よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

『百花繚乱エリクシル』の声優さん当てクイズに本気で挑戦してみる(3)

今回でプレ予想は最後にします。あとは15日に正式な発表を待ってからということで……。

※以下の予想はOYOYOの妄想であり、正解を保証するものではありません。ご了承のうえお読みください。

◆過去の関連記事
『百花繚乱エリクシル』の声優さん当てクイズに本気で挑戦してみる(1)
『百花繚乱エリクシル』の声優さん当てクイズに本気で挑戦してみる(2)

さて、そろそろ予想を出さないとなーということで色々悩んだのですが、一旦書いてみることにします。お便りとコメントをお二人からいただきまして、ありがとうございました! 大変参考になりました。

まずはAXL作品に出演のある青山さん、桃井さんのお二人から検討。

▼青山ゆかり さん予想 : アンドロメダ
あれだけ否定的な見解を述べておきながら結局かよ! といわれそうですが、やっぱり小冊子のセリフが大きな判断材料になりました。唯一の凛々しいキャラ。AXLの青山ゆかりさんに対する配役のイメージは、ひとことで言ってしまえば「凛々しい」ではないかと思っていますので、このキャラしかないかな、と。相関図を見る限り思ったより主人公との距離もありそうでしたし。レキのイメージこびりついてるというわけではありません。

▼桃井穂美 さん予想 : バジル
『Dolphin Divers』の乃愛と非常に似ているところから、桃井穂美さん……なんですかねえ? AXL過去作品との比較で言えば、一定のキャラタイプに縛られずいろんな役を担当されている声優さんもおられます。前が乃愛だったから今回バジル……と単純になるのかどうか。ただ、意地っ張りなところとか狙ってるところがスベってるところとか、実は心根が優しいところとか、過去にAXL作品で桃井さんが演じられたキャラとの共通性が、やはり非常に高い。もしもアテ書きするなら桃井さん=バジルだろうという予想をたてました。

続いては、AXL作品初出演のお三方。過去作品の傾向がはっきりしている歩河さんから参ります。

▼歩河みぃな さん予想 : ジャスミン
正直、過去作品との対応以外に判断要素がありませんでした。精神年齢が一番幼そうで、かつ純朴なマスコット的キャラ。その辺のイメージから、過去に割と似たようなキャラを演じておられる歩河みぃなさんかな、と。長屋ちゃんはともかく、歩河さんの担当されるキャラはおおむね裏表が無いところに特徴があるように思われたので、ジャスミン。

▼鈴音華月 さん予想 : カトレア
過去の出演キャラに年上キャラ、おねーさまが多いということで鈴音華月さん。割合キツ目のキャラが多く、あんまり「頼れる優しいお姉さん」という感じではない気もしますが、イメージ優先で。

▼碧山もか さん予想 : マーガレット
詳細不明の声優さんを、(たぶん)メインのヒロインに予想しなければならないという難しさ……。ぶっちゃけ消去法です。15日に他の情報が公開されたり、今後のOHP更新内容によっては変更するかもしれませんが、暫定でマーガレットに。


という感じで予想してみましたが、いかがでしょうか。紆余曲折を経てアンドロメダ=青山さんに落ち着きました。自分としては他のキャラも理由付けは納得しています。ただ、理由がつくということと実際にその声があたるということは全然違うことですから、当然ハズれる可能性のほうが高いでしょうし、また他の視点から見れば全然違った予想になるかもしれません。

まだ開始まで日数はあるし、じっくりと悩みたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

即興小説家になりたくて

ツイッターで、つばめさん(@kinako003)のつぶやきを拝見して、「即興小説」なるものを知りました。そういえば昔から時々タイムラインに出ていた気がする……。あまり小説を書く、ということに興味がなかったので意識にのこらなかったのかな。

んで、サイトがこちら(「即興小説トレーニング」)。やることは簡単で、制限時間(15分、30分、1時間など)を選択して「挑戦する」を押すと、ランダムでくみあわされた「お題」がでます。それを使って制限時間内に小説を書ききろうというもの。タイムアタック的な要素が強くてゲーム感覚で楽しめます。

