よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

プレイレポート『三国志12』遼東プレイ(1)

『三国志』シリーズには、毎度、「これクリアできんの?」というマゾい君主がいます。OYOYOはそういう君主でプレイするのが大好きなのですが、今回は誰なのだろうと思って色々聞いていると、どうやら公孫度がヤバいらしい、という話を聞きました。

公孫度というのは、中国大陸の北東、「遼東」というところに領土を持ち、史実では「遼東王」を名乗って半分独立国家みたいなことをやっていた君主。それだけ実力があったというよりは、中央(中原)から遠すぎて、関わるのも面倒だから放置されていた、というのが実際のところかと思われます。日本との関係でいえば、倭国との窓口だった帯方郡があったのがこの辺。中央に届くはずだった邪馬台国からの朝貢品を、ここで王を名乗った公孫氏がガメていたのではないか、という話もあります。

まあそんな感じでほとんど『三国志』世界では出番のない遼東王一家。ど僻地で孤独なプレイを強いられるのは毎度のことなので、殊更本作だけキツイというわけでもないだろうと思っていたのですが……やってみてわかりました。本作のシステムでは、確かにかなりキツイ。そのあたりの説明は最後に行いますが、新しく導入された「秘策」システムの影響もあって、他の君主ならきつくても何とかなりそうな気配があるけれど、公孫度は逆にメリットを全く活かせないせいで相対的にも絶対的にも弱くなり、まったく何とかなる気配がしません。特に後半、207年以降のシナリオではその傾向が顕著。いったいぜんたい、曹操の蓋をどうやって突破するのかという……。事実上不可能な気配がぷんぷん漂っています。

そしてマゾ君主スキーからすれば、こういう展開こそ燃えます。これを何とかクリアーにこぎ着けたい。しかし、いきなり後半の公孫度からというのは厳しいものがあるので、一旦一番楽そうなシナリオでクリアーを目指し、この君主の特徴を掴んでみたいと思いました。基本的に早ければ早いほど動きが取りやすく有利なのですが、184年の「黄巾の乱」シナリオには残念ながら公孫度が不在なので、出現する最も早いシナリオ、190年「反董卓連合」にて公孫度スタート。クリアを目指すことに。ちなみに、ローカルの条件として以下の3つを設けました。

・ 基本的にバグ利用を除く禁止行為は無し。(外交や秘策もフル活用する。縛りは無し)
・ セーブは中断時と、1年に1回、1月のみ。(登用等ランダム要素の吟味行為は無し)
・ ゲームオーバー時にはロードしてリトライあり。

セーブ&ロードを駆使して吟味をくり返し、常に最高のパフォーマンスでクリアを目指すスタイルでもよかったのですが、とりあえず最初から作業祭りにしたくなかったのと、ここでそんなに吟味が必要なら後半のシナリオは無理だろうと思い、今回はあまり運に頼りすぎない普通のプレイングにしました。以下は、その様子をキャラクター語り風に記載したプレイレポートになります。お楽しみ頂ければ恐悦至極。それでは、遼東王公孫度の天下統一への道、はじまりはじまり。

