よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

やはり日本の政党ラブコメは間違っている

石原慎太郎東京都知事が先日、とうとう新党を結成しました。その名も、「太陽の党」。

関連: 石原新党、保守色前面に 第三極の結集なるか 「太陽の党」旗揚げ
 (日経新聞 2012年11月13日)

尖閣問題への対策をある意味での手みやげに、保守層の取り込みを狙った出馬であるというのはわかります。実際話題性もあるし、一定の「戦果」は見込めるのでしょう。既に「減税日本」あたりと足並みを揃え始めているという話もあります。記事にも書かれてある通り、大同団結を前提とした既存政党に対するアンチとしては面白い勢力。私は東京都の規制問題などがあるのであんまり応援する気にはなりませんが、注目度は高そうです。

なんだかんだで今回の選挙は保守が強いだろうし、間違いなくある程度の影響力は持つでしょう。

……とか何とか言っていたら維新の会と大同団結しちゃいましたけど(NHKニュース)、こりゃホントに台風の目になるのかもしれません。自爆しなければ。(11月18日追記)

しかし実質的なところよりも目を惹いたのは、何と言っても政党名。(もう消えちゃったので今更感があるとはいえ)たいようのとうて……。

太陽の塔
太陽の塔。

石原氏の著作に因んだ名前とのことですが、そういえば大昔にこんなのもありました。もともと「太陽の塔」が「太陽の季節」から名前をとったという経緯もあり、もちろんわかってやってるんでしょうけど、こうなるともう完璧にギャグの世界ですよね。

あんまり言っても一時の「不謹慎厨」みたいになるだけかもしれませんが、これだけ色々深刻な問題が起きている政局でパロディのような名前をつけるのはユーモラスというよりちょっとどうかと思うし、少なくともそう受け取られかねない可能性は見えているべき。加えて、政策や政治スタンスとは何の関係もない、一個人(党首)の業績に因んだ党名にするっていうのも何だか微妙。ナナメから見ると、どんだけ独裁やねんと言いたくなる。

思うに周辺の太鼓持ちから、「わかりやすいシンボルもあるし、党首のことを皆がすぐイメージできるこの名前にしましょう!」みたいなことを言われてホイホイ乗っかっちゃったんじゃないかなあ。こういうのを止められなくなってきたあたり、石原慎太郎氏も歳を取ったと感じます。

それにしても「たちあがれ日本」やら「国民の生活が第一」やら、「減税日本」やら。ここのところの日本の政党名はどうもギャグ色が濃い。ラノベのタイトルが長いだのバカバカしいだのと言われますが、政党の名前のほうがよっぽど奇妙に映ります。

もちろん、「新進党」や「新党さきがけ」が定着しなかったことからも明らかなように、普通の名前を付けても埋もれてしまう。既存の政党との差異を明確にして、かつ国民にインパクトを与える名前であるには分かりやすいキャッチフレーズなり政策なりをそのまま党名にしたほうが良いという判断が働いているのでしょう。

しかし、たとえば10年20年先にこの党名でやっていけるんですかと聞かれたらたぶんNOじゃないでしょうか。時流を意識したネーミングは、時代遅れになるのも早い。党名かえれば良いと言われればそれまでだけど、そういう問題ではなくて、そもそも最初から10年、20年続けるつもりで政党を立ち上げていない。別れてもそのうちまたひっつくのが前提の、ラブコメみたいな政治をやってるわけです。実際速攻消えましたし

こういう名前を見るにつけ、政策のための政党ではなくて、党派争いのための政党が乱立するという状況を反映しているようで、なんだか情けない気分になる。

ただ、見方を変えれば実際の投票基準は政党名なんぞとは無関係。政策内容吟味して行うのだと考えれば別にどうでも良いっちゅやどうでも良いところ。だからこそ、どうでも良い名前をつけているのかもしれません。党名なぞ飾りだからスルーして内容で勝負するぞ、と。そういうことなら歓迎です。

折角なのでその路線でだれか、「ちゃんと政策論争しよう」とか、「新党乱立いいかげんにしろ」とかいう新党を立ち上げてくれませんかね……。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

僕らの屋根に雪は降り積む

Leaf/AQUAPLUSさんの公式ショップであるapstoreさんで、「クリスマスグッズ」と「お正月グッズ」が販売されています。apstore限定で、期間限定の完全受注生産グッズ。

私のお目当ては、「WHITE ALBUM2 クリスマスセット」。受注期間は「10月1日(月)10:00~11月18日(日)24:00」……ってもう明日ですねΣ(゚Д゚,,)。 急いで予約しないと……。この前のアニバーサリーグッズ(ペンダント)みたいに売り切れの心配が無さそうなのは助かります。最終的には余裕があったようですが、一時は任天堂も真っ青の品薄正法かと思いましたから。

ed498176.jpg

コースターとミニフォトカードの絵柄。

クリスマスグッズは以下の3セット。

ToHeart2 クリスマスセットA」(タマ姉&このみ)
ToHeart2 クリスマスセットB」(小牧愛佳&郁乃)
「WHITE ALBUM2 クリスマスセット」

