よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

レビュー:『おれつま! ~オレがマンション管理人になったら人妻たちとちょっとイイコトできちゃうかも!?~』

4b952edf.jpg

タイトル:『おれつま! ~オレがマンション管理人になったら人妻たちとちょっとイイコトできちゃうかも!?~』(CLOCKUP/2012年9月28日)
原画:くまっち、楽間かのり(SD原画)
シナリオ:はやさかうたね
公式:『おれつま!』 OHP
定価:8800円
評価:B(A~E)

関連: 批評空間投稿レビュー (ネタバレ無し) ※外部リンク
関連: 「攻略:『おれつま!』」(2012年10月2日)

※具体的な長文感想・内容紹介は、批評空間さまにて投稿しております。



▼評価について
十分満足しました。期待以上の良い作品。エロさえあれば後はやっつけでもいいだろう、という「バカゲー」や「ギャグ」を言い訳にした手抜き感は無く、シンプルながらもきちんとお話をつくってあります。そのためキャラも立っているし、Hシーン同士の関連もちゃんとできていて、Hが凄く盛り上がる。キャラが、「感じてる声をあげている」ではなく「感じている」とちゃんと思えるのが良かったです。システム面の親切さも行き届いていて、かゆいところに手が届いていました。絵柄は好みだけどアヘ顔になるのはちょっと……という人にとっては、アヘ顔ON/OFFなど嬉しいのではいでしょうか。

▼雑感
詳細感想は、投稿済みの批評空間投稿レビューにて。

ボクもマンション管理人になりたい!! ……とはあんまり思いませんでしたが、これまで余り持っていなかった人妻属性が一気に刺激されてしまいました。やってることはたいがい鬼畜なんだけど精神的にはラブラブというのは結構好きなので楽しかった。明るく楽しくハードなプレイ。最高です。

一応寝取りとか凌辱っぽい要素が無いわけでもなくて、むしろ行為としてはそっちが中心。旦那のいるところでSEXしたりフェラしたり、というのまである。ヒロインも、最初の方は主人公・健介をむそぶりを見せたりもする。ただ、寝取りゲー(NTRゲー)としての体裁はとっているものの、精神的にそっちがメインという感じは受けませんでした。もともとヒロインたちはだいぶ健介に好意的ですから、略奪愛みたいな感じは全然無いわけです。単に、形式上つき合ってる相手やら許嫁がいる相手を口説き落とすのと大きな差は感じなかったかな。そう言う意味では、寝取り・NTRゲーを期待し過ぎると肩すかしを食らうかもしれません。

人妻寝取るのに凌辱色は薄くて寝取り成分控え目。内容はらぶらぶモノっぽいのにメインヒロインは非処女、と割とどっちつかずな感じとも言えます。私としては凄く高く評価するけれど、世間一般ではそうでもないかもしれません。いわゆる、誰にとっても解りやすく面白いタイプではないですから。ただ、これだけは言っておきたい。エロいです。エロいは正義。

投稿感想には悦子さんへの愛を綴っておりますが、基本的にヒロインは皆良い感じでした。サブヒロインは変なのばっかりだけど面白くて良かったかな(笑)。特に、変態マッドサイエンティスト・玲亜が良かったです。普段は傲岸に振る舞っているくせに快感責めにあうと一気にだらしなく崩れるのが嗜虐心を煽る。攻めキャラとみせかけて、バリバリの受け。満子との性戦は笑わせて頂きました。

というわけで、なかなか良質な抜きゲー。どうしても凌辱系人妻NTRでないと我慢できない! というのでなければ、ヒットする可能性は高いと思います。体験版などをプレイしてピンと来たら、秋の夜長のお供にどうぞ。

