よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

コミケ落ちました。

落ちました。

……。・゚・(ノД`)・゚・。

一緒に合体ブースで申し込んでいた、定時退社さんもダメだったようなのでこの夏は本出せないかなぁ。一応原稿は書き始めていたので、作るつもりではいますが出すのは冬が濃厚になりそう。

若干時事ネタだったので、せめて今年のうちに出せないと微妙な感じになっちゃうなあ。

まあ抽選漏れするくらい批評界隈が賑わっているのだとすれば(そういうわけでもないのかもしれませんが)それはそれで良いことの気もします。

運動不足のその後

運動不足解消のため、区民体育館でエクササイズしてみました。

自分でいろいろ調べてトレーニングメニューを作ってやってみたのですが、どうもうまくいってる感じがしない。友人にその話をすると、やはりプロのトレーナーに最初は相談したほうがいいよ、と。


ゲームでもそうですが、とりあえずやって見にゃわからんとはいえ効率的なやり方というのはあるし、やったらいかんことってのもある。なかなかそういうのって分かんないんですよね。

いや、きちんと調べれば本なりネットなりに書いてあるんでしょうけど、素人は情報の取捨選択ができないから自分にはどれが必要なことなのかわからない。そのあたりをアドバイスしてもらえるだけでずいぶん違うんですよね。

名選手が名監督とは限らない理由はたぶんこのあたりにあって、アドバイザーは相手がどういう状態なのか理解する力がないといかんわけです。

そういう能力が高いということって、もっと評価されていいと思うんですけどね。 

高値の花。

SNOOPYというか、PEANUTSの権利関係を管理している企業、売られてたんですね。

 ▼「「スヌーピー」が400億円で身売り カナダ企業が権利取得」(Forbes)

ライセンス企業のアイコニックスブランド社は、同社の傘下でスヌーピーやチャーリー・ブラウン等の権利を管理する企業、ピーナッツワールドワイド社の株式の大半を売却した。売却先はDHXメデイア社で、金額は3億4500万ドル(約394億円)と伝えられている

DHXメデイアはカナダのノバスコシア州に本拠を置く企業で、子供向け人気テレビ番組の「テレタビーズ」等の権利を保有している。アイコニックス社が売却先を探しているとのニュースは今年1月から報じられており、アナリストらは売却額を3億ドルと予測していた。今回の取引は5月10日にアナウンスされた。金額は予想をやや上回るものになった。

スヌーピーの漫画「ピーナッツ」の生みの親のチャールズ・M・シュルツは2000年に死去。アイコニックスはシュルツの遺族とともに2010年にジョイントベンチャーを設立。ピーナッツの株式の80%を1億7,500万ドルで取得していた。今回のDHXメデイアへの権利売却後もシュルツの遺族は、残りの20%の株式を保有し続けることになる。

ロイターの報道によると、現在100カ国以上で配信中のスヌーピー等のキャラクターは年間3000万ドルの利益を生み出しているという。スヌーピーの生みの親のシュルツは、2016年のフォーブスの「死後も稼ぎ続ける著名人」ランキングでマイケル・ジャクソンに次いで2位につけ、収入は推定4,800万ドルとされていた。

スヌーピーは生命保険広告から引退

ピーナッツはアイコニックス社にとって最大の収益元となっており、昨年は9500万ドルの売上を生み出し、同社の総売上3億6800万ドルの4分の1近くを稼ぎ出していた。しかし、ピーナッツ関連のライセンス事業は近年不振にあえぎ、昨年以外では年間売上が8,000万ドルを超えることは稀だった。

生命保険会社のメットライフは長年スヌーピーを広告に起用し、推定で年間1200万ドルをアイコニックスにもたらしていたが、その契約も2019年で終了する。メットライフはスヌーピー無しの広告を今年にも始動すると伝えられている。

アイコニックス社のライセンス事業収入は2014年以来減少が続き、2014年には2億4950万ドルの純損失を計上しており、売却による資本追加は同社の必須の課題だった。アイコニックスは昨年12月には小売店のSharper Imageのライセンスを1億ドルで、ThreeSixtyグループに売却していた。

今回の売却の報せを受けてアイコニック社の株価は取引開始から0.43%の下落となり、本稿執筆時点で、6.97ドルで取引されている。

編集=上田裕資

ドル箱だっただろうに……。

新しい「親分」がつくことで、グッズ展開なんかも変わるのでしょうか。日本ではサザエさんなんかも権利者の意向が強くていろいろできないことがある、みたいな話も聞きますし、行方に注目したいところです。

監視社会

結局こうなるのか、という感もありつつ、あいまいな部分がなくなるのだからまあ悪いことではないんでしょうね。

 ▼「山手線車内に防犯カメラ導入へ 常時録画、20年までに導入」(スポニチアネックス)

 JR東日本は6日、山手線車両の客室内に防犯カメラを設置すると発表した。セキュリティー向上や犯罪抑止が目的で、常時録画する。2018年春以降に順次設置し、東京五輪・パラリンピックが開催される20年までに完了する予定。

 JR東によると、カメラを設置するのは、導入を進めている新型車両E235系の50編成、計550両。各車両に4台、ドア上部の液晶画面横に設置する。

 JR東は「カメラの映像は関係法令や社内規定に基づき、厳正に取り扱う」としている。
[ 2017年6月6日 14:11 ]

やっぱりこういう手でしか解決できないんだろうなぁ。触った触らないという主観的な感覚より、明らかなエビデンスをベースにしたほうが判断はしやすいですしね、そりゃ。

しかしこれからは、『最終痴漢電車』とか『痴漢者トーマス』をやるときに、電車に防犯カメラがついていなかった時代があることを知らない人びとが出てくるかもしれないわけですか。

運動不足

健康診断でいろいろ運動不足を痛感しました。

スポーツジムとか入ろうかな。まず会費の無駄ってカンジがするけど……。ガチャ2回ぶんくらいかかるしなぁ……。

かといって、家の周りをジョギングとか絶対やらないわけで、やっぱりちょっと鍛えるためにお金を払ったほうが良い気がする。そろそろ自分の身体のメンテナンスにコストを払わないといけない年齢になってきたってことですね。

……はぁ(ため息)。
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
あけいろ怪奇譚
バナー(3)
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
Lose新作『まいてつ』応援中!


AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!

情熱FX大陸