地裁に提訴した。

任天堂が訴えたのは、株式会社マリカー(東京都)とその代表取締役。マリカー社は、公道カートのレンタルサービスをおこなっている。任天堂のゲームのシリーズ「マリオカート」の略称である「マリカー」という標章を会社名として用いているが、まったく関係ない会社だ。カートは、東京・港区や品川区などの公道を走っており、外国人観光客などに人気を博している。

任天堂は、マリカー社が「マリカー」という標章を会社名として用いていることや、客にカートをレンタルする際に「マリオ」などの著名なキャラクターのコスチュームを貸出したうえ、そのコスチュームが写った画像や映像を許諾なしに宣伝・営業に利用するなどしていることが、「不正競争行為および著作権侵害行為にあたる」と主張している。

任天堂広報グループの担当者は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して「数カ月前から把握しており、警告してきたが、誠意のある回答が得られなかったため、今回の提訴に踏み切った」とコメントした。

渦中の「マリカー」社のWebサイトは、非常に繋がりにくい状態になっています。

 ▼株式会社マリカー

つか、許可とってなかったんか……。まあアレだけ派手に似せていたわけで訴えられたらアウトっぽい感じはします。

人気のあるサービスだったのは確かだろうし、元とれるくらい儲かっていたなら、いっそ任天堂さんが同じような公式サービスやったらどうなんだろうと思うけど、そう簡単な話じゃないのかなぁ。

姫屋ソフト破産。

合掌。

 ▼「「EVEシリーズ」の(株)姫屋ソフト(神奈川)/破産開始決定」 (JC net.)

シーズウェア(C's ware)ブランドのゲームソフト開発の(株)姫屋ソフト(神奈川県横浜市港北区大倉山7-33-8、代表:渡邊憲博)は2月8日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、中陳道夫弁護士(電話03-5211-7218)が選任されている。

同社は平成3年10月設立のパソコンAVゲームソフト開発会社。C's wareブランドの「EVEシリーズ」がヒットして、以前は10億円前後の売上高を計上していたが、その後はヒット作もなく、開発に膨大な費用がかかり経営不振に陥り、実質、事業を停止していた。

破産ですか。そうですか。

hasan

いや、お前じゃなくてね。

まあ諸行無常というか、悲しみの涙滂沱たるを禁じ得ないというか、物悲しい気持ちになります。少年時代ヒーローだった野球選手が落ちぶれてしまったのを見るような。

最近「burst error」がリメイクされたりって流れみてると、権利関係はとっくに売りに出されてるんでしょうか。

ぶっちゃけもう別に会社の復活とか期待はしないんで、優秀なあのコンテンツを活かしてほしいですねぇ。 
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
あけいろ怪奇譚
バナー(3)
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
Lose新作『まいてつ』応援中!


AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!

情熱FX大陸