私は創作のほうはほとんどズブの素人ですが、意外になんとかなる(笑)。いや、もう変なお題――最初に来たのが「打算的な貯金」で、それはいいんですが、「フハハハハ!それは警察官」とかどうしようかと思いました――を引いてしまうと泣くしかないんですが、短時間で構成練って、オチを考えて、あとは内容を考える、というのは面白いです。論理的なことを考えるのとは違う部分で頭を使ってる感もあるし、できあがった自分の文章を見て無意識に出てる癖とか、説明不足なところとかがわかるのも面白い。ああ、私は慌てるとこんなふうに分かりにくいことを言うんだなー……とか。

サイトに書かれている、「より良い作品を創れるようになるのに最も効果的な方法は、一度生み出したものを大事にすることでなく、何度も生み出し、『生み出す』ことにおいて上達することである」という思想の是非については、私は小説をものす人間ではないのでわかりませんけれども、確かに文章というのは書くことによってしか鍛えられない要素はあるし、そのハードルをゲーム感覚で下げてくれるというのは(デキについても、時間制限を言い訳にごまかせるし)案外ありがたいのかもしれません。

あと、クオリティはサッパリだとしても「未完」にならず最後まで書ききることができたのは、昔やっていたテーブルトークRPGのノリに似ているおかげかもしれません。1つのアイディアと何かの制限要素があって、それを使いながら1つの話にまとめるというのが、ちょっと似ている気がする。

ただ、私はやっぱり下手くそですね。お題をもらっても、そのお題を活かす話は作れない。なんか別に話があって、そこに無理やりお題をねじ込んでる感があります。だから、別のお題でも同じフォーマットに載せて、ちょっと細部をいじれば1つの話になってしまうというか。まあ昨日今日はじめたような奴にそんな芸当ができるわけもないのですが、そこは悔しい。一本くらいは満足行く話を作ってみたいという野望はあります。ムチャぶりなお題であったとしても……。

そんなこんなで「即興小説」、ちょっとおもしろいなと思ったのでした。

ただ、これをやって中編とか長編の小説書けるようになるかというと、実際にやってみた感じとしては求められている能力はたぶん全然別という気もするので、真剣に創作活動の練習に組み込むよりは、頭の体操くらいに考えておいたほうが良いのかなという気もします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

『百花繚乱エリクシル』の声優さん当てクイズに本気で挑戦してみる(2)

昨日の記事からの続きです。

※あたりまえですがおことわりしておくと、ここでの予想は私、OYOYOの勝手な妄想であり、何の信憑性もございません。

(関連記事)
『百花繚乱エリクシル』の声優さん当てクイズに本気で挑戦してみる(1)
『百花繚乱エリクシル』の声優さん当てクイズに本気で挑戦してみる(3)


さて、役者さんや声優さんにはある程度イメージがあり、配役にはそういうイメージが重要な要素となることも多いと聞きます。実際、声優さんのファンには「この人にはこういうキャラだろ!」というこだわりを持つ人が多く、一定のパターンに当てはめることはユーザーへの配慮という側面もあるようです。

今回、メインヒロイン5人のうちAXL初出演が3名(たぶん)ですから、そういう「イメージ」がキャラに反映されている可能性も高い。そこで、それぞれの声優さんたちが他の作品ではどういうキャラを演じておられるかをチェックしてみたいと思います。

……もちろん、「全然イメージと違うキャラがあたった」という話もしょっちゅう耳にするので、あんまりアテにはならないかもしれませんけれども。

なお、私は声優さん絶対音感とか持っていないし各声優さんの出演キャラを全てチェックはできていないので、基本的にはWEBのデータベースを参考にしながら今回の記事にしいたしました。OHP等で確認のとれなかったものについては掲載していません。また、ピックアップしたキャラは、なるべく共通性が見えやすそうかな? と私が思った、最近の作品のキャラなので、割と適当です。また、別名義のものは除外してあります。

◆碧山もか さん
参照作品なし

うーん。困りました。現時点の情報の無さでは、やはり手がつけられない。全くの新人さんがこのタイミングで投入される、しかもメインにって考えづらい気がするので、どなたかの別名義というのが妥当なラインなのですが……。

たくさんお名前を使い分けておられるかたで、AXLさんに縁があるといえば過去作品の中だと、崎本春奈さんとかなんですかねぇ。


◆青山ゆかり さん
さんざん見たよね!