お正月セットは

ToHeart2 お正月セットA」(タマ姉&ささら)
ToHeart2 お正月セットB」(愛佳&由真)

の2セット。どれも18日が〆切になっているので、欲しいけど注文してないぞという人はお急ぎあれ。

とりあえずこれで、今年のクリスマスは一人寂しく過ごさずに済みそうです?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

攻略:『ツルペタ!』

久々の攻略です。

関連: 批評空間投稿レビュー (ネタバレ無し) ※外部リンク

関連: 「レビュー:『ツルペタ!』」(2012年11月15日)

※以下の攻略は当方の経験とそれに基づく判断であり、確実な再現を約束するものではないことをご理解のうえご覧下さい。また、間違いなどがあればご指摘くださると幸いです。



▼選択肢一覧
(Hシーンでの選択は除く)

選択肢1
 白い帯状の水着
 紐のような水着

選択肢2
 誰にも渡したくない
 育てられているか不安だ

選択肢3
 師匠
 呼び捨て
 お兄ちゃん
 ご主人様

選択肢4
 中に出す
 外に出す

▼攻略
EDは3種類。どれも基本、らぶらぶで楽しいEDです。

選択肢1
 →Hシーンが変化。(EDへの影響は無し)

選択肢2
 誰にも渡したくない → 選択肢3へ
 育てられているか不安だ → ED1へ

選択肢3
 →これ以降の呼称が変化。(EDへの影響は無し) 

選択肢4
 中に出す → ED2へ
 外に出す → ED3へ

シーン数24、CG数30(差分無し)。

以上。お疲れさまでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

レビュー:『ツルペタ!』

73bed759.jpg

タイトル:『ツルペタ! ~ちっぱいは性交の素~』(HEAT-SOFT/2012年10月26日)
原画:くらすけ
シナリオ:almi3104
公式:『ツルペタ!』 OHP
定価:3800円
評価:C(A~E)

関連: 批評空間投稿レビュー (ネタバレ無し) ※外部リンク

関連: 「攻略:『ツルペタ!』」(2012年11月16日)

※具体的な長文感想・内容紹介は、批評空間さまにて投稿しております。



▼評価について
いやあ、良いタイトルですよね。ぶっちゃけタイトル買いの側面もあり。ストーリー紹介を見た段階からテンプレート的なロリものではないだろうと予想していましたが、その予想を上回るしっかりしたラブコメディでした。ただ、批評空間さんの長文感想に書いたとおりガチのロリの人には物足りないかもしれません。私はガチロリじゃないから正確なところはわかんないんですけど、少なくとも可愛いが先行して、あんまりムラっとは来なかったかな。ロリであることはこの作品の十分条件でしかなく、アーシュがロリでなくても構わない(必要条件ではない)という感じです。その辺を考慮してBから少し下げました。面白い作品ではあるけれど、ちょっとやりたいこととやっていることの間に溝があるというか、スタンスが中途半端だったと思います。

▼雑感
とにかくアーシュを愛でる作品。出会いからゴールまで、2人の関係がきちんと描かれています。もちろんボリュームは低価格帯相応のものでしかありませんが、密度としてはフルプライス作品から特定キャラの1シナリオをまるまるもってきたくらいのものを感じました。私のようなシナリオスキーには嬉しい誤算。

ED3種はどれもアーシュとの幸せな未来を予感させる内容で、そういう意味でも多くの人が気軽に楽しめる作品です。

アーシュと原紀の間に生まれてくる信頼関係とか愛情とか、そういうのが丁寧に描かれている。アーシュ一本で攻めようという姿勢には潔さを感じます。Hシーンのシチュエーションも、「ロリ好きなエロ漫画家」がコーディネートするだけあってなかなか凝ったものなのですが……。どうもエロさよりかわいらしさがプッシュされている感じがあるのは既に述べた通り。実にそそるシチュとか構図もあるんですけど……ううむ。

5326d795.jpg

アーシュたん可愛いです……。

そもそも人外(サキュバス)相手だしロリババアだし、見た目以外あんまりロリらしくない。ロリ独特の背徳感や真っ白な紙に文字を書き込んでいるような征服感もあんまり無い。やはりロリものとしては名だたる名作群に一歩二歩と遅れを取っているように思います。

しかし、その辺を補って余りあるしっかりしたストーリー構成。ラブコメ路線でほんわかしたい人にはお勧めできる一本。単に性癖に特化してエロで押しきるのもいいですが、こういうタイプの作品が増えていけば、低価格路線の幅が広がり、未来は明るいんじゃないでしょうか。

ってなわけで本日はこれまで。それでは、また明日。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ユーザー葉書の話

エロゲーには、「ユーザー葉書」という制度があります。

製品に対するアンケート昔はメーカーさん側の配慮により切手を貼る必要は無かったので気楽に返信できたのですが、不景気のアオリをうけたのか、あるいはそもそも返信数が少ないのでペイされないと思ったのか、最近はユーザーが切手を貼って返送する形がふえました。このため、ますます返送率は悪くなり、もうユーザー葉書なんていらないんじゃないの……なんていう声もきかれます。

