よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

エロゲーランキングの有用性

エロゲーのランキングって色々あるけど、どれ見たら一番参考になるかな? みたいな話を友人から受けました。それで思ったことをちょっとだけ書きつらねます。統計学などをやられていた方には当たり前の内容かもしれません。また、おおざっぱすぎて不正確な部分があれば、ご指摘頂けると幸いです。

個人のサイトさんは好みが別れるとして、大がかりなところでは先日、2ちゃんねるの葱板(エロゲネタ・業界板)の2011年度、ベストエロゲーが発表されました。その結果が、こちら

『WHITE ALBUM2』がいろんな意味で圧倒的な感じですね。確かに、素晴らしい内容の作品であったと思います。けれど、そこまで一般ウケする話だったかな? というのも確か。誰もが思うように、こうしたランキングには統計をとる時点である一定のバイアスがかかっています。つまり、完全に一般的なランキングを提出することなど不可能です。

では、こういったランキングには意味が無いのかというと、そういうわけでもありません。無闇にランキングを参考にするというのは実質余り意味が無い行為だとは思いますが、ランキングからどのような層がどういった作品を好むのか、という傾向を読みとることは可能です。言い換えるならば、ランキングを利用するということは、そのランキングが意味するものを読みとることなわけです。

たとえば、「萌えゲーアワード」のランキングについて考えてみましょう。

あの場合、まず「萌えゲーアワード」に参加している作品からしか選ばれませんから、対象がすでに絞られています。「全てのエロゲー」から選ばれるわけではないのですが、それでも分かることはあるでしょう。

萌えゲーアワードの場合、製品についているパスワードを入力してランキングに投票するシステムです。一人確実に一票であり、中古品などではパスワード自体が無い、あるいは既に入力済みだったりもします。つまり、投票者の多くは新品で製品を購入した顧客、ということが言える。これはメーカー/ブランドにとって非常にありがたいお客様です。

また、投票することによって特に大きなメリットがあるわけではありません(萌えゲーアワードから景品が出たりはしますが、それ目当てという人は少ないと思われる)。けれど、アワードで受賞したブランドにとっては賞金も出るし宣伝にもなるしで、割とオイシイ。ですからこの企画に投票する人は、純粋にそのブランドを応援したいという場合が多いのではないか、と考えられます。

つまり、萌えゲーアワードの結果から分かるのは、それが面白いか面白くないかよりもむしろ、その作品なりブランドなりが、どれだけブランドにとって貢献度の高い顧客を掴んでいるか、ということになりそうです。もちろん、投票したくなるような面白さも含まれているでしょうけれど、実はそれ以上のものも見えていたのだ、と。

続けて、件の「葱板ランキング」について検討してみましょう。私自身は投票に参加していないので、不正確な内容が含まれるかもしれませんが、検討のためのサンプルデータですのでご容赦ください。

まず、この統計に参加するためには、普段ある程度以上2ちゃんねるに書き込みをしている人でなければならない、というルールがあるそうです。代理投票もあるそうですが、そこまでして投票する人がどのくらいいるかという問題も発生します。またそもそも、普段2ちゃんねるを見ている人が投票するのは当然でしょう。雑誌アンケートの場合だとまず、「購買層」が問題となり、次にその中でも積極的にアンケートに参加する層、というのが問われます。今回も同様にして考えると、まず「普段から2ちゃんねるを利用している層」でかつ、「書き込みやアンケートに積極的に参加する層」が母集団ということになります。ただ、それがどういう意味のバイアスになるのか(たとえば、年齢が若いとか、暇が多いとか、男性ユーザーが多いとか……)までは、ちょっと分かりませんね。

次に、投票内容を見て貰えば分かりますが、コメント数やコメントの長さもランキング要素となっています。つまりどちらかといえば、作品に関してコメントを付けたがるようなタイプ、批評の対象になりやすいような作品が高得点を獲やすいランキングであると思われます。そもそもランキングに投票しようという時点で、ある程度そういう傾向は高いのかもしれませんが。