過去作全部でメインヒロインをつとめておられるAXLの女王サマ。むしろAXL作品の傾向を追うほうが重要だろうと思います。今回の記事の主旨にはあわないというか余り意味が無いと思うので省略。


◆歩河みぃな さん
※資料:こちら を参照しました。

1d361a0c.jpg

『ひよこストライク!』 天井心音

e9a5c84d.jpg

『花咲く乙女と恋の魔導書』 ドルチェ

2cebeddb.jpg

『LOVESICK PUPPIES』 柴咲まるな

など。『らぶぱぴ』は発売まだですけど!

参照作品は少ないながらも幾つかあるのがありがたい。『ケイオスラビリンス』にも出演されておられましたが、1人3役でタイプもバラバラだったので『グリモア』のドルチェ引っ張ってみました。あとあれか、長屋ちゃん(笑)。イベントでは軍人さんの役を演られたりもしておられるようですが(参考)、エロゲーのキャラとしては比較的ストレートに元気で明るい系のキャラが多い気がします。近いのは……ジャスミンかなぁ?


◆鈴音華月 さん
※資料:こちらを参照しました。

ddb5fd5e.jpg

聖もんむす学園 ビビ

4cf1c30c.jpg

星彩のレゾナンス 禰津八弥子

d163ad59.jpg

Re:birth colony -Lost azurite- 女王ラピスラズリ

など。

あとは、『古色迷宮輪舞曲』の姫野姉妹(美月/美星)なんかもそうですか。なにげに八咫烏作品皆勤ですよね。そのイメージもあって、キリッとした凛々しい系のキャラという印象があります。アンドロメダが鈴音さんアリかなと思うんですけど。あと、年上キャラ多いというのもあって、その辺で考えるとカトレアさんかな……とか。


◆桃井穂美 さん
※資料:こちらを参照しました。

8d4433d6.jpg

カミカゼ☆エクスプローラー! 近濠菜緒

607edeb8.jpg

電激ストライカー ジャック

80898694.jpg

俺の彼女のウラオモテ 上杉朱乃

など。

恐るべきオールマイティーっぷり。AXLの過去作でもガラッと違うタイプのキャラを演じておられましたが、きまったカラーが無いのがカラーと申しますか……。ただ、結構ロリ多い(『さくらビ』の坂崎奈乃香さんとか、『恋チョコ』の枝川さんとか)のと、バリバリのおねーさんキャラみたいなのは少ないように見えます。アンドロメダとかカトレアは来ないんじゃないかな。ロリ枠でくるならバジル。けど、マガレやジャスミンでもあんまり違和感ないです。


----------
ということで、他社作品のキャラのイメージを使って外堀を埋めてみたのですが、どうでしょう。多少は予想しやすくなった……のかなあ? 逆に振り回されてる気がしないでもないですが。

新しくキャラクター相関図もOHPで公表されていますので、この辺も参考にしたい。また、小冊子配布会で頂いた冊子を見た感じだと、マーガレット嬢はなんか「仮面メイド」だったりするので割とネタ系のシーン多くなりそうです。

daa3bb2b.jpg

先日公開された相関図。キャラの立場が解りやすい。

小冊子のほうには各キャラの「セリフ」がひと言ずつ書いてありまして、どこかに公開されているのかもしれないけれどぱっと見OHPにはなかったので、ちょっと書いておきます。何かの参考になるかもしれませんし。

マーガレット 「早く帰って欲しいのに、最悪ぅぅ」
アンドロメダ 「決まってる。叩きのめすだけだ」
カトレア 「私の年齡について、何か言ったかしら?」
バジル 「んっふっふ、そうだそうだ、もっと褒め称えろ~」
ジャスミン 「納税って、お金じゃないとダメなんですか?」

うーん。セリフを見ると、アンドロメダは青山ゆかりさん一択の気がしてきました。昨日と言ってること違ってるじゃねぇか! と怒られそうですけれど、人は日々成長していくものなのです。