※最初にお断りしておきますが、これはOYOYOの脳内の会話であり、作中の公孫度や本物の公孫度とは一切関係がございません。あしからずご了承ください。

◆第一幕
公孫恭: 「父上ー! 父上ー! 一大事ですぞ!」
公孫度: 「おう、そこで騒いでいるのは我が子、恭ではないか。いかがいたした」
公孫恭: 「説明ゼリフありがとうございます。父上は……またエロゲーですか……。しかも『はじめてのお留守番』とはまた何とも」
公孫度: 「いやあ、話題作なのにやったことなかったんでつい」
公孫恭: 「まーたAmazonでポチったのですね。終わったら是非、私にも……ってそれどころではございませんぞ!」
公孫度: 「何じゃ、『さくらさくら』のFDでも発売されたのか?」
公孫恭: 「それだったらこんな程度の騒ぎ方では収まりませぬ」
公孫度: 「ですよねー」
公孫恭: 「冗談はさておき父上、暴虐の限りを尽くす董卓を倒し帝をお救いするため、諸侯が反董卓連合を組んだそうです!」
公孫度: 「…………ふうん」
公孫恭: 「ふうん、って、それだけですか……」
公孫度: 「いやしかしな、恭。儂は董卓を見たことが無いし、特に感慨も持てなくて……」
公孫恭: 「総理大臣の名前を言えないゆとり学生みたいなこと言わないでください」
公孫度: 「昔馴染みの徐栄から聞いたところでは、董卓は木村あやかさんのような声してるらしいよ」 
(※徐栄は董卓の部下。公孫度と同郷で、公孫度を遼東太守に推薦した人物)
公孫恭: 「父上、それは違うゲームでございます……」
公孫度: 「残念 (´・ω・`)」
公孫恭: 「しかし面識がないにしても、なんかこう、もっとリアクションがあっても。国を揺るがす一大事ですぞ。我らもどちらに付くか、身の振り方を考えませんと」
公孫度: 「いやそれがさ、儂のところ、連合の誘いきてないから。反応のしようがないんじゃよ」
公孫恭: 「え、マジでござるか隣の公孫瓚は誘われたそうですが……」
公孫度: 「マジマジ。というか中原の連中、俺と公孫瓚の見分けついてないんじゃねぇ? たぶん、同族だと思ってるぜ」
公孫恭: 「そんな馬鹿な。父上が単に嫌われてるだけなのでは」
公孫度: 「お前、何気に酷いな。でもほら、これを見てみろ」
公孫恭: 「? Amazonの箱ですね。父上はこれで『はじるす』をおかいになられた、と」
公孫度: 「まあそうなんだけど、宛名んとこ見てみ?」
公孫恭: 「宛名……北平市公孫瓚伯珪様……ってこれ、公孫瓚宛ての荷物じゃないですか!?」
公孫度: 「そうなんだよね。なんか間違えて来たんだけど、儂も丁度注文してたから気づかず開けちゃってさ」
公孫恭: 「普段見慣れないロリゲーに手を出したと思ったらそういうことでしたか……ちなみに、本当は何を注文なさったんで?」
公孫度: 「『愛する妻、真理子が隣室で抱かれるまで~あなたが知らない事、彼がたくさん教えてくれました~』」
公孫恭: 「…………」
公孫度: 「『愛する妻、真理子が隣室で抱かれるまで~あなたが知らない事、彼がたくさん教えてくれました~』」
公孫恭: 「わかったから二回も言わなくて結構です!」
公孫度: 「大事なことなのに (´・ω・`)」
公孫恭: 「で、その愛する……なんとかは届いたんですか?」
公孫度: 「いや、そっち来てないから多分、公孫瓚のところに行ったんじゃないかな」
公孫恭: 「『はじるす』だと思って開封してそんなのが出てきたら、腰抜かすでしょうね」
公孫度: 「でまあ、この通り佐川でも儂らのことを把握しとらんわけだよ」
公孫恭: 「単に佐川が悪いだけじゃ……ヤマト運輸はちゃんと荷物届きましたよ。私の薄い本とか」
公孫度: 「 」
公孫恭: 「しかし、確かに中原から注目されていないのは事実ですな。父上、ここは一丁見返してやりませんか」
公孫度: 「えー。めんどくさい。飴なめたい」
公孫恭: 「オワタ\(^o^)/」

(翌日)
公孫度: 「恭、突然だが公孫瓚を攻めようと思う」
公孫恭: 「ええ!? 本当に突然ですね。どうしたんですか!?」
公孫度: 「実は昨日、儂の前世の記憶が甦ったのだ」
公孫恭: 「ハァ? 私じゃなくて医者を呼んだ方がよかったんじゃないですか」
公孫度: 「まあそう言わずに聞け。儂がエロゲーを大好きなのは知っておろう」
公孫恭: 「ええ、そりゃ」
公孫度: 「で、どうやらエロゲーの神が舞い降りて、儂にエロゲー主人公的能力を与えてくださったのだ」
公孫恭: (だめだ……こいつ早くなんとかしないと)
公孫度: 「で、その能力が昨日目覚めてな。どうも儂は、何度もこの世界を体験しておるらしい」
公孫恭: 「ベタベタですね」
公孫度: 「で、どうもそのたびに、ほとんど公孫瓚の奴に滅ぼされておるのだ」
公孫恭: (お、何かまともな話になった)
公孫度: 「そうでなければ、公孫瓚を滅ぼした後の袁紹じゃな。どっちみち、この遼東から一歩も外に出ずにこれまでの人生を終えてきた」
公孫恭: 「なるほど、父上が本当にループなさっているかは存じませんが、我らがそうした末路をたどることは非常に説得力がございます」
公孫度: 「どうも、我が遼東王国による中華統一を成し遂げねば、儂はこのループから抜け出せないらしい」
公孫恭: 「ははあ、そういう設定ですか」
公孫度: 「そこで、儂は今度こそループする世界を救うために、中華を統一しようと思うのじゃ。そのために、まずは公孫瓚を始末せねばならん」
公孫恭: 「なるほど、動機はどうあれ、立派な覚悟でございます。長安大学にスポーツ留学している康兄も呼び戻しておきましょう」
公孫度: 「あとついでに、奴が預かっているはずの『愛する妻(以下略)』も取り戻そうと思う」
公孫恭: 「実はそっちがメインってことはないですよね……?」