ではでは、また明日。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

メガネの安いお店の話

メガネの調子が悪いナー……と、最近ずっと思っていました。全体的に傷みが目立つし、すぐレンズが曇る。買い替え時かなとは思うものの、いま掛けているやつが完全に駄目というわけでもない。外に出て行く時にはちょっと汚れが目立って恥ずかしいけれど、家の中やちょっとそこまでで掛けるぶんには全然問題ない。色もそれなりに気に入っていて度も掛け心地もぴったりあっているし、何より作るのに結構なお金をつかったので(4万円くらい)ので、それを思うとあんまり簡単にのりかえたくは無い。買い替えるか否か、最近のちょっとした悩みでした。

んでまあ、いままで買ったことのない「激安メガネ」ってどうなのかなーと。ちょっとした外出の時だけメガネを替えたら良いんではないか。で、今使っているのを普段使いにして、新しいのを仕事用とかにすりゃいいのかなと考えたわけです。

今や2つ3つのメガネをTPOにあわせて使い分けるとかそれなりにやっている人多いし、オシャレに興味はあんまり無いけれど、簡単にイメチェンできたりするのは良いですよね。何より、細かく使い分けることで(目の慣れが問題になることは措くとして)メガネはだいぶ保ちがよくなるのだという話を聞きました。靴みたいなもんでしょうか。もちろんレンズ自体のコーティングの問題とかもあるのでどこまでも長持ち……というわけではないにしても。

調べたら安いところなら4000円くらいでメガネつくれるみたいだし、まあそれなら万一全然駄目でも諦めがつく値段です。「激安メガネは全然駄目」という話はそこまで聞かないですしね。いや「良くないこともありますよ」というのは聞くけれど、それはどんな良いメガネを買っても同じことが言えそうな内容だったりもしますから……。自分で体験もせずに良いか駄目か悩んでいるくらいなら一発試してみようかな、と。

ググってみると「激安メガネ店ランキング」のようなサイトがあり、これでちょっと調べてみると、「JINS」というショップが良いらしい。幸い近所にある。これは神の啓示、ということで行ってきました。

お店に到着すると、ずらーっとメガネが並んでる。おお、凄い。イロトリドリノメガネ!! 

専門のメガネ店みたいにショップの人が話しかけてくるということは無く、自分で好きなようにあれこれフレームを触ってかけて選んでレジに持っていくと、そこからレンズの話なんかが始まります。種類は相当あったのですが、「とりあえず安いのにしよう」という一貫したコンセプトに基づき物色。15分ほどで希望のを決めました。お値段は基本レンズ込み。安いのだと4000円から、6000円、8000円、10000円くらいの4パターンがあります。いつも行っているメガネ店だと、片方のレンズの費用だけで6000円のが2つくらいつくれちゃうわけか……。こりゃすごい。

フレームを渡すと、希望するレンズの選び方(処方箋、その場で計測、いま掛けている眼鏡の度数を継続、度なし)のアンケートをとられました。私はその場で計測を選択。あまり待ち時間も無く10分ほどで測定が終わり、レンズを決定。薄さにもこだわらなかったので一番分厚いやつにしました。驚いたことに薄型レンズでも値段は変わりません。じゃあ薄いのにすりゃ良いジャン、と言われそうですが、在庫があると早くできるが無いレンズだと何週間かかかるということだったので……。どうせなら早いほうが良いなと分厚いのにしました。時間に余裕があったり、薄型レンズの在庫が潤沢な時には薄いヤツでよさそうです。

パソコンを見るときに楽になるコーティングなるものをオプションでつけることもできたのですが、どうも3000円くらい追加料金がかかるみたい。お試しのつもりだったので、それはちょっと遠慮してオプション無しを選んで最終決定。

「30分くらいでできあがりますから」と言われて「Σ(゚Д゚;エーッ!! ハヤいのね」(by:ミリア)と驚き。ちょっとご飯を食べて戻ってくると、ホントにできあがっていました。いや、凄いわ。