マジレスすると、思ったより主人公とアンドロメダに距離ありそうですし、他のメンツが(カトレアさんを除き)きゃぴきゃぴしすぎてるので……。

とりあえず私の予想を出すのはもうちょっと控えつつ、新情報が出るのを待つことにいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

『百花繚乱エリクシル』の声優さん当てクイズに本気で挑戦してみる(1)

関連記事
『百花繚乱エリクシル』の声優さん当てクイズに本気で挑戦してみる(2)
『百花繚乱エリクシル』の声優さん当てクイズに本気で挑戦してみる(3)

----------
私、謝らないといけません。

2013/02/11の記事(AXLワールド全開な『百花繚乱エリクシル』の話)で、「キャスト未定のこの段階でも、声優さんの想像ができそう」などと偉そうなことを書いたのですが……。

AXLさんのOHPで先日、次のような告知がありました。

----------
2013.03.08
CV当てクイズを行います!
15日よりCV当てクイズを行う予定です。今作のメインヒロインの声優さんは「碧山もか」さん、「青山ゆかり」さん、「歩河みぃな」さん、「鈴音華月」さん、「桃井穂美」さんです。

----------

ホワッ!? 松田理沙さんがいないだと……!?

本当にすみません。ツイッターでも、声優あてクイズできそうとか言いましたが、こうなるとさっぱりわかりません。5択でも。お手上げ。つか、碧山もかさんって誰。ググったら「碧山亘右」(おすもうさん)がでてきたんですが、これは違いますよね……。

しかし、これでも『チュートリアルサマー』以来一応全作品をプレイしている身としては、AXLさんからの挑戦状におめおめと尻尾を巻いて引き下がるわけにもいかん……! ということで、本気で的中狙いに行きたいと思います。しかし、私一人ではど~も不安なので、ここ見てくださってる方で「俺も気になる!」という方がおられたら、ご意見など募りつつ一緒に考えたいなぁと。

そんなわけで今回から(企画としては数回に分けつつ)、「『百花繚乱エリクシル』のCV当てクイズ検討会」みたいなのをやっていくつもり。最終的には各キャラの予想倍率みたいなのを出せたら……いいなぁ。

まあ、どういう形式でのクイズになるのかわかんない状態で気が早いといえば早いですけど。

実際、サンプルボイスが一部でもでるなら、相当やりやすくなりますよね……出るのかな。ただ、CV情報を発売日までマスクデータにするということは無いと思いますので、15日からクイズ開始なら、(発売日が4月末であることを考えると)結構〆切まで短い気もする。それまでにある程度予想立てておこうかな、というぐらいの感じです。

◆エリクシルキャラ
OHPのキャラ紹介がこちら。一応自分なりに属性(らしきもの)を拾ってみました。主に外見とかで、特になんか考えがあるとか基準があるとかじゃないですけど。

マーガレット :金髪ロング 青リボン ポニテ たぶんツンデレ 万能
アンドロメダ :黒髪ロング 脳筋 幼なじみ ヤキモチ焼き
カトレア :茶髪ロング(ウェーブ) BBAお姉さん
バジル :白髪ロング ロリ 腹黒 残念さん 実は良い子 チョロそう
ジャスミン :ピンク髪ショート 歌姫 世間知らず苦労知らず 天然系 夢見る少女

カトレアさんがよーわからんですね。なんかいつもだとサブキャラに回ってるおねーさんという感じがします。「DD」の十和子さんとか、「かしコミュ」の晶子さんとか。ジャスミンは今回のチョップ枠(チョップポーズのキャラ)ですが、なんかあんまり見ないタイプ……。「努力をしている訳ではない」っていうのが、AXLキャラとしては結構異色ではないでしょうか。

◆AXL過去作品別声優さん対応表
詳しくはこちらの製品紹介ページを見てくれっていう話なのですが、一応歴代作品のメインヒロイン(一部サブ込)のキャラと声優さんの対応表をリストアップしました。どういうキャラにどういう声があたっているかを予想する手がかりとして、まず基本となるデータだと思います。

