よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

無気力試合に思う

五輪の話題が盛り上がる中、先日こんなことが起きていたそうで。

五輪バドミントン女子複 故意敗退の4組全員失格Yahooニュース、8月1日22時2分配信)
[ロンドン 1日 ロイター] 世界バドミントン連盟(BWF)は1日、ロンドン五輪のバドミントン女子ダブルスの2試合で、決勝トーナメントの対戦カードを考慮して、選手が故意に負けようとしたとして、同試合に出場した中国などのペア8選手を非難する声明を発表した。
どうも、バドミントン・女子ダブルスで、決勝トーナメントの組み合わせを考えて「わざと負ける」行為を行ったチームを世界バドミントン連盟が失格扱いにしたようです。

私自身は戦略的にわざと負けることがあっても良いとは思うものの、バレるようにやったらいかんなぁと。少なくとも審判に再三の注意を受けてもやめなかったというのは、懲罰を受けても仕方がないでしょう。

それはさておき、お酒の席でこのことが話題になり、友人の一人が「実にけしからん、永久追放だ!」みたいなことを言い始めました。で、この発言を巡って議論が紛糾。ただ、そこは文系人間の集まる飲み会。五輪の話で盛り上がったわけではなく、ポリシーの一貫性を巡る問題で侃々諤々やりあうことになりました。

どういうことかというと、この「けしからん」発言をした友人、自称ポストモダニスト。それを知っている別の友人(私が見るところ、彼もポストモダニスト寄り)が、こう言ったのです。「ポストモダニストを自称する普段のお前の発言を鑑みるなら、ああいうのも認めないと駄目じゃないの」と。

言わんとすることはこうです。世界バドミントン連盟の裁定というのは、所詮一つの価値観にすぎない。けれど、それがいわば絶対的な価値として機能したわけで、失格になった4組の考える価値はないがしろにされた。価値の相対性を認め、その中での自由を重んじるポストモダンの思想を自分の主義主張の根幹に置くのなら、今回の話というのは許されざる自由の侵害であって、断固戦うのが筋ではないのか、と。

対して「けしからん」の君はぐっと言葉に詰まってキレ芸を披露。そこからもう一人の友人も参戦して怒号が飛び交う展開になり、私は隅っこの方で一人、「はやく帰って古色迷宮の続きやりたいにゃぁ」とスマホをいじっていたのですが(飲み会の席でスマホをいじる人間です)、つらつら思うに、この辺の違いって実は結構大事なことだと思います。

「けしからん」君を擁護するわけではないですが、今回の話はポストモダニストがどうこうというより、政治哲学でいうところのリバタリアニズムでいくのか、コミュニタリアニズムでいくのか、という問題にしたほうが解りやすくて、「いや、俺はリバタリアンじゃなくてリベラリストだ」と返せば良かったような気がします。いや、あんまり自信ないですけど、たぶん……。そうすれば、少なくとも具体例に即した建設的な議論にはなっただろう、と。ただ、実のところ議論の優劣は割とどうでも良い。私が気になるのは、普段の主張を徹底する、という「けしからん」君に対して行われたツッコミのほうです。

私たちはよく、自分の考え方が「~と同じだ」というようなことを言います。今回で言えば、「ポストモダニストだ」とか「リバタリアンだ」とか。そういう既存の枠組みを使って自分の考えを説明しようとするし、またその枠組みの権威を借りて、自分の考えの価値を主張しようとすることも少なくありません。ただ、この時に気を付けるべき問題が2つ、今回の話で見えてきた感じがする。

1つ目は、既存の枠組みを引き受けるということは同時に、その枠組みが持つ「欠点」も引き受けることになる、ということです。もう少し別の言い方をするなら、ある特定の場面でだけはその枠組みが都合良く使えても、その発想を突き詰めて考えると、別の局面ではうまくいかない場合がある。

「けしからん」君の話でいえば、ポストモダンというのは権力者が横暴を振るっているところでは(たとえばアメリカがアフガニスタンにミサイルぶっ放したり)非常に強い。ところが逆に、各人が好き勝手な主張をして収拾がつかなくなった場合にはどうするのか、という共同性の問題が常にある。「ポストモダンを徹底するならバドミントンの故意の敗北も認めなければならないのではないか」というツッコミは、内容的な妥当性はさておくとして、自分が主張するロジックを貫徹していないことへの批判、ととることができます。