というわけで、遼東王・公孫度の中華統一を目指す長い長い物語が始まったのでした。次回は、公孫瓚との直接対決篇になります。

◆幕間
公孫康: 「どうも。本編では出番が無かった長男、公孫康っす。ヤスシちゃいます」
公孫度: 「おお、康よ。戻ってきたのか。すっかり長安なまりが混ざって妙なイントネーションになっておるぞ」
公孫恭: 「兄さんお帰りなさい。兄さんには軍事担当官として、次から頑張って貰いますのでゆっくり休んでくださいね」
公孫度: 「しかし、これだけで終わってはどういうプレイレポートになるか、いまひとつわかりにくいのではないか?」
公孫恭: 「父上にしてはまともな意見ですね。確かに、今回はネタ会話しかしませんでしたから……」
公孫康: 「なんか、画像とか無いんかね。文章だけで話を進めるのはなかなかしんどそうやで?」
公孫恭: 「そうなんですよね。せめて顔グラとかマップについては画像を使わせて貰えないか、KOEIさんに問い合わせてみようかと思っているのですが」
公孫康: 「経験上、エロゲーメーカーは問い合わせたら許諾を貰えることが多いんやが」
公孫恭: 「KOEIさんなのでどうなるかわかりませんね。後でガイドラインを確認しておきます。……で、このプレイレポートについてですが、父上」
公孫度: 「うむ」
公孫恭: 「基本的には、我々の「中の人」がプレイで辿った経緯を報告するのですが、その際必ずいくつかキーとなる場面がございます」
公孫康: 「たとえば、どっかの城を攻め取った、とかかな」
公孫恭: 「そうですね。兄さんのおっしゃるようなのもそうですし、あとは開発した技術とか、外交関係とかですね。その辺の話を中心に報告していこうかと」
公孫度: 「なるほど。何が原因でうまくいったかがわかるように、というわけじゃな。納得したぞ。」
公孫康: 「ちなみに公孫瓚と戦うのは良いけど、ウチらの軍の軍容はどんなものなん? そういう説明、あったほうが読んでる人もわかりやすい思うねん」
公孫恭: 「そうですね。では国家機密ですが少し紹介しておきましょう。我らが本拠、遼東郡襄平のデータはこんな感じです」
都市タイプ: 通常
兵力: 15000
募兵: 321
金収支: 1389
兵糧収支: 1277
▼所属武将
公孫度 統率67 武力71 知力66 政治51 兵科:騎兵 戦法:攻撃弱化 特技(耕作、収集) 《君主》
公孫恭 統率39 武力17 知力69 政治61 兵科:弓平 戦法:攻撃強化 特技(商才) 《血縁》
公孫康 統率72 武力66 知力65 政治65 兵科:騎兵 戦法:全軍索敵 特技(収集、監視) 《血縁》
公孫度: 「ふむ……なかなかよさそうに見えるが?」
公孫恭: 「悪くはないのですが、なんというか器用貧乏の見本市みたいな感じです」
公孫度: 「さ、左様か……」
公孫恭: 「参考までに、ライバルである公孫瓚のパーソナルデータを確認しておきましょうか」
公孫瓚 統率84 武力83 知力77 政治48 兵科:騎兵 戦法:騎軍神速 特技(練兵、人脈、監視、補修、神速)
公孫康: 「めちゃめちゃ強いな……ウチらと同じ名字の君主とは思えない能力値……」
公孫度: 「勝った勝った! 政治で3、儂のほうが上! 公孫瓚も大したこと無いな! ハハハ」
公孫恭: 「はいはいよかったですねー、じゃあその政治力つかって畑でも耕しておいてください」
公孫度: 「(´・ω・`)」
公孫恭: 「実のところ我々も能力値だけなら本当に悪くないんですけどね……。一流の国でも、二軍くらいにはなれます。ただ、公孫瓚は強すぎる」
公孫康: 「練兵持ちやから兵士の数も増やしやすいし、神速ありの騎馬はええなあ」
公孫度: 「ロリコンの癖に生意気な。ハヤすぎると嫌われるぞ!」
公孫恭: 「そういうネタしか言えないからボロ負けするんですよ。ただまあ、慰めるわけではありませんが、個体の能力は実はそこまで深刻ではありません。むしろ問題はスキルです。その辺を説明しておきましょう」
本作『三国志12』では、いくつかキーとなる強烈な「秘策」が存在します。まず、「絶道」。これは、隣接するすべての都市を孤立させるスキルで、このスキルをくらうと1ターンの間援軍を喚べないし、攻めに出陣することもできません。要するに防衛戦以外の軍事行動の全てを封印されます。攻めだけでなく、時間を稼ぎたい時の守りにも使えるのが美味しい秘策です。