で、掛け心地ですが……。

いまのところ、全然問題ないです。というか今までかけていたやつよりクリアーに見えるくらい。高さ調節とかしづらいタイプのフレームなので目が疲れるかなという不安はあったものの、丸一日かけていてもほとんど負担を感じない。慣れていないせいでちょっとしんどいのは数日で解消されるでしょう。概ね良好です。

うーん。このレベルのメガネがこのお値段でできるなら、ホントにお得。

もちろんまだ作りたて・使いたてですから今後どんな弊害が出てくるかは判りません。が、すくなくとも一発でアウト! みたいなシロモノではない。私のようにメインできちんとつくったメガネがあるなら、気分転換とか外出時限定でメガネをかえるために作っておくというのは割とアリな気がします。

PCで目が疲れないようにするコーティング加工というのがにわかに気になってきたので、室内用(PC作業用)にもう一つ作ってみようかな……などと考え始めました。10月末まではネット注文にすると30%オフという特典がつくみたいなので、それで買えば5000円くらいでできちゃうし。

メインのメガネにしようとすると、ちょっと強度の問題(金属フレームでも耳かけの部分に芯が入っていなかったりする)や細かいかけ心地、あとレンズに紫外線カットが練り込んであるのではなくコーティング加工っぽいので保ちが悪いかもしれない……などデメリットはありそうでしたが、サブなら十分でしょう。

というわけで本日は、激安メガネは案外良いかも知れない、という話でした。あくまで私の感覚だから、実際作ってみて「ダマされた!」と思われてもこまりますが、少なくとも20年メガネ人生を歩んできている私でも特に問題感じないレベルで良いものだと思います!

それでは、また明日。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

2012年9月の新作検討

一日遅れましたが、九月の新作検討と購入ラインアップの発表です。ドドドドドド。

・ LOVELY QUEST
予約済み。『痴漢のライセンス』が延期したので、繰り上げ当選です。

・ Zero Infinity -Devil of Maxwell-
予約済み。『Vermilion』チームの新作。期待大です。

・ おれつま! オレがマンション管理人になったら人妻たちとちょっとイイコトできちゃうかも!? 
予約済み。イイコトしたいです。

・ 門を守るお仕事 
予約済み。プレイも一番にするつもりです。

・ 彼女(あのコ)はオレからはなれない
戯画マインっぽい感じがひしひしと。なぜなら、設定があからさまに某ラノベに似ている……においたつ役満! 地雷掃討班としては踏まないわけにはいかないか? ただ、結構絵は良いしライターさん期待もありなので買うつもり。ただしいつでも撤退できるよう、予約は無し。

・ 魔法戦士エクストラステージ ~10th Anniversary~
5000円だし、記念だし、買います。10年ですよ。凄いですね……。これだけ続けてこられたことに敬意を表します。ちなみに、オフィシャル通販予約特典が、斎藤なつき氏の直筆サイン色紙だったんですよねー。気付いたのが〆切の後だったので、時既に遅し……。無念です。中京マイコンのテレカ柄が好みなのですが、諦めてメディオさんにします。特典選ぶつもりだったので、予約はしていません。

・ ピュアガール 
『ピュアメール』を思い出したり、『カラフルピュアガール』を思い出したり……。「変態は秘すべきことだが、恥ずべきことではない」。名言です。名言ですが、買うかどうかは……うーん。ライター陣の中にある和泉万夜さんのお名前も、決定打にはならず。店頭で決めましょう。

・ 優しい魔法の唱え方
むつみまさと氏原画!! テーマもちょっと面白そう……なんだけど、紹介文などを読むとそこはかとなく不安が。パッケ見て決めます。よくよく私はクリエイターさん中心の買い方はできないタイプです。

・ リングの上で堕ちる女 ~この業(ワザ)からは、逃げられない~ 
だから、『レッスルエンジェルス』をエロゲーにしておくれとあれほど(血涙)。心の慰めになるかと迷いましたが、やっぱ無し。DL販売あたりで気が向いたらくらい。