とまあ、こんな風に統計データから何が読めるか、ということを色々と考えてやることで、ランキングも意味が出てきます。

『WHITE ALBUM2』については、評価と売り上げがアンバランスで、そのことについて疑問に思う声もでているようです。その原因が何であるかまでは分かりませんが、一つ言えることは、ランキングや批評サイト、ブログなどで情報を発信したがるようなユーザーに好まれる作品であった、ということでしょう。つまり、何かを語りたくなる/語りやすい、そういう作品だ、と。

そんなものは所詮売り上げとは関係ない空しい力だ、と思うかも知れません。けれど、たとえば五年後、十年後のことを考えればどうでしょう。製品は五年、十年したらどんどん新しいものにとってかわられてしまいますが、言説は別です。私を含めたいわゆる「語りたがり」の人は、凄いインパクトを受け取った作品のことを、十年後でも嬉しそうに語ったりするもの。そうなると、『WHITE ALBUM2』は、いつまでも色々なところで話題にのぼり、「有名なエロゲー」になるかもしれないと思います。

結局のところ、ランキングのような統計を利用する場合、そのランキングが意味するものは何なのかを考えると効果的に利用できる。そしてその「意味するもの」は、結果からよりもむしろ、統計を取る母集団のほうから演繹的に考えてやるのが良い。そんなお話でした。個人のランキングでも一応、同じことが言えるはず。統計の利用方法については、もっと細かいことが色々言えるとは思うのですが、複雑になりすぎて私の手に余るので、この辺りで撤退しようと思います。

それでは。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

レビュー:『華麗に悩殺♪ くのいちがイク! ~桃色ハレンチ忍法帳~』

f1eb860c.jpg


タイトル:『華麗に悩殺♪ くのいちがイク! ~桃色ハレンチ忍法帳~』(softhouse-seal/2012年1月27日)
原画:のりたま/シナリオ:志田哉,
公式:http://softhouse-seal.com/product/054-kunoichi/index.html
批評空間レビュー投稿:済→ネタバレ有
定価:1995円
評価:E(A~E)

批評空間様への感想投稿は完了しておりますが、ちょっとはっちゃけてしまいました。ネタバレとしておりますが、バレるようなネタはほとんどございませんので、詳しい内容に興味がある方は、上記リンクから拙文をお読みください。

まあ、何というか凄い作品だったと思います。ツイッターでは「体験版が~」というツッコミを何度も頂きました。体験版をやっていなかったことは確かです。が、それとこれとは話が違う。体験版でHシーンがなくても、製品版ではあるだろうと思っていたのですが、まさかHシーンが無いとは。シーンなしで、ちょいHなCG閲覧だけって、ゲーセンの脱衣麻雀じゃないんですから……っ!!!

もしかしたら攻略スコアでテキストが変化するとか、そういうオプションが付いているんでしょうか? そんなことないですよね……? いやはや、マイッタマイッタ。これでゲームが面白かったらまだゆるせ……いや、これでゲームがどんなに面白くても許せませんね。ゲームがつまんなくても、Hシーンがあれば良かったんですが。

ちなみに感想本編でも書きましたが、テキストがちょっと雑というか悲しい感じ。たとえば冒頭の「今より昔の時代」というのが、「頭の頭痛が痛い」と言っているような感じで意味が重複しまくっている、というのが我ながら上手く言えたと思っているので、これで全部代弁させます。他にも色々ありましたが……。

伏線も完璧に投げっぱなしジャーマン。これ、広報の人本当に大変だっただろうなあと思います。むしろ社内で「こんなの絶対におかしいよ!」と声があがっておかしくないレベル。私がこれの紹介ページつくれって言われたら、間違いなく投げます。どこをウリにすれとおっしゃるか。

ちなみに、ゲームはもちろん、混じりっけなしのクソゲーです。大事なことなので何度でも言います。クソゲーです、くそg。要するに要素が少なすぎてやることが全部決まっているのと、敵が単調なルーチンでしか動かないので、本気でただの作業になるからです。

あ、一応ゲームパートにHシーンはあります。ドット絵っぽいのでこう、カクカクと。これは結構エロくて好みというか、この路線で押し切るなら押し切ってくれても良かったんですが、それならもっとバリエーションつけて欲しかったですね。あと、なんだかんだでこの場面のCGください……。