もう一つは、「求賢」。これは、全国の在野武将に対して登用をしかけることが可能になるスキルです。西涼にいようが呉にいようが、宛に甘寧が出たら勧誘できるわけです。さらに、知力の高い武将の「献策」が成功した場合、追加資金を払えば未発見の武将を無条件登用してくれます。僻地で武将を集めにくい君主のためのスキルだといえましょう。

この2つがあれば、小国でも大国と充分互角にわたりあえるのですが、問題はこれらの秘策開発には特定の「特技」が求められるということ。たとえば「絶道」には「鬼謀」のスキルが。「求賢」には「人脈」と「収集」の特技が必要です。ところが、公孫度にはどっちも無い。つまり、これらの切り札を開発することができません。

それでも、遼東から武将が出ればいいのですが、残念ながらこの土地、全く武将が出ません。何かの間違いで在野武将が流れ着くとかそういう運が無い限りは永遠に一族3人のままですし、また流れ着いた武将に、レアスキルである「鬼謀」がついている確率なんて天文学的低さ。つまり、本気でどうしようもありません。

また、各兵科ごとに「研究」をすることで、その兵科の攻撃や防御をパーセントで底上げできます。これはなかなか強力なので、ガチで戦うには是非とも研究したいのですが、公孫康の武力が4足りず、遼東では騎兵の3段階目の研究ができません(70の武力が必要)。これに関しては、ゲーム内の通常イベントで地道に武力をあげていくことが可能なので何とかならないでもないのですが、隣国の公孫瓚が部下11人に恵まれ、秘策も研究も開発しほうだいなことを考えると、同じ名字なのにかなり不遇な(そして難しい)君主と言って良いと思います。

ただ逆に言えば、序盤のシナリオであれば公孫瓚を倒すことさえできれば一気に武将が手に入るので、その後割となんとかなりやすい状況が作れます。公孫瓚のところに趙雲がおらず、袁紹もまだそれほど強力ではない「反董卓連合」のシナリオは、最もやりやすい公孫度ではあると思います。
公孫度: 「ぬ、ぬう……結局儂ら、あんまり強くないわけか」
公孫恭: 「強くないというか、恵まれてないですね。「人脈」持ちがいないせいで「求賢」開発できないとか、康兄の武力が4足りなくて騎馬研究が3段階までしかいけないとか、嫌がらせのように思えます。そんな中で特筆すべきメリットといえば、全員一族武将なので給料を払う必要がないことと、裏切りを心配する必要がないことくらいです。戦闘と全く関係ないですね」
公孫康: 「あかんやん」
公孫恭: 「だからこそ、COMがやると、毎度遼東から一歩もでずに滅亡するわけです」
公孫康: 「ちまたでは、遼東ニートとか、公孫度と書いてひきこもりと読むとか、色々言われとるな」
公孫恭: 「とはいえ、ここから中華統一を目指すのですから、泣き言は言っていられません。無い袖は振れないというのなら、袖を作ってしまえば良い。あらゆる条件を駆使して、とりあえずまずは公孫瓚を倒すことを目指しましょう!」
公孫度: 「なんだか始まる前から無理そうな気がしてきた……」

