よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

暑い!!

いやー、暑いッス。完全に夏日。

とうとう本日からクーラーをつけました……。まだ5月の頭なんですけど、今日は耐え難かった。この気温になるとダレてしまって仕事も遊びも能率がだだ下がり。いろいろ批判されることもあるけれど、早めに文明の利器に頼るのが正解かなと今は思います。

最近はお医者さんも、無理せず空調つけることを勧める人が多いようですしね。まあ普通に考えて、冷暖房なしの病院とかやってられんわなぁ……。

それでも朝晩冷え込むのがやるせないところで、体調管理が大変になりそう。水分も補給していかんと、早速熱中症で斃れた人もいるようですし気をつけないといけませんね。 

ネットの知識

こういうニュースを見るたびに、「ネットの知識」講習を会社でやってほしいなぁと思ったり。

 ▼「「偽サポート詐欺」 被害の相談相次ぐ」(NHK NEWS WEB)

一般のウェブサイトに不正なプログラムを仕込み、突然、パソコンがウイルスに感染して乗っ取られたように装う偽の画面を表示させたうえで、ウイルス駆除の名目で料金を要求する巧妙な手口の詐欺が広がっています。セキュリティーの専門機関は、被害の相談が相次いでいるとして注意を呼びかけています。
 
情報処理推進機構によりますと、この手口は、一般のウェブサイトを閲覧中に、突然、音声とともに、画面いっぱいに「パソコンがウイルスに感染した」という偽の警告が表示されるのが特徴です。

そして、マウスのマークが勝手に動き回ってパソコンが乗っ取られたように見せかけ、指定の番号に急いで電話するよう音声で指示されます。
 
そこで電話をすると、担当者を名乗る人物が出て遠隔操作でウイルスを駆除したように見せかけたあと、サポート料金の名目で金を要求されるということです。 

相当に知られた手口ですし、まだこれに引っかかるというのは警戒が足りないわけで。しかし、社内PCからこれやっちゃう系の人もいるんですよねぇ。あと、気づくと社内PCにマルウェアがてんこ盛りだったりとか。

いったい何を見ていたのかみたいな話もありますが、検索かけてトップに出たサイトをクリックしただけという場合もあるので、必ずしも怪しいものを見ていたとは限りません。とはいえ、そういうサイトかどうかをあるていど見抜ける眼力も必要でしょう。

こういう手口に引っかかる人の特徴として、私が見ている限り、「慢心」より「めんどくさがり」というのが大きいように思います。もちろん自分が大丈夫だと思っているパターンもあるのでしょうが、多くの場合「ヤバいかも」と思いつつ、誰かに訊ねたり自分で調べたり、あるいは予防のための知識やソフトを入れる一手間を厭ったりという。

そこを潰しに行かないと、上のような詐欺被害はなくならない気がするなぁ。

あと、これは本人の意識の問題として、共用PCとかでおかしなことやっちゃう人というのは、それが周囲に迷惑であり、自分が加害者になっているという考えが希薄。騒ぎを起こす人は、だいたい共用PCの前で平気で缶コーヒー飲んだりパン食べたりしていたりするのです。そうなるともう何言っても無駄だなっていうお手上げ感ありますけどね……。

最先端法要

「テクノ法要」なるものが凄いと聞いて動画を拝見したのですが、想像の斜め上でした。

さすがにこれは笑うわ……。



いやーすごい。目と耳がチカチカしてきた。



否定的な意見が多いのは分かるし、権威とか伝統とかご遺族の気持ちとか理由をつけて否定するのは簡単ですが、葬式仏教という揶揄にもあらわれているようにもともと「葬式」ってのは仏教の儀式ではないですし、古来の葬儀ってのは一種のお祭りみたいなもので楽しく飲み食いして、読経も天上の音楽を模して歌われた歌唱だったという話もあるくらいですから、テクノにしようがバラードにしようが構わないのかなという気もします。個人的には。

まあ自分の親兄弟をこれで送ろうかという気にもなりませんけどね。でも本人が望むならまぁアリかなぁ。参加したら絶対笑っちゃいそう。そして、形式的なことよりもむしろ、その笑っちゃうくらいの気持ちで送り出せるというのがほんとうは大事なことなのかもしれませんね。 

やるせない事件

名大生が、両親との面会直後に死亡したお話。

 ▼「両親面会後に爆発音 名古屋大の寮で火事 学生死亡」(Yahoo! ニュース)