9f23e2b4.jpg

ゲームパートの交尾はこんな感じ。

低価格作品まで体験版をやっていたら時間がないわけで、低価格の場合は内容はともかく、エロシーンだけは何とかなるだろうという確信に基づいて絵の好みとシチュの好みでほぼ見切り購入していたのですが、絵が好み+私の大好きなくのいちシチュというコンボで、まさかこんな悲劇に遭うとは……。しばらく立ち直れそうにありません。マジショック。

ただ、中味があんまりにもあんまりだったおかげで、二千円ぶんの楽しさは体験できたかもしれません。突き抜けた駄作になると逆に、一見の価値が出てしまうというのがエロゲーの妙な奥深さかもしれませんね。

いやまあ、二千円だから言える台詞ですけど。これフルプライスだったら発狂してます。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

小旅行

温泉へ行こう! ということで、温泉へ行ってきました。いろんなところをグルグルまわり、ちょっと疲れましたので今日はあんまり更新なしということで……。

行く途中の車も、ついてからの宿も、殆どがカップル。カップル天国。参りました。世の中にこんなにカップルっているんですね。あのうちの何割が、実はきょうだいなのかとか考えたんですが、それはそれで羨ましい気がしてしょんぼり。

まあ、いいんですけどね!

途中、赤城神社と榛名神社へ参拝。雪が降り積もって凄く綺麗でした。

245319aa.jpg


赤木神社へ続く湖に架かった橋がこんな感じ。湖が綺麗に氷って、その上はまっ白な雪。一面雪でまっ白。たまたま天候にも恵まれて、ラッキーでした。氷点下十度とかで、寒かったですけど。

うーん、また温泉行きたい。できれば次は、露天風呂に入れるようなところへ……。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

レビュー:『お尻っ娘ヴィーナス』

oshiri

タイトル:『お尻っ娘ヴィーナス』(Apricot Cherry/2012年1月27日)
原画:TOMA/シナリオ:TOMA、なたけ、おくとぱす
公式:http://www.t-apricot.jp/cherry/oshiri/index.html
批評空間レビュー投稿:済→ネタバレ無
定価:6800円
評価:C(A~E)

批評空間様への感想投稿は完了したので、こちらでは攻略的な内容も含めながら、補完的な感想を書いていこうと思います。詳しい内容に興味がある方は、上記リンクから拙文をお読みください。

まず、選択肢は3択が2箇所。計6通りの組合せであるが、ルート開放がある。最初に桜が開放されているかどうかは確認していないが、健也(伽夜)は、雫と桜を終えるまで開放されない。それぞれにルートへ行ける組合せは一通りしか無いので、とりあえず一つ目の選択肢でセーブをしておくことを強くお薦めする。内容はかなり判りやすいので、セーブと「攻略順」があることさえ覚えておけば苦労は無いだろう。

雫ルートは、ほぼ雫と1:1のイチャラブ。桜ルートは、雫が恋敵的なポジションでちらりと活躍する。唯一の3Pがあるのもこのルート。伽夜は1:1だが、シーン数も4つと少なく、ほぼオマケのような扱いであった。感想にも書いたが、コスチュームの変更なども少なく、いささか消化不良。

他の不満点としては、キャラの扱いの不均等。あとは、ハーレムルートが無いことだろうか。どれも「無い物ねだり」ではあるのだが、基本的にエロに偏らせた構成上、シチュエーション面では受け皿を広くして欲しかったというのが本音である。私自身は現状でもそれなりに満足しているが、もっと興奮できるシチュエーションがあったのではないかとか、チアガールの服着て欲しかったとか、思うところがないわけではない。期待と魅力の裏返しで、良質な素材を最後まで料理し尽くして欲しかったなあ、勿体ないなあ、と思ってしまう。

とはいえ、序盤から流れるように美しいギャグのコンボで笑わせ、明るい気持ちでHに向かえる点は高評価。お尻に踏まれて窒息しそうになり、パンツをかぶった完治くんが、そんな時でも紳士的に振る舞おうとする光景は、雫でなくても大笑いしてしまう。

この作品のギャグは、基本的に「絶妙のハズし」。ある程度予測できる常識的な反応や流れをスパスパはずしつつ、最後はそれをお約束にしていく典型的な漫才技法。なのだが、一部知っているのが前提の知識に基づくネタも仕込まれていて、その辺が多用されはじめる中盤あたりからは、人によってはパワーダウンを感じるかもしれない。まあ、さほど長いわけでもないので、中だるみをすることは無いだろう。ぶっちゃけ、だれるまえに終わる。