実際、幾つかのメーカーさんでは(たとえばHEAT-SOFTさんとか)アンケート用の葉書が入っていたことはありませんし、萌えゲーアワードのアワードコードだけが同封されているというところも増えてきました。

また、DL販売の増加に伴って物理的に葉書を入れられなくなり、今後はアンケートフォームやメールといった形式が増えていくのではないかと思っています。

とはいえ、メーカー側に全くメリットが無いかといえば、そういうわけでもないでしょう。

メーカーさん側は明確に書きづらいことですが、販促の一つとして考えるとユーザー葉書は効果があります。たとえば、「ユーザー葉書を送ってくれた人の中から抽選で声優さんのサイン色紙をプレゼント」というような形式。声優さんや原画家さんのファンがいれば、確実に購入数が増えます。しかもこれは、物理的にモノを買わなくては葉書を送ることができませんから、いわゆる「違法」なゲームプレイを減らす……ことはできなくても、増やすことは恐らく無いと思われます。

また、「50円切手を貼ってでも意見を送ってくれる」ような熱心なファンがどのくらいいるかを見極めることができます。たとえアンケート葉書でボロクソ貶してあったとしても、切手を貼ってでも送ろうと思ったならそれはある意味でメーカーなりブランドなりのためを思ってのことであり(『下級生2』のディスク割とかは自己アピールなので別として)、耳を傾けるに値する意見です。少なくとも、いたずらややってもいないのに意見を送るということはまず無い。これは、WEBアンケートや誰でも送ることのできるメールフォームからの投稿には無いメリットです。

もちろんこれは、アンケートの内容とは関係がありません。ユーザー葉書に載っているアンケートの目的というのは、「今後の作成の参考にする」ためであり、それを考えると玉石混淆であってもより多くの母集団から意見が集まった方が良い……というのは十分妥当な考え方です。しかし、ユーザー葉書を返送してくれる「確実に買ってくれている」人に好印象を与えることを目指すというのも、戦略としてはあり得るように思われます。

一方ユーザーの側からすればどうか。正直、あんまりメリットは無いかも知れません。

上述の「プレゼント」がある場合、かなり競争率が低くなるのでプレゼントが貰いやすい……というくらいはあるかな? あとは、葉書なら絵を描けるとか。うん、正直あんまり思いつかないや(笑)。ユーザー葉書を送ってくれた人にはもれなくお返し葉書が送られてくるとかはそれなりに嬉しいとは思いますけど、そういうところ最近は随分減ったし……。最近だとYatagarasuさんが『古色~』で企画しておられたので完全に死滅したわけでもなさそうですが。

ユーザーからすれば、送るのにお金はかかるわ手書きだわ、面倒なことこのうえない。それは確かです。しかも個人情報まで書かないとダメ……。でも、私は結構ユーザー葉書って好きなんですよね。

まず、アンケートの項目でブランドの特徴が見えます。たとえば、先日感想を書いた『催眠遊戯』(スタッフィング)では、評価項目に「シナリオ」とか「ストーリー」のようなものがありませんでした。こちらとしてはその辺を凄く高く評価したいのに、おや? という感じです。

こまめにアンケート葉書の内容を(作品ごとに)かえてくるブランドさんとか、逆にRPGだろうがADVだろうが同じ項目で評価させてくるブランドさんとか、そういうこところでも姿勢は見える。

そんなのWEBアンケートだって同じじゃないかと言われそうですが、違います。ユーザー葉書のアンケートは、限られたスペースの中に盛り込まなくてはいけませんから、本当に聞きたいこと、重要だと思っていることしか載らない(原則的には)はずです。そういう制約によって見えてくるものがある。

あと、私は古い人間なので、できれば感謝は手書きで伝えたいというのがあります。エロゲーをプレイし終えて最初にやりたいのは、たとえそれがどんなクソゲーであっても、スタッフの方に感謝を伝えることです。単にヨイショするというのではなく、その作品に対する率直な感想を伝えることが、ユーザーにできる最大の感謝の表明だと私は考えているので、ユーザー葉書によってそれが可能になるのは(メールフォームでも良いのですが)やはり嬉しい。プレイ後の〆をした、という気になれます。

どうでも良いけど一番困るのは、「うちのブランドで描いて欲しい原画家さんやライターさんっていますか?」みたいな質問。他社の専属スタッフみたいな人の名前とか挙げてもいいんでしょうかね(笑)。こういう質問って、本当にその人に依頼するつもりのアンケートなのか、回答結果から自分たちのブランドイメージを推し量るためのアンケートなのかよくわからず、結局メジャーな人のお名前を書いてしまうことが多い……。いまだに慣れません。

まあそんなこんなで、もはや時勢にあわないとは知りつつも、ユーザー葉書を各ブランドさんは入れてくれるとありがたいなぁ、という話でした。

それでは、また明日。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
シルキーズプラス A5和牛 『バタフライシーカー』

あけいろ怪奇譚
バナー(3)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!




情熱FX大陸