というわけで、本日はお終いです。おつかれさまでした。

結論から言ってしまうと、このシナリオに関しては公孫度でクリア可能。決して余裕ではありませんし、何度か「詰み」かかって1年前のセーブからやりなおし、ということもありましたが、ひとまず天下統一を果たすことができました。たぶんこの次のシナリオ(群雄割拠)でも、同じような手口でクリア可能かと思うのですが、武将の寿命があるぶん数段ハードルが上がる気がします。まだやっていないので何とも言えません。

今後は、実際のプレイに基づいて細かいテクニックや判断について解説しながら、遼東王一族の道程を書いていきたいとおもいます。それでは、また明日。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

まずはウタグッテかかれ。

 
自由意志はわれわれを、われわれ自身の主人たらしめるのであり、かくて、われわれをどうやら、神にも似た存在とするのである。 (デカルト『情念論』)
ここでデカルトが言う「自由意思」に代表されるようなものとしての「自由」は、「自己決定権」や「自己責任」のような語が前提とする自己の意思の自由、現代日本に生きる私たちが善いものと考える自由と、それほど隔たったものではありません。自らのことを自らで決断する力。具体的には、自律的な個人による民主的な社会というのが、こういった「自由」の目指す先にはあるのでしょう。「自由」の実現を否定的に見るという人は、そんなに多くいないと思われます。

けれど、そうした普遍的に見える価値も、実はそれほど自明ではないのかもしれない。たえず公式見解や既存の価値に疑問を投げかけることを知識人の使命であると考えたE.W.サイードならば、次のように言うでしょう。すなわち、「今日の世界では、疑問の念をもたずに権威に隷属することが、活動的で道徳的で知的な生活に対する最大の脅威のひとつなのだ」(サイード『知識人とは何か』)と。

「神にも似た存在」というデカルトのことばがただしく指し示す通り、「自由」は理性にこそ存在し、理知的で自律的な個人こそが優れた存在であるという立場は、ヨーロッパキリスト教文化の強い影響下にある思想です。そこでは、世界は神によって創造され、世界の真理は神の「設計図」にこそあり、それを読み解くために人間に与えられた特別な能力が、「理性」です。だから、理性的であることは人を全知全能の「神」に近づけ、何者にも縛られない自由と幸福とが約束されるわけです。それは、きわめて特殊な思想だと言っても良いかも知れません。

東洋に目を転じれば、中国で長い間大きな影響を持った儒教思想というのがあります。儒教の発想というのは基本的に選民による統治思想で、有徳者である聖人君子が民を徳によっておさめるのが理想的な社会というふうに言われます。そうした観点で見れば、民というのは何も考えないほうが良い。君子の徳に恭順する素朴な民が理想です。ヨーロッパの思想からすれば、民の自由意志を奪い、馬鹿にしているということになるのかもしれない。けれど、儒教の真意はそんなところにはありません。

戦乱期に生まれた思想という影響もあるかもしれませんが、儒教は人の幸せを、いのちの心配をせず平和で穏やかに日々を過ごし、お腹いっぱいご飯が食べられること、とします。統治しているとかされているとか、そういうことすら考えず安穏とした日々が送れること。民がそうできるように、君子は立派な統治をしなくてはならない、ということです。もしも孔子が現代日本にやってきて、政治参加を奨励し、「幸せとは何か」などという思想書や、社会をうまくわたるためのハウツー本を読むことに血道をあげる人びとを見たら、あまりの「不幸」ぶりに卒倒してしまうのではないでしょうか。

もちろん私たちには、孔子の昔に戻ることなどできようはずもありません。けれど、儒教的な考えが必ずしも誤っていると言い切ることもまた、できないはずです。キリスト教的自由意志の民衆も、儒教的牧歌的な民衆も、それぞれにある種の幸せのありようを体現している。肝心なことは、それぞれの幸せがどのようなものであり、またなぜその幸せを自分が選ぶのか、そのことを自覚し説明できるということでしょう。