なお、「エリクシル」に登場予定の方は太字にしてあります。といっても、お二方だけですね。


すたじおみりすペレット時代
・『チュートリアルサマー』
瀬戸早香 :青山ゆかり
瀬戸小夏 :金田まひる
瀬戸柚子 :北都南
葉月涼帆 :観村咲子

AXL
ちだまり『ひだまり』
大宗路有希 :風音
大宗路沙希 :まきいづみ
桧林 弥生 :青山ゆかり
早乙女 遙 :羽沢月乃
如月亜佳莉 :一色ヒカル

・『キミの声がきこえる』
敷島 桜 :青山ゆかり
南野 泉 :松田理沙
飯塚美由紀:夏野こおり
久我島美玲:まきいづみ
桐谷 桜花:如月美琴
南野 空子:楠鈴音
日比谷富音:茶谷やすら

・『恋する乙女と守護の楯』
春日崎雪乃:青山ゆかり
椿原 蓮 :風音
新城 鞠奈:北都南
真田 設子:松田理沙
穂村 有里:如月葵

・『Princess Frontier』
アルエ :七原ことみ
ロコナ :松田理沙
レキ  :青山ゆかり
ミント :芹園みや

・『Like a Butler』
弓野 奏 :有栖川みや美
御星 更紗:青山ゆかり
セーラ  :海原エレナ
秋津原瑞穂:松田理沙

・『かしましコミュニケーション』
エスト  :篠原ゆみ
木住野 純:ヒマリ
黒木 円 :青山ゆかり
陸奥 榛名:如月葵

・『愛しい対象の護り方』
天城 結衣 :桃井穂美
大居 成実 :松田理沙
シャルロッテ:青山ゆかり
森下 美冬 :崎本春奈

・『Dolphin Divers』
小倉みなも:桃井いちご
エルナ  :青山ゆかり
八潮 理帆:松田理沙
南郷 月海:桜川未央
海老原乃愛:桃井穂美


◆声優さん別キャラクター対応表
過去にAXL作品に出ておられた声優さんなら、「イメージ」というのがあるということで、声優さんのキャラクターからイメージを探ってみます。キャラクター属性は、公式のものを参考に私が印象を書いたものです。なのでちょっと、ズレているかもしれません。

……まあ、ほぼ青山ゆかりさんのキャラを予想するための努力です。


・桃井穂美さんリスト
天城 結衣 (愛しい対象の護り方) 茶髪ロング ドS 参謀
海老原乃愛 (Dolphin Divers) 緑髪ロング ロリ 世間知らず 天才 ※サブ

[分析]
2作品しか出てないので何とも……。しかも、あんまり似てないキャラじゃないかなという。参りました。

・青山ゆかりさんリスト
瀬戸早香 (チュートリアルサマー) 青髪ロング 成績優秀 ツンデレ しっかり 運痴
桧林弥生 (ひだまり) 赤髪 ツインテール お嬢 ちょっと残念系
敷島 桜 (キミの声が聞こえる) 赤髪ロング ツンデレ 頭いい
春日崎雪乃(恋する乙女と守護の楯) 金髪ロング 会長 万能
レキ   (PrincessFrontier) 黒髪ロング つり目 生真面目 ツンデレ 学業優秀 内に抱えるタイプ
御星更紗 (Like a Butler) 黒髪ロング 激ツン 優秀 孤独(内に抱えるタイプ)
黒木 円 (かしましコミュニケーション) 青髪ロング 天才 変人
シャルロッテ (愛しい対象の護り方) 金髪ロング 赤リボン ロリ 天才(幹部候補生)
エルナ (DolphinDivers) 金髪ロング 黒リボン(ポニテ) 天才 孤独 没落名家 運動苦手