そして2つ目は、本当に自分の考えなり立場なりは、既存の枠組みで説明できるの? ということです。これは、貫徹できないロジックを掲げていることへの批判、と言い換えても構いません。つまり、自分の立場はポストモダンだ、という「けしからん」君の立場表明自体が妥当ではない可能性がある。

たしかにある場面においてはポストモダンというのが正しいかもしれない。でも、別の局面では矛盾が出るのなら、理由は2つしかないはずです。すなわち、ポストモダンを徹底できていないか、実は彼の思想はポストモダンでは無かったか。いま述べたのは、後者の可能性です。

特定の局面に限定であてはまる思想が、全てに貫徹していると簡単に言う。けれど、本当に自分の立場なり考えなりはその説明で説明できるの? ということは疑っておく必要があるはずです。そして付け加えるなら、重要なのは対象が既存の考えで説明できると示すことではなく、それを示したことによって何が言えるのかにこそ存在するのではないでしょうか。

ことは自分の考えだけではなく、作品解釈を巡っても同じです。何度もこのブログで言っていますが、「この作品に描かれている思想は、誰それのこの思想と一緒だ」とか、「この部分は誰それという哲学者の言葉を参考にしている」とか。でもそれは、その思想の持つ問題も一緒に抱え込むことになり、それを引き受けたら作品が致命的に壊滅してしまう可能性もあるわけです。(たとえば、人間の平等を訴えているような作品の中に「儒教倫理」を見出した、などと書いたらこれは作品が自己矛盾を抱えて自爆しているということになります)

そして、既存の枠組みにあてはめてしまうことで、その作品が本来持っていたその枠組みから逃れていくような繊細な差異を見失ってしまうこともありえる。

特定の枠組みにあてはめるというのは、きちんと説明するということです。でも、自分の考えにしろ他人の考え(作品)にしろ、説明できたところから更に余剰の部分は必ず存在する。既存の枠組みで鮮やかに何かを説明するということには広汎な知識が必要で、それが偉大なのは認めるとしても、そこまでで停止してしまっては単に題材と素材を適切に組み合わせるパズルゲームで終わってしまうのではないか、というのも正直な実感です。

私たちはある枠組みや自分の思想といった対象を、徹底的につきつめて考えてみる必要がある。ただ、つきつめた結果、「つまった」ところで満足すると余剰が失われていく。それは、「つまらない」。レポートや感想文や、それこそエロゲーのレビューでもそうですが、対象を鮮やかに説明しきって「これで終わり」というものより、説明が鮮やかでありながらなお「まだ奥がある」ことを示してくれるようなもののほうが、私には魅力的に感じられます。ある解釈を押しつけてくる解釈より、読んだ人の解釈を促すような解釈。それを可能にするのは、常に自分の枠組みから逃れていく余剰を見ようとする意識を持ち続けることではないかな、という気がします。

他人の意見でも、自分の考えでも、ある作品についてでも、「結局こうだ」と言った瞬間に、私たちは何かを切り落としてしまう。「結局」は勿論必要なことではあるのだけれど、個人的にそのことの怖さは忘れないようにしたいです。つまり今回私がまとめた議論の話も、きっと本当は余剰があったんじゃないか、みたいな話に……。めんどくせえ!

というわけで、五輪から始まって全然関係ないところでオチるという、減点要素満点の着地でした。それでは、また明日。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

厚すぎる話

いよいよ八月になりました。連日の猛暑が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、暑い暑いと言っていても仕方ないので今日は「厚い」話。といっても、本ではありません。このブログの性質を考えれば当然、エロゲーの話です。

勘の良い方はピンと来るかも知れません。そう、先日発売された『Liquid Black Box』。ちょっと前に購入したのですが、本気で置き場所に困っています。何たって初回特典の影響もあって、ごらんのボリューム。

22b5382d.jpg

ごらんのありさまだよ!