言論の場――すくなくとも、思慮深い言説の場においては、価値というのは相対的な一つの立場の表明であるという認識が共有されています。だからこそ、人は当たり前に思われるような部分をこそ、丁寧に慎重に語ろうとする。自分が当たり前だと思っているまさにその部分こそが、他の誰かにとって最も当たり前ではないことである可能性が高いからです。責任をもって意見を主張するということは、自らの主張を譲らないと同時に、他の人の主張をきちんと認めるということでもある。だから私は、言論の場において必要以上に他の誰かや意見を貶したり、あるいは自らの考えについて謙虚に説明する意思のない人というのは対話をするつもりは無いのだろうと考えます。そういう人がやりたいのは、単なる自己アピールか、そうでないなら穏やかな恫喝にすぎない。「青少年健全育成条例」を巡る「議論」や、シーシェパードによる動物愛護の「主張」を聞いていると、強くそう感じます。

知識人がどうのこうのと言うと、あたかも私が述べてきたことは、浮き世離れしたアカデミックな世界を意識した内容であって、普通の人はそんなこと考えなくても良いように聞こえるかもしれません。けれど、いまや多くの人がブログを書き、ツイッターで呟き、自分の考えを発信している。そういう中にあって、人は「知識人」ではなくとも、「良識人」であることを多少は求められるのではないかとも思います。ネチケットやマナーという意味ではなく、言論・言説を紡ぐうえでの。

むすびにかえて、再びサイードのことばを引いておきましょう。「知識人とは、その根底において、けっして調停者でもなければコンセンサス形成者でもなく、批判的センスにすべてを賭ける人間である」。これは、「知識人」は懐疑主義者であるべきだとか、なんでもかんでも批判するクレーマーであるべきだ、ということではありません。そうではなく、己が信じ、立脚する価値をきちんと持ちながらも、常にそれが疑いうるものであるという可能性を忘れない人間であるべきだ、という意味です。言うまでもなく、このサイードのことば自体を鵜呑みにしないということも含めて。

ともすればそれは、どっちつかずで曖昧で、ちっともすっきりせず、玉虫色で腰砕けの発言をくり返しているように見えるかもしれない。また、身を置く側からしても、ニヒリスティックな浮遊感の中に閉じこめられたような苦しみがあるのでしょう。けれど、自分の言説に対し反省的思考をさしむけるところにしか、抽象的な価値にかかわる言説と地上的な実際上の価値との本当の意味での接点は見出せないようにも思われるのです。

と、今日はちょっと真面目な(けれどやや具体性に欠けるだろうなという)お話でした。裏にはこういうことを書くに至った事件というか事情というか、そういうものもあったりするのですが、今回はこんなところで。

それでは、また明日お会いしましょう。みなさま楽しいGWをお過ごしください。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

サトウユキさんが脳内再生される話

各種まとめサイト等にもあがっているのでご存知のかたもたくさんいらっしゃるかと思いますが、このスレ(「女騎士「えっ・・・わたしの声サトウユキさんがやるんですか?」)を見て爆笑してしまったのでご紹介。いやほんと、すごい。

お話がおわるところまで全文抜粋して引用します。スレ主のIDのみ赤文字で記載。
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:40:27.09 ID:FEytEqAzO
女騎士「ほ、他の人じゃダメなんですか?せめて一色ヒカルさんとか・・・」



女騎士「じゃ、じゃあもう風華さんでもいいですから!」


女騎士「決まってるからって・・・わたし聞いてません!!」


女騎士「先輩に言われたんです!サトウユキさんだけはやめなさいって!」


女騎士「いやですっ!どうせ触手に犯されたりオークに犯されたり精液漬けにされたりするんでしょう!!」


女騎士「えっ・・・そんなことしない・・・?純愛物・・・?」


女騎士「本当ですか・・・?」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:41:10.91 ID:68yDJ6Wd0

なんというメタ


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:41:31.15 ID:be7SiQ2r0

何故女騎士とオークは戦うのか?
もはや好敵手だろこいつら


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:41:36.94 ID:/L09T/HM0

いいぞもっとやれ


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:42:18.99 ID:PMBAyArKP

今日は朝から忙しい一日になりそうだ


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:43:36.24 ID:9ElD8poKi

声は國府田マリ子で決定


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:43:59.20 ID:FEytEqAzO

女騎士「た、確かにサトウユキさんの全部が凌辱じゃないのは知ってますけど・・・」


女騎士「でも・・・本当ですか?本当に純愛物なんですね?」


女騎士「なら・・・わかりました」



「サトウユキさん入りまーす」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:44:30.54 ID:jZ5NTSg50

おほぉ


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:45:06.35 ID:gFHDziLzi

シルキーずみたいだな


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:46:34.68 ID:KLfCAN+J0

mp3も貼らずにスレたてとな?