[分析]
逆に情報多すぎるだろっていう青山ゆかリスト。さすがゆかり教育のパイオニア、AXLさんやでぇ……。

んで、青山さんといえばなんとなく黒髪のイメージがあったんですが……ざっと見た感じだと、思ったより黒髪キャラが少ない。ちょっと以下に早見表を作成したので見ていただきます。

f8196a23.jpg

AXL過去作品の青山ゆかりさん担当キャラ。

全9作品で青髪2、赤髪2、黒髪2、金髪3でした。なんかもっと黒髪が多いイメージだった。青をほぼ黒として扱っていたのかもしれません。それでも4キャラですが。

そもそもAXL作品に黒髪キャラが登場しないこともあるから仕方ないのかもしれず。でも、じゃあ黒髪が出てると青山さんか……というと「かしコミュ」の榛名とか「DD」の月海みたいにそうでない場合も結構あります。ロリキャラも担当しておられるし、外見的な特徴はあんまりあてにならないのかもしれません。

あと「ツンデレ」というイメージがやはり非常に強いんですけれど、これも必ずしもそういうわけではなさそう。「愛しい」の結衣、「かしコミュ」の榛名、「守護楯」の鞠奈のようなドS系キャラはむしろ他の方が担当されている場合が多い気がします。青山さんでドSだったのって「LaB」の更紗くらい……? あれもちょっと微妙ですが。

むしろ他の部分で性格的な共通点が多くて、基本的に能力が高くて孤立しがち。あと、生真面目なキャラというのが多い感じがします。そのせいで微妙に主人公と距離をとっていて、それが詰まっていくので「ツンデレ」に見えるのかな、と。例外は、円と弥生くらいでしょうか。円ぶっちゃけあんまりきちんと覚えてないんですが(をい)。

下馬評では、アンドロメダ=青山ゆかり説が非常に強い感じがあるのですが、キャラ紹介を見た感じ「脳筋っぽい」(成績が十分でなく巡察使になれなかった)わ、「ドSキャラ」だわ、最初から主人公スキスキっぽいわと、過去の傾向を考えると案外共通点が少ない。たしかに見た感じ、アンドロメダ=青山ゆかりさんだったら良いなぁ! と思うところが多いんですが、間違いないだろっていう前提で動くのは結構怖い気がします。たぶん、「エリクシル」自体が「プリホリ」「プリフロ」(間違えていました。申し訳ないです……)とかぶっている部分が多くて、レキとアンドロメダの外見が似てるから、というのがアンドロメダ=ゆかり説の一番の根拠の気がする。そして細かく見ると、外見以外あんま似てないので。

じゃあ、他に担当しそうなキャラいるの? って話ですが……。

ハイスペック、ということならマーガレットとバジル。カトレアも入りそうですか。ただどちらかというと「頭いい」キャラというのが過去の基本路線と考えれば、バジルでしょうか……。というか、マーガレットは来ない気がする。あーでも、「常に高慢な態度を取る」あたりはそれっぽいのかなぁ。

バジルについては最初、「これは違うだろ」と思っていたんです。ロリ、腹黒で白髪(銀髪?)というと「守護楯」の鞠奈を思い出しますし。けど、じっと見ているとなんとなく青山さんにあいそうな気も……いや、やっぱりしてこないなぁ(笑)。たぶん、表情差分の「チョロそう」な感じがマズイんです。ここまでチョロそうな(褒めてます)キャラになるだろうかという感じが……うぅむ。

◆今後の話
というわけで今回は検討の下地づくりくらいが精一杯でした。次は声優さん側から攻めてみて、過去の担当キャラなんかでどういう役どころが多いかを検討して外堀を埋めていく作業をしようかなと思っています。

ぶっちゃけ私もいま一生懸命考えている状態で、ほんとにわかんないんで、なんかご意見とかあったらツイッターなりメールなりコメントなりで書いて頂ければと思います。

なお、この記事に関しては逐次更新(別の記事にするより同じ記事内でまとめたほうが情報を一覧しやすいだろうということで)していくかもしれません。もしくは、記事をわけて各ページに対してリンクを貼るとかにするかもしれませんが……。

ともあれそんな感じで、声優のイロハも知らない私ではありますが、継続案件としてクイズ終了まで出来る限り続けて行きたいと思っているので、「俺様が教えてやるぜ」という方や「一緒に考えてもいいよー」という方は、ぼちぼち協力してくださると嬉しいです。狂喜乱舞です。