参考に置いたのは、講談社新書高橋昌一郎「~の限界」シリーズですが、知性と理性と感性を総動員しても、Liquid黒箱の半分くらいにしかなっていません。驚くべきパワー。マジで性欲って偉大ですねぇ……(違)。

デカいし重たいしどうしたもんかなーという感じなのですが、内容的にはかなり盛りだくさんでお買い得。ユーザー葉書送れば更にボーナスもあるし、ブランドに興味がある方なら検討しても良い内容だと思いました。ステマだよ!

というわけで本日はこの辺で。

ちべたいものの飲み過ぎには注意して、元気に夏をお過ごしください。それでは。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

攻略:『宇宙刑事ステラバン』

というわけで、必要かわかりませんが一応攻略も。身も蓋もないことを言えば、ほとんど一本道だから適当に選択肢総当たりしたら全部見られると思います。

関連記事 :レビュー:『宇宙刑事ステラバン』(2012年7月30日)

※以下の攻略はプレイ経験に基づくものであり、確実な攻略を保証するものではありません。

◆選択肢一覧
◎プロローグ (2周目以降出現)
『帝王』として、力を貸してやる。 →Hイベント後、ED。
もちろんスルー。 →プロローグ続行

◎本編
選択肢1

アイザックの身体を乗っ取る。 →Hイベント後、ED。
アイザックの身体を乗っ取らない。

選択肢2

アミィを救う。
アミィの処女を自ら奪う。 →Hイベント後、ED。[BAD END エスカレーションGATE2解放]

※2周目以降、アイシャのHシーン挿入。

選択肢3

薬剤師の声を聞いてみる。
ナースの話を聞いてみる。
医者の話を聞いてみる。
※選択肢は総当たり。分岐無し。

選択肢4

メンゲルスを信じない。
メンゲルスの提案に乗る。 →Hイベント後、ED。[BAD END エスカレーションGATE3解放]

選択肢5

今はまだ見逃してやる。
哀れ地球人の器を乗っ取る。 →Hイベント後、ED。[BAD END エスカレーションGATE1解放]

選択肢6

ゲドニーを撃つ。
ゲドニーを撃てない。 →Hイベント後、ED。[BAD END エスカレーションGATE4解放]

選択肢7

熟考してみる。 →選択肢8-Aへ
もちろん、つき合う。 →選択肢8-Bへ

選択肢8-A

切り札を使わない。 →派生無しエンド(Hシーンあり)。
切り札を使う。 →ステラバンエンド。

選択肢8-B

狸寝入りで華麗にスルーっ! →Hイベント後、ED。[BAD END エスカレーションGATE5解放]
帝王の力を貸してやろウっ! →選択肢9へ

選択肢9

何もできない。見守るしかない。 →派生の無いBADエンド。
命を賭けて、テラーを助ける。 →Hイベント後、ED。[BAD END エスカレーションGATE6解放]

BAD END エスカレーション GATE6 戦慄のテラワイヤー無双END 後 タイトル画面の一番下に「SPECIAL」解放。

◆CG内訳など
カナタ:22シーン/23枚
アミィ:18シーン/20枚
ユリカ:15シーン/14枚
アイシャ:10シーン/10枚
その他:7シーン/16枚(差分無し。15枚目は「ステラバン」のCG3枚)
合計:72シーン(除ED)

ED鑑賞:10シーン

このエントリーをはてなブックマークに追加   

レビュー:『宇宙刑事ステラバン』

b67d10ff.jpg

タイトル:『宇宙刑事ステラバン 』(MAIKA/2012年7月27日)
原画:椋木尋、桜ロマ子、沖田つばさ、こもだ、パパイヤ純
シナリオ:実験機八号、たまごやき工場長、めたるex8
公式:http://www.media-box.ne.jp/line/sol2/top.html
批評空間レビュー投稿:済 → ネタバレ無し
定価:8800円
評価:D(A~E)

※具体的な内容に踏み込んだ長文感想(内容紹介)は、批評空間さまにて投稿しております。ご関心あれば上記リンクよりご覧下さい。

関連記事 :攻略:『宇宙刑事ステラバン』(2012年7月31日)