・ かみデレ
ユキちゃんに興味はありましたが、見送りかなあ。ワンプッシュ届かず。神様ものとしては『恋神』、『かみのゆ!』、『彼女は高天に祈らない』などと比べると七福神を採用したのが面白そうではありましたが、私としては記紀神話からガチガチの設定のほうが好きだという。

・ ごっくんアスリート! 巨乳メダリストのおしゃぶり強化合宿
一応候補に挙げていましたが、まあ無い。飲み込みました。ごっくん。「びんかんアスリート」のシリーズなのかな。ろくにチェックもせずじまい。むしろどうして候補に入れたのか謎。オリンピック熱か……?

・ 辻堂さんの純愛ロード 初回版
スルーします。さかき傘さんですけど……。理由1、不良娘があんまり好きじゃない。理由2、すぐ信頼できる評判がでるだろうからそれから買っても遅くない。理由3、お金。

・ 特別授業3SLG 
どうもBISHOPさんとは最後の最後で相性が悪い。今回も検討ラインには入ったのに、決断の時間になって外れました。どうも周りが強い時が多いです。

・ 母娘乱館 
私にしては珍しく、アリスソフトさんを除外。ハードNTRはあまり得意でないうえに、ロープライスだと思っていたらフルプライスだったので。低価格なら手を出す予定だったのですが……。と、DL販売開始の時に思ったのでした。

・ 竜翼のメロディア -Diva with the blessed dragonol- 
キャララ!! に参加した時の情報で検討ラインに入りました。が、今回はスルー。

・ The・ガッツ!-マキシマム・マタニティ!-
見てるだけ。「The・ガッツは 遠くにありて 思ふもの」(詠み人知らず)

というわけで、購入決定6本(うち予約4本)、迷い中が2本と割かし順当。

で、結局迷っていた2本も購入して合計8本。

大規模なイベントとかは無かったみたいで、比較的落ち着いていました。心配された大雨も降ることなく。エロゲーの神様が気を利かせてくれたのでしょうか。ありがたいことです。

メッセサンオーさん(トレーダー)の前で、『門を守るお仕事』の購入キャンペーンをやっていました。可愛らしいコスプレに身を包んだ売り子さんお二人が、購入証明と引換でくじ引き。私はB賞のポスターを頂きました。写真撮影OKということなので、お願いして早速一枚。

1ca96738.jpg

抽選会場。ポスターはオリジナルではなく、店頭の販促用と同じ絵柄でした。

と、撮り終えて店の中へ(『門番』はソフマップで購入したので、まず抽選を済ませて入ったのです)。そこで色々買って外へ出ると、何とビックリ凄い混雑。何ごとかと思ったら、先ほどのコスプレの方と外国人観光客が記念撮影をしまくっていました(笑)。

aa5e1514.jpg

撮影会場と化す抽選場。受付の人も苦笑い。

レイヤーさんと並んで写真を撮ったり、外人さんたち楽しそうでした。係の人はちょっと迷惑そうだったけど(なんせ記念撮影の間抽選が滞る)。

その他、優しい魔法、ピュアガール、LOVELY QUEST、彼女はオレからはなれない、の引換へ。「かのオレ」は原画・キャラデザ担当のお一人、にろ氏がソフマップアミューズメント館前でサイン色紙に直筆でサインを入れて配布。待ち時間0で貰えたよ! ……お隣で配布していたHOOKさんの混み具合がちょっと残酷でした(´・ω・`)。良い作品に仕上がっていることを期待しています。