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:46:44.57 ID:okCUhapx0

本来の地声は誰なんだよ


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:47:25.14 ID:BFDnHZinO

サトウユキってだけでもうチンコガチガチ


13 : 忍法帖【Lv=14,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U :2012/04/27(金) 09:47:27.69 ID:G6iOoBR6O

続けたまえ


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:49:02.20 ID:Zf/sOtsRi

超気になるけど今から仕事だ…
ひまっぴーまとめは任せた


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:49:27.25 ID:QLOpCLFN0

いぐぅー!


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:50:02.44 ID:FhuTzMNm0

実は寝取られ


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:50:17.68 ID:7Uh8t8PI0

これは名作になる予感


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:51:57.34 ID:FEytEqAzO




女騎士「ぬっほほほぉ~ん!!初めてなのにぃ!なんでこんなっひぃぃ!!」




女騎士「やっ膣内はだめぇ!!妊娠しちゃうろぉぉぉぉ!!」



女騎士「あひぃぃぃぃっ!!種つけされていっぐぅいぐいぐいっぐぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!」



女騎士「・・・・・・」



女騎士「・・・案の定じゃないですか!!!」


女騎士「なんでいきなり弱み握られて犯されなきゃいけないんですか!!!」


女騎士「これから純愛になる?」


女騎士「レイプから始まる純愛ってなんですかそれは!!!馬鹿にしてるんですか!!!」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:52:15.83 ID:tykJxLXX0

んほおおおおおおお


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:54:21.50 ID:QBHmw/pC0

すんません、サトウユキさんの代表作kwsk


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:54:25.76 ID:QLOpCLFN0

シルキーズのアレとかは、ほのぼのレイプが売りりたいなとこるがあるからなぁ


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:55:37.63 ID:S3zPgNFK0

>>21
噛みまくってんじゃねえよ


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 09:56:55.80 ID:vvq+UHVyO

純愛ものしか出ない声優当てられたらホッとするのか


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 10:00:01.61 ID:xh89t+U40

これはいい
最近のきれいなサトウユキて何だっけ?


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 10:00:03.74 ID:FEytEqAzO


女騎士「ま、またわたしを犯そうというんですね?」

女騎士「例え身体を許したとしても絶対に心は許しません!!」

女騎士「いつかあなたに復讐します!!!」



女騎士「はぁはぁ・・・こっ、こんな状態でやめるなんて・・・」


女騎士「そんなわけじゃありません!!わたしは決して気持ち良くなんひぃやぁん!!」


女騎士「・・・していい・・・てください・・・」


女騎士「膣内射精でいいからうごかしてください!」


女騎士「おっほぉぉぉほほほほ~~~~んっ!!!おちん○しゅごひのぉ~!!」



女騎士「・・・・・・」


女騎士「・・・違うんです・・・喜んでなんていません」

26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/27(金) 10:06:04.05 ID:FEytEqAzO



女騎士「あなたの子供が・・・」


女騎士「えっ、責任を取る・・・?」


女騎士「い、今まであんなにひどいことをしておいてどう責任を取るつもりなんですか!!」


女騎士「けっ、けこっけ、けけけ結婚!?わたしがあなたと!?」


女騎士「た、確かにあなた以外と結婚なんてもうできませんけど・・・」




女騎士「・・・じゃあ、一生かけて責任を取って下さい」


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/27(金) 10:08:53.57 ID:FEytEqAzO


姫騎士「わたくしの声を演じる方は?」


姫騎士「サトウユキ・・・存じ上げませんわね」


姫騎士「色々な純愛作品に・・・わかりました。お願いしますわ」


「サトウユキさん入りまーーす」



こうしてエロゲ界の匠・サトウユキさんの仕事は続いていく


世の中の男と女騎士達を幸せにするために



終わり
というお話でした。

サトウユキさんといえば、『姫騎士アンジェリカ』が有名ですが、個人的には(たぶん)デビュー作だった『木漏れ日の並木道』(F&C、2003年)の雪桜姫乃役が印象的。声優さんとかに全く興味が無かった私ですが、「うわ、これはうまいなー」と思って注目したのを覚えています(『木漏れ日の並木道』のスタッフは皆さんかなり上手でした)。

もうある種職人芸というかイメージが「いぐぅ声優」で固定されちゃった感じもしますが、割と普通の演技……というか清純派キャラ上手ですよね。最近だと『StrawberryNauts』の朝霧ちゃんとか……。

ぶっちゃけ声の感じがすごく好きな声優さんの一人なので、引退のお話がでたときはとても残念に思っていました。どういういきさつかは存じませんが、まだ続けてくださっているので何より。これからもご活躍を楽しみにしています!

というわけで本日はコピペ状態でアレですが、このあたりで。いやでも久々にお腹抱えて笑いました。こういうのってセンスいいですよね。尊敬します。

明日からは本腰入れてエロゲー。連休中に頑張って新作やりきろう。それでは、また明日お会いしましょう。お疲れさまでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

イベントかぶりすぎの話

2012年5月6日。GW最後の日曜日。なんかやたらとイベントがかぶっています。

ジャイアニズム・フェス 2012
時 間:10:00~18:00(予定)
会 場:ベルサール秋葉原
主 催:エンターブレイン
入場料:500円
※秋葉原のグッズ・ゲーム取扱店にて入場用リストバンド販売中。

DreamParty 東京2012 春
時 間:11:00 ~ 17:00(10:30 開場予定)
会 場:東京ビッグサイト西3・4ホール
主 催:DreamParty事務局
入場料:2000円(前売券有り)

「秋葉原ソフマップ キャラクターフェスティバル」
日 程:2012年5月6日(日)
時 間:未定
会 場:アキバ☆ソフマップ1号店 特設ブース
※その他各店舗で委託販売あり
※一部、「ジャイアニズムフェス 2012 spring」との連動もある模様
※詳細については確定次第ソフマップHPが更新
あとは、おなじみの文学フリマもこの日。こちらは、流通センターですか。……うーん、エウシュリーちゃんも来るみたいだし、秋葉原に行くのが良いのかなあ。しかし、イベントかぶせすぎではないでしょうか。お互いにお客さんをくいあっても良いこと無いと思うのですが……。少なくとも私は、別日開催だったら全部いったのに!

ドリパはもう早々にあきらめたので、秋葉原に行くか文フリに行くか、はたまた両方行くか、もうしばらく悩むことにします。……どっちもいけるかな。イベント開催は嬉しいのですが、こうも重なって行けないのがたくさんでると、何だか残念な気持ちになってしまいますね。まあどれに行っても多少の後悔はするのだろうし、心の赴くままに楽しみましょう。案外こうやって悩めるというのが一番たのしいことかもしれません。

というわけで、本日はこの辺で。それでは、また明日。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

GW前のエロゲー大祭

新作買いました。

・Venus Blood FRONTIER
・俺の彼女のウラオモテ
・グランリブラアカデミー
・創刻のアテリアル
・ゆきいろ
の5本と、ゆず茶さんお薦めの『かみのゆ』も。

今回、秋葉ソフマップのアミューズメント館で予約をしてみたのですが、受け取りに凄く苦労しました。なんせ8Fの特設会場での受け渡しのみ。レジの数は6だか7だかありましたが、完全に処理が飽和。列は8Fから階段を通ってずらーっと並び、1F店内を通過し、店の外まで続いている状態(最後尾が1Fの店の外でした)。しかも外は雨。最悪です。

結局11時ごろから並び始め、1時間20分かかってようやく引き取り。ぷちコミケ状態でした。1号館のほうは20分くらいで受け取れたといっていたので、そっちにしておけばよかったと後悔しきり。まあ今日は大作ラッシュに加え、特典が豪華なゲームが多かったこと(特典準備するのに時間がかかる)、あと『ダカーポ』新作の予約がおそらく、アミューズメント館のほうが多くて相対的に混雑したとか、そういう事情もあったのではないかと思いますが、それにしても疲れました……。

まあ、今日から楽しい連休エロゲーライフを送らせていただきます。早速やるぜー。というわけで今日は手抜き。またぼちぼち感想とか書いていきます。

それではまた明日……書けるかなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
あけいろ怪奇譚
バナー(3)
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
Lose新作『まいてつ』応援中!


AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!

情熱FX大陸