◆評価について
抜けるか抜けないかで言えば、まあ抜けました。その意味では期待通りなのですが、別にこの作品じゃなくても良かったというのが大きいです。ボリュームも前作と比べればだいぶ落ちている(シーン数の単純な登録数が、前作『ソルディバン』は95。本作『ステラバン』は72)。これで良い評価つけたら嘘だろうということで。勿論、絶対この作品じゃないと駄目! というのがあるなら別ですが、それは最早点数も判断基準も関係ない話だし、私はそういう感覚を本作に感じなかったということで。

◆雑感
MAIKAというのは基本的に設定で勝負するブランドだと私は思ってます。

なにせ展開は戦隊ヒロイン凌辱モノだろうが騎士姫凌辱モノだろうが覗きモノだろうがどれもほとんど一緒。シチュエーションも似たり寄ったり。テキストはどれもこれも「はわわ~○○様ぁ~ ぐりゅんぐりゅん」(○○はその作品の主人公の役職)みたいな感じ。舞台とヒロイン、主人公を入れ替えて、あとはよろしくやっている、というのが大半ですから。あ、『小悪魔リサ』は除きますけど。

とはいえ、それが悪いかというと寧ろ逆で、おきまりのパターン、おきまりのシチュエーションが大好きな人たちが、毎度そのパターンにはまっていく、バラエティ豊かなヒロインを見るのが良い。ワンパターンが売りになる時代劇のようなもので、基本パターンは決まっていても細部の違いで魅力を演出していく。ユーザーとしても、そのその違いから自分の好みを見つめなおしたり、一番好きなシチュエーションを絞り込んでいったりするわけです。

そういうパターンの一環と考えれば、本作はだいぶ変化球を投げた感じ。似たような展開・似たようなシチュエーションをやりすぎて作ってるほうが飽きたのか、ユーザーに見限られるという危機感からなのか、目くらましのような変化に頼りすぎて、「MAIKAの変身ヒロイン凌辱もの」という本道を踏まえきれなかったように思います。

MAIKAの主人公は何と言っても、ヒロインに対して溢れんばかりの愛を注ぎ、メロメロにして自分のモノにするタイプ。本作の主人公も「ステラバンファン」を公言していてその素質あり、取り憑いたテラーもソルディバン(前作ヒロイン)に対し怨みと執念を持っていて、この2人のタッグがステラバンをモノにする話にしないならどうするの、という感じなのに、大半が別組織の怪人に良いようにステラバンがやられるのを見ているだけという……。BAD END ESCALATIONの展開が、完全にアゲインストでテラーたちが気の毒でした。

抜きゲーとしての期待には応えてくれたとしても、この作品でないと味わえない魅力というのはほとんど無く、むしろもっと良い作品他にこのブランドから出ているから、そっちやったほうが良いよね、と。

結局、何に特化させようとした作品だったのか本当に最後までわからなかったなぁ……。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ヘッドフォンの話

ぼんやりとネットを巡回していると、こんな素敵な記事を見つけました。

日々の音メモ 様
アニメ、ゲームに登場したヘッドホン12 天色くろすおーばー×MDR-Z1000×Beats Pro×Edition10

藤枝雅『天色くろすおーばー』の中にでてくるヘッドフォンを細かく検証・紹介しておられる、力の入った記事です。オーテク(Audio Technica)使いですみません。遠音ちゃんと仲良くなるのは厳しそうだ……。

ちなみに、価格ドットコムで調べたところ、お値段はこんな感じでした。

SONY MDR-Z1000 → 32800円
MONSTER CABLE beats by dr.dre Beats Pro → 34800円
ULTRASONE Edition10 → 186999円
ULTRASONE Edition8 → 109800円
audio-technica ATH-W3000ANV → 93900円
FURUTECH ADL CRUISE → 31800円

3万円以下の品が無い(笑)。

ヘッドフォンはスピーカーと比べるとコストパフォーマンスが良いですし、耳のためにも音の為にもそれなりのものを買ったほうが良いと理解してはいるのですが、さすがに5万を超えるクラスのものには手を出す気になりづらい。消耗品ですから、3万くらいでも結構キツい。特に、外出時に装着していって不慮の事故でおしゃかになったら泣くに泣けないので、高いのを買えば買うほど自由に使いづらいというのは以前身を以て学びました。それほどクオリティが求められる音楽を聴くことも少ないので、ほどほどが一番。