02b0180f.jpg

購入者特典・にろ氏直筆サイン入り複製原画色紙(左)と店舗残りで頂けた予約特典・うすめ四郎氏の色紙(右)。

『辻堂さん』は特大パネルつきの抽選会とか、すごく派手で目立っていました。まあ今回はまた様子を見ながらということで結局購入せず。そのまま家へ帰りました。イベント的には目玉作品と呼べるものは無かったかもしれませんが、『辻堂さん』、『ピュアガール』、『らぶくえ』の三國志で盛り上がっていたと思います。売上についても恐らく、この三つで上位じゃないかな。『辻堂さん』が頭一つ抜けているかもしれません。『ガッツ』は……なんというか、完全に別世界状態。

ただ、メッセでタカさんを二人抱えてレジへ進んでいる人がいたんですよね。一体どうするつもりだったのか……。興味津々です。

さて、昨日はちょっと色々あったせいで全然ゲームできなかったので、今日から楽しみます!

では、また明日。


このエントリーをはてなブックマークに追加   

攻略:『魔法少女ルキフェル桜花』

『ルキフェル桜花』の攻略です。割と見たまんまの選択肢ですから、ぶっちゃけそんなに難しくありません。赴くままに選んでください。選択肢2は、ストーリーにはほぼ関係なく、単にHシーンを選択するだけの意味しか無いと思われます。

関連記事: 「レビュー:『魔法少女ルキフェル桜花』」(2012年9月27日)

※なお以下の攻略は当方の経験とそれに基づく判断であり、確実な再現を約束するものではないことをご理解のうえご覧下さい。また、間違いなどがあればご指摘ください。



▼選択肢一覧
選択肢1 「どうする?」
 瀬璃を助ける
 瀬璃を助けない

選択肢2 「誰といく?」
 なつめ
 瀬璃
 リナリア

選択肢3 「リナリアを探す?」
 リナリアを探しに行く
 リナリアを探しに行かない

選択肢4 「リナリアと行く?」
 リナリアと一緒に行く
 リナリアと一緒に行かない

選択肢5 「二人に報告する?」
 一人で行く
 瀬璃、なつめに知らせる

▼攻略
グッドED
 瀬璃を助ける → なつめ → リナリアを探しに行く → リナリアと一緒に行く → 瀬璃、なつめに知らせる

バッドED
 瀬璃を助けない → 瀬璃 → リナリアを探しに行かない → 一人で行く

※最後に選択肢2の「リナリア」を選んでシーン・CG回収。
※選択肢1、3、4、5で2箇所以上仲間想いの行動をとるとグッドEDの模様。
※選択肢2は誰を選んでもルート分岐には変化ない気がする。

▼シーン
CG35枚(差分無し)、シーン数27。
桜花 : 9枚/7シーン
瀬璃 : 6枚/5シーン
リナ : 9枚/6シーン
なつめ: 5枚/4シーン
複数 : 6枚/5シーン

※機械系触手多め
※羞恥系快楽。苦痛はあまり無い



以上です。お疲れさまでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

レビュー:『魔法少女ルキフェル桜花』

e94a2438.jpg

タイトル:『魔法少女ルキフェル桜花』(light/2012年9月21日)
原画:のぶしと
シナリオ:フレーム、桃野衿
公式:『魔法少女ルキフェル桜花』 OHP
批評空間レビュー投稿:済 → ネタバレ無し
定価:2600円
評価:D(A~E)

※具体的な内容に踏み込んだ長文感想(内容紹介)は、批評空間さまにて投稿しております。ご関心あれば上記リンクよりご覧下さい。

関連記事: 「攻略:『魔法少女ルキフェル桜花』」(2012年9月28日)



▼評価について
私の好きな、戦闘系ヒロイン+触手モノだったのですが……うーん。なんか消化不良。ここ最近、質の良い凌辱ゲーばっかりやっていたのでグルメ舌になっていた影響は多少あるかもしれませんが、それを差し引いてもやはり高評価は出しづらい内容でした。もちろんリリス作品ですから、抜きゲーとして最低限のところはおさえています。が、はっきり言うとそれだけ。のぶしと氏が絵を描いている以外はとりたてて特徴が無く、それなら『フェアリーