よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

コミケ当選してました。

すっかりと忘れていたのですが、昨日はコミケ当落発表日だったようで……。

確認したら当選していました。倍率的なことを考えてもまさか通ると思っていなかったので何も準備してないぞー。同人にも連絡しなきゃ(焦)。

一応ブースは、日曜日の「東 “す”ブロック-20b」です。

詳しいことはおいおい告知ということで。

今回初めて、定時退社さん(@hon_mirin)との合体ブースになります。お友達というのを差し引いても、コンスタントに質の高い旧作エロゲーの振り返り本を出しておられるサークルさんでたいへん刺激になっています。いろいろ間に合うかわからない状態ですが、どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m。

バカップルの話。

昨日10時半くらいに寝て、起きたら午後4時まわってました。体調不良おそるべし。

食べ物もなかったのでコンビニに買いにでかけたら、レジに並んでる後ろでやたらイチャイチャチュッチュしてる(比喩ではなく、本当にチュッパキスしてた)カップルがいて、うぜーという気持ちに。

街中で手を繋いでるとかだと別にどうも感じないし、恋人がいることを羨むメンタリティでもない私がなんでこういらっとするのかというと、たぶんですが、私的空間と公的空間の区別をつけていないことへの苛立ちなんだと思います。

恋人同士の甘いささやきやボディタッチに伴う音声その他はそもそも外に向けて見せるべきものではないという教育あるいは先入観の影響と、実際に他人への配慮が欠けることで程度が行き過ぎてしまい不快感をあたえているという事実があわさって、「家でやれ」的なヘイトになってるのかなと。少なくとも私の背後でチュパ音たてんなと。

実際、街中でイチャイチャするのは法に反しているわけでも道徳的に悪というわけでもありません。しかし、感情的な判断(倫理的感覚)としては、あまりよろしくないと私が思うのは、このプライベートな領域とパブリックな領域の区別のつかなさが無自覚な暴力として機能しているからだろう、と熱にうかされた頭で結論づけました。

何が言いたいかというと、要するに、風邪は辛いねってことです。

完全ダウン

連日あまり景気のよくない話ばっかりしていて申し訳ないのですが、風邪でもう完全にダメです。明日が休みでよかった……。職場でもろくに動けなくて、休憩時間は死体のようにデスクに突っ伏していました。

というわけで、おやすみなさい。

【ハチナイ】スピカ杯終了。ランクマ攻略考察など。

ハチナイのランクマッチ「スピカ杯」が終了しました。監督のみなさま、お疲れさまでした。

最終順位は6位で、念願のプラチナトロフィー(10位以内)を獲得!! 終盤風邪ひいてどうなることかと思いましたが、はりついてプレイしなくていいハチナイのランクマッチスタイルのお陰でハイスコアを更新し続けられました。

Spica_Cup03

今回のランクマッチについての簡単な感想&考察です。今後の攻略の参考になれば。

(1)対戦相手による先攻後攻や天気は、おそらくランクマッチ期間中常に一定。「先行」「強風」「不調ピッチャー」などの好条件の相手を固定できれば、常に有利な条件で戦える。今回、上位15人に入るとほぼそのメンバーでのマッチングになったので、ひたすら有利をとれる相手に突撃し続けられたのはスコアを伸ばせた大きな要因だと思われる。

(2)ある程度戦力があれば、早めに上位に抜けたほうが有利かもしれない。終盤、対戦相手ボーナスが90%近くになり、ホームラン1本で得られるスコアが爆増した(スキルボーナスとあわせて、HRを1本打てば20000点近く入る計算)。終盤、毎日のように1,2回ハイスコアを更新できたが、上位30人ほどは大きく入れ替わらなかった。1試合に打てるHRの数はある程度限界があるので、ボーナスの差を覆しにくかったのではないかと想像する。

(3)キャラの好調・不調や素のステータスよりチームスキル・個人スキルや才能による影響がかなり大きい。この辺は「頑丈度」によっても変わるし細かい考察やデータに基づく計算があったほうが良いところなので深入りを避けるが、ホームランを打つ系のスキル・才能を持つ選手はやはり打つ。具体的には、永井加奈子の「ぴょんた焼きおかわり」や、近藤咲の「レインボーアーチ」など。チームスキル発動による影響もかなり大きく、3・4・5番に並べた花属性キャラは狂ったようにHRを打ちまくった。


といった具合。オーダーについてはこれまでよりも考えることが増え、属性ごとの戦力バランスをとる必要が出てきたことなどから、楽しみ方の幅が広がったように感じました。勿論それは、キャラが豊富にいるほうが有利ということであり、課金者がより強くなるという話にもになるのですが、無課金でも各ポジションに潤沢なキャラが供給されている現在、配布キャラをきちんと育てていくことで対応可能な範囲かな、と。今回であれば配布のSR岩城やSR永井は相当活躍できたと思います。

運に左右される要素が大きいとはいえ、このくらいなら許容範囲かなというか、課金の額やかけた時間だけですべてが決まると面白くないので個人的にこの塩梅はありがたいです。次のイベントも楽しみですね。

任天堂大勝

任天堂さんが絶好調のようで。4亀さんに興味深いデータとともに記事が掲載されていました。

 ▼「任天堂の2018年3月期第2四半期決算は大幅な増収増益に。Nintendo Switch本体の通期出荷予想は1400万台に上方修正」(4Gamers.net)

 任天堂は本日(2017年10月31日),2018年3月期 第2四半期決算の概要とプレゼンテーション資料を同社の公式サイトで公開した。

 第2四半期累計期間(2017年4月から9月まで)の連結業績は,売上高が前期比2372億円増の3740億円,営業利益が同459億円増の399億円,経常利益が同1004億円増の695億円,四半期純利益は同132億円増の515億円と,大幅な増収増益となっている。

マリオの海外売上すごいなぁ。「ファイアーエムブレム」みたいなのも、国外(主にアジア圏)で好評だ、というのは意外でした。ああいう、ストーリー性の高さをウリにするのは、言語や文化背景(たとえば、騎士や竜に対するイメージの違いとか)の関係もあって日本がメインかと思ってた……。翻訳とか頑張ってるんだろうなぁ。

資料見ると、売上高の予想は前年比9600億円。営業利益予想は1200億円とかな~り強気な感じですが、ホリデー商戦が来ていないのにこんだけ好調ってことでこの態度もうなずけます。ウハウハやろなぁ。

ゲームハードは一発でかいのを当てるとしばらく「覇権」を握れるし、それがまた次の新しいハードへのステップアップにつながるという好循環を呼びやすいわけで(実際、「ファミコン」時代のマリオがいまも最前線にいたりします)、こりゃ任天堂さんも笑いがとまらんでしょうなぁ。羨ましいことです。
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
あけいろ怪奇譚
バナー(3)
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
Lose新作『まいてつ』応援中!


AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!

情熱FX大陸