皆さんどのくらい音響にお金をかけているのかは存じませんが、私は自分で使うのは1万円くらいが妥当なラインかなと考えています。私の大したことのない耳力では、はっきり音の違いがわかるのは2千円くらい→1万円台→10万円台だということがオーディオ専門店とかで試し聴きをしてみるとわかりましたので。

で、個人的に1万円前後で割と良い奴をいくつかチョイスしてみました。実際に使ってみたり、店頭で聴きまくってみて、気に入ったものですから、何か客観的なデータや知識があるわけではなくて単なる直観なのですが。

まず、Audio Technica AD500
オープンエアーHPですが、残念ながら私にはあんまりクローズとの音の違いはわかりません。低音はいまいちでないという評判でしたが、どうしてなかなか、この価格帯にしては健闘していると思います。ただ、最大の特長は多くのレビューに書いてある通り、装着感。パッド部分がビニルや合成皮革ではなく、布。これが凄くありがたいです。本体も比較的軽くて、長時間付けていても疲れない。妙なバネで頭を挟んだりもしないので、圧迫感が少なくてとにかく楽。ただ、ちょっとムレます。あと布の部分が汚れやすい。ホコリとかたまると白くなってくるのでお手入れ注意。

次に、Victor HP-RX900
クローズ型のHPで、特にこれといった特徴がないのが特徴。何というか本当にクセが無くて、クラシックからエロゲーの音声まで、割とどんなタイプの音も歪めないので問題なく聴けます。ワンランク下のRX700は値段の割にイマイチ。安いのを買うならRX500のほうが良いと思います。3000円未満で買えるHPの中では良いほうじゃないかな。

そして、SONY MDR-7506
原音に近い音で聴けます。定価よりだいぶ安く買えるはず。1万円前後の価格帯では珍しく、それとわかるレベルの違いがある。ただ、なんか妙に肩が凝るのと耳から外れやすいこと、そしてパッド部分がすぐぼろぼろになる(SONYのHPがだいたいそうですけど)のがちょっとなぁ、という感じ。サランラップ巻いて使ったろか……。音の質はともかく、使用感で上二つに劣ります。

最後に、Audio Technica ATH PRO5
電話のコードみたいな配線とやたら強い挟み込みのバネ。小さめのイアカップと、使いづらいことこの上ないのですが、このHP、とにかく低音に強い。というかその筋では結構有名な品らしく、割とあちこちでレビューを見かけます。だいたいどこも「面白い」という感想なので、どんなもんかと買ってみましたがなるほど面白い。他のHPとくらべると一聴瞭然。とにかく低く低くもっていく感じ。ボヨン、ボヨン、という感じの音が楽しくなってきます。

上から気に入っている順番で4つ挙げてみました。ちなみにうちには、無駄に7つHPがあります。10万出して1つ良いのを買うという本物志向は憧れるし、私の周りにはそういう人のほうが多い。ただ、私の場合はそこまで高価なHP使っても聴くものがないし、それなら1万のをいくつも買って違うタイプの音を楽しむのもありかなーという。実際、2つ3つ違うタイプのがあれば結構新鮮な音を楽しめます。

ヘッドフォンについては色々な人が詳しいことを書いておられるので、私が言えることなんてほとんど無いのは承知で、私でもわかるレベルで違いがあるかな、というのをチョイスしました。ちなみに、

問題はエロゲーのときにどのHPが良いかですが、首振っても揺れても疲れにくいAD500が個人的にはマジお薦めです。これ以上の価格帯になると音質とかももっとわかりやすく変わってきますし、人によってよく聴く曲とか好みとかも出やすくなるのでしょう。ただ、その辺は私があんまり使ったことも購入検討で視聴したこともないのでわかりません。

ともあれ、今日は素敵な記事から派生してHPの話でした。それでは、また明日。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
あけいろ怪奇譚
バナー(3)
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
Lose新作『まいてつ』応援中!


AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!

情熱FX大陸