Hシーンで急に三人称になったり、基本的にお尻メイン(アナール派ではなくて、美尻を眺める)だったりと、かなりクセのある作品ではあるが、その辺を気にしなくても押し切れるパワーはある。やや粗い仕上がりになっているのが残念だが、お値段ぶんは楽しませて頂いたかな、といったところである。

あと、雫さんがアナルに目覚める場面の描写はかなりエロかったです。ああ言うディテールを描けるのは良いですね。実際にあんな気持ちなのかどうなのか、私にはわかりかねますが。

このエントリーをはてなブックマークに追加   


エロゲー:月末戦線、異常なし

月末です。金曜日です。エロゲーの発売日です!

というわけで、今回もお仕事は午後からにして、午前中に秋葉原へ行ってきました。

予約タイトルは『BUNNY BLACK2』のみ。『お尻っ娘ヴィーナス』は買うと決めていたので購入。『華麗に悩殺♪くのいちがイク!』と『同棲ラブラブル』、『マジ恋S』も勢いで手を出しました。『学☆王』は非常に迷った(まったく眼中になかったはずが、他の人が買っているのを見るとすごくよさそうに思えて……)ものの、見送り。Frillの新作『牝アイドル』も今回は見送りました。

低価格を含んで五本。お財布にも運搬的にも優しい月となりました。評判次第ではそのうち追加で何か買うかも知れませんが、とりあえず早めに攻略していこうと思います。

そんな中ちょっと面白かったできごとを。

相変わらずこの時期、午前中のエロゲー売り場はレジが大混雑。ソフマップさんなどでは六列だか七列だかでレジをフル稼働させていますが、それでも15~20分待ちなどザラの状態。ショップ店員さんも対応に大わらわです。

とはいえ、多くの人が買う作品というのは決まっていますし、予約の受け取りのみ、という方もおおい。今月であれば、『マジ恋S』と『学☆王』で大半が占められていたように見えました。次点で、『ラブラブル』と『BUNNY BLACK2』でしょうか。ですから、メジャータイトルはすぐに対応できるよう準備が整っているわけです。逆に言えば、あんまり買わないようなのを持っていくと混乱が発生する。

今回私がモロにそのあおりを受けました。いえ、何か特別なことをしたわけではなくて、単に某ショップさんで『お尻っ娘ヴィーナス』をレジに持っていっただけなのですが、完全に予想外だったらしく、担当の店員さんが大あわて。

「ケ、ケツです! ケツ1です!」
「ケツか!?」

みたいなやりとりを隣のお兄さんとした後、レジ奥の商品ラックに駆け込む一人の店員さん。色々言いたいことはあるんですが、まず一言突っ込んでいいでしょうか? 略称、ケツかよ!?

品物を取りに行った間に、もう一人の店員さんがバーコード一覧で読み取りをして支払い開始……と思いきや、どうやら肝心のバーコードが見あたらない模様。というか、私がもっていった箱のバーコードを読めばよさそうなのに、何か問題があるんでしょうか。ともあれそんな感じだったので、何円払えば良いかも告げられずに放置プレイ。

奥へ行った店員さんもなかなか戻らず(2、3分待ちました)、しばらくして戻ってきた頃、ようやくお値段が告げられました。その後も、「特典ありましたっけ」「テレカが……」などと軽くドタバタしながら、ようやく会計終了。「大変お待たせして申し訳ございませんでした」と丁寧に謝って頂きましたが、こちらこそロットを乱して申し訳ございませんでした。貴音様に怒られてしまう。そのお言葉は、私の後ろに並んでいた皆さんにかけてあげてください。

ともあれそんな感じで、店員さんの対応からあんまり売れてないんじゃないかと心配になってしまう『お尻っ娘ヴィーナス』なのですが、プレイ中の現在、なかなか良い感じです。おそらく本日中には終わるので、できれば感想等早めに書き上げるつもりではおりますが、迷っている人は突撃かましても報われるんじゃないかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加   


《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
あけいろ怪奇譚
バナー(3)
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
Lose新作『まいてつ』応援中!


AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!

情熱FX大陸