 4日朝、名古屋市昭和区の名古屋大学の学生寮で火事があり、室内からこの部屋に住む男子大学生とみられる遺体が見つかりました。また、寮に面会に来ていた学生の父親もけがをしています。

 午前8時すぎ、昭和区の名古屋大学の学生寮「国際嚶鳴館」で、「爆発音があり、3階の部屋から黒煙が出ている」と寮に住む学生などから消防に通報が相次ぎました。警察などによりますと、この火事で寮の3階の一室が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。この部屋には20歳の男子大学生が住んでいましたが、連絡が取れていないということです。火事の前に男子大学生の両親が寮を訪れて学生に面会していますが、学生がいったん部屋に戻った後、爆発音が聞こえたということです。父親は部屋に駆け付けた際、口の中をやけどするなどのけがをしています。

自殺なんでしょうか。ご両親に心無いことばをかけられた可能性はあるけれど、わざわざ広島からでてきたり、部屋に駆けつけていることなどからそっち系は考えにくい。留年を苦にして、みたいな話なのかなぁ。

何度か言っていますが、自殺まで追い詰められるのは「やりなおせない」プレッシャーのせいではないかと思っています。

戦国時代と三国志を比較して、日本の武将は負けると腹を切るけれど劉備玄徳は敗けても逃げ続けた、みたいな話をときどき聞きますが、まあある意味で似たようなもので、いまの日本社会は失敗に対して寛容ではない。ダメになりきればセイフティーネットが助けてくれるものの、「底」へ行くまでにつかまれる場所がないのだと思います。

たとえば仕事。退職したあとの再就職は結構難しくて、多くの人はいまの仕事場にしがみつこうとする。そうなると、やめられないプレッシャーからハラスメントに対して能動的になりきれなかったり、無茶な残業要求を飲むしかなかったりするわけです。

学校もそうで、転校しづらいからいじめに甘んじるし、いやな教師がいても我慢するしかない。留年すると世間から奇異の目で見られるうえに進学や就職に響くので、休むのも難しく、留年してしまうと「とりかえしのつかない」ダメージを負ったと思ってしまう。

そういう逃げ場のなさが生む閉塞感が日本に蔓延している気がする。再チャレンジもいいけれど、まずは多くの人が気軽にトンズラできる社会を作って欲しい。そうすれば、上司の無茶振りに対して強くでることも可能になると思うんですよね。

セカンドチャンス

林原めぐみさんのライブ、追加抽選のお知らせが来てた……。

今回多数のお申込みをいただいたため、落選者を対象に2次先行を実施することとなりました。申込方法をご確認の上、申込期間内にお申込みください。

とのことで、1次に申し込んでないと権利がないのかな。ギリギリだったけど申し込みしていたのでラッキー。

なお、メールにはこんな注意書きが。

※本公演は公演当日にご本人様確認を実施致します。チケット購入者のお名前がチケットに印字されますので、顔写真付の公的な身分証明書(パスポート/運転免許証/マイナンバーカード/住民基本台帳カード/学生証)をお持ちください。

また、チケットに印字されるお名前はぴあ会員登録の際に入力していただくお名前となります。

お申込み前にご登録のお名前に誤りがないか必ずご確認をお願い致します。

なお、身分証の顔写真とご本人様のお顔が明らかに異なる場合は、公演当日ご入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。

当日チケットをお持ちでも、身分証明証をお忘れの場合はご入場ができませんので、ご注意ください。

転売系は絶対ゆるさん、という強い意志を感じます。会場のキャパから見ても総チェックできるだろうし、転売で買った人はご愁傷様かなぁ。ゴネたり暴れれば何とかなると思っていたり、どうせハッタリで実際にはチェックしないだろうと踏んで買う人がいるかもしれないけど、そうとう抑止力にはなるだろうし、ファンを大切にする大御所の記念すべきライブなわけだからその辺はきっちりやる気がします(というかやってほしい)。

だいたいにおいて、オフィシャルが禁止している手段を用いて堂々と参加している人が野放しになっていると、「正直者」が馬鹿を見るわけで、ファンはお行儀悪いほうが得じゃないかという話になってあんまりよくない。資本主義社会において転売は是か非かという問題は難しいけれど、そのアーチストのファンがとるべき態度としては問答無用で非なわけで、厳正な対応をして、参加者も参加できなかったひとも納得できるようなイベントにしてほしいと切に願っています。
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
あけいろ怪奇譚
バナー(3)
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
Lose新作『まいてつ』応援中!


AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!

情熱FX大陸