では、ひとまずこのへんで。

このエントリーをはてなブックマークに追加

WA2アンコールライブに落ちました。

落選した。

WA2のアンコールライブ(WHITE ALBUM2 SPECIAL ENCORE)の抽選に、落ちた。

受かる自信があったわけではない。正直、落ちるだろうとは思っていた。アタマでは。何せ、競争率15倍だ。10%未満。10人いて、全員落ちるかもしれない。そのくらいの狭き門。ふつうに考えたら、落ちるほうが当たり前。それでも、どこかで「自分は大丈夫じゃないか」みたいな思いはあった。根拠のない願望だったかもしれない。たぶん、感情がわかっていなかった。それだけ、行きたかった。

けれども現実は残酷だ。それなりにショックを受けた。何か悪いことをしただろうかと考えたりもした。昨日のバスで狸寝入りせずに、乗ってきたお年寄りに席を譲っていればとか。花粉症の治療に行くと嘘をついて飲み会をプッチしたのが良くなかったのだろうかとか。オナニーしたのがダメだったのかとか。ゆうべWA2のPS3版を起動させておくべきだったのではないかとか。そんなしょうもないことをうじうじ考えて、結局理由なんて無いことを受け入れるのに、しばらく時間がかかった。

書いていて、我ながらウザい。読んでいる方は言わずもがなだろう。申し訳ないと思う。だが、実際そうなってしまったのだから仕方がない。応援していたチームが負けたら、自分が見ていたのが悪かったのだろうかとか考えてしまう、そういうのと、たぶん似ている。

もしかするとまだ受け入れてはいないのだろうか。このあと、突如として叫びだしたい衝動に襲われるのかもしれない。それは分からない。ただ、一応気持ちの整理はついた。少なくとも、記事をかける程度には。

思えば私の人生は、落ちることの連続だった。親に言われるがままにうけた中学受験は失敗した。これを皮切りに、私は落ち続けた。高校は一貫校だったので受験はなかったが、現役時代には大学に落ちた。勢いそのままに大手予備校の特待生審査にも落ちて、結局近場の安い予備校に通うことになった。

大学で落第は無かったし、それなりにテストも頑張った。けれど、研究室選択で希望した学科には点数が少しだけ足りずに入れなかった。つまり落ちた。そして、大学院の試験にも落ちた。

今回また、見事に落ちた。試験とか進学とか、人生の転機のようなことを列挙したことからもわかるとおり、私としては今回のライブ、上記と同じくらいの気持ちのいれようで臨んだイベントだったのだ。

何故と言われると困るが、たぶん、自分にとって「本当に特別な作品」になるための、通過儀礼のような思いがあったのかもしれない(そんな外的なものに左右されるなど軟派だと言われると返すことばもないけれど)。私が一方的に好きな作品はたくさんある。けれど、作品の側から、私を特別だと言ってもらえる機会というのはなかなか無い。二度のライブに当選することで、しかも強烈な倍率をくぐり抜けることで、「偶然」を「作品からも選ばれた特別さ」に変換したかったのだろうか。そうかもしれぬ。そんな気もする。

ともかくも、結果として私の望みはかなわなかった。運だから落ちても悔しくないだろう。そんな風に高をくくっていたものの、実際落ちてみると存外悔しい。悔しいというか、やりきれない。

理由は明白で、本当に自分ではどうしようもなかったからだ。受験や進学なら、勉強不足のせいだと言える。前回の「WA2 ライブ」なら、購入本数が足りなかったのだと――つまりは信心不足だと言える。自分に足りなかったものがわかる。少なくとも、理由はつく。そこで、自分を納得させられる。

しかし、今回は本当に運だ。一発勝負で、一度きりのチャンスにあたるかどうか、それだけ。よしや私がゲンをかついで食肉を絶ち、湯島と神田にお参りにいったとしても、結果は変わらなかっただろう。そのことが、かえってやりきれない。「やりきる」というのは、区切りをつけることだから。はっきりした原因にたどり着くことで、私たちはようやくものごとを「やりきれ」る。ただの運では、神ならぬ我が身には扱いようがなく、したがって区切りの場所が見いだせない。せいぜい、私以外みんなエロゲーに興味ないけど私のためにライブの申し込みはしてくれる、独立家計を営む15人きょうだいの末っ子に生んでくれなかった両親を呪うくらいが関の山。あほらしいからやらないが。

ただ意外なことに、ドンキホーテの非常階段より狭い心の私が、他の人が喜んでいるのを見ても、まるでヘコまなかった。妬ましいとも思わない(ネタで羨ましがっては見せるが)。むしろ、自分も素直に喜んでいる。当選した人が友達だったりすると、なお嬉しい。自分のぶんも楽しんできて欲しい、などと言うと偽善者じみてきまり悪いのだが、幸いそういう感じでもない(レトリックとしてそういう言い方はするが)。五輪でメダルを取って喜んでいる選手をみているような、というのが一番近いだろうか。自分が落ちてやりきれないことと、他の人の当選を喜ぶのとは、全然別のことだった。

願わくは、アンコールライブに行く人たちは、心ゆくまで楽しんできてほしい。他のライブとくらべてとか、そんなケチなことは言わない。ただ最高の想い出を作って、それを私に聞かせて欲しい。そうすればたぶん、「ああ、自分が好きだった作品は、こんなに素晴らしいものだったのか」と思うことができる。もちろんどんな風に楽しむかはその人次第だから、好きにしてくれたらいいのだけれど、楽しかったら是非、その話をしてほしいと思う。少なくとも、私は聞きたい。

私のこの「落選の辞」(笑)を、気が早いと咎める人もいるだろう。たしかに、まだ3月16日から始まる「一般販売」が残されている。そこにすべてを賭けて、突撃するつもりはもちろんある。ただ、抽選よりも狭き門となるのは間違いない。そこで選ばれるのは、本当に「持っている人」だけだと思う。そして私は、自分がそちら側の人間ではないという自覚がある。諦めるつもりは無いけれど、希望も特には抱けない。とうてい逆転の望みのなさそうな点差で、ロスタイムを迎えたサッカー選手。今はそんなような気持ちでいる。

少々長くなってしまった。そろそろ終わりにしよう。ダラダラと心情を書き連ねただけで、伝えたいメッセージや何やらがあったわけではない。同意を得たいのでも、同情されたいのでも、反論してほしいのでも、けしからんと叱責してほしいのでもない。ウザがられたり煙たがられたいのでも、当然ない。結果としてそうなるのは仕方がないけれど、はじめからそのつもりで文章を書いたりはしない。

ただなんとなく、気持ちを語りたかったのだ。もっとも、穴を掘って、葦だか茸だかが「ロバの耳!」と話し始めるまで叫びつづけるのは御免だった。誰かに向かっている実感は欲しい。だが私には、こんな話を聞いてくれる親兄弟や友人や恋人はおらず、そして、目の前にはブログがあった。

とはいえこの話、どうやって終えたものか。落ちっぱなし人生を送ってきた私ではあるけれど、話を落とすのは苦手だ。女騎士とか生徒会長を堕とすのは好きなのだが……と、こんなギャグにも縋りたくなるほどに、収束先が見えない。どのみち無理やり切ればいいのだし、まあ無理に落とすこともないかと思っていたら、思わぬ援軍がやってきたので、力を借りることにする。

<今回のひと言>

 おごるなよ、自民党。

おそまつさまでした。

(あ、ちなみに最後の意味が分からない人は、こちらの記事(消えてるかもしれないけど)を御覧になってください。主に最後。つうかこういうのって、誰かツッコミいれる人いなかったんでしょうか……。プロっていったい)

※なんか割と深刻な感じで「大丈夫ですか」的なコメントを頂いたので、一応おことわりしておくと、広義のネタ記事のつもりで書いています。判りにくくてスミマセン。ご心配ありがとうございます。いや、ふざけているわけではないし残念だったのが嘘ではないけれど、それを殊更大げさに、かつ仰々しく書いてみたというだけなので。「大丈夫ですか」が私の精神のことなのかアタマのことなのかはわかりませんが、大丈夫です。たぶん。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
シルキーズプラス A5和牛 『バタフライシーカー』

あけいろ怪奇譚
バナー(3)
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
『夏色ラムネ』を応援中!


もっと!孕ませ!おっぱい異世界エロ魔法学園!

情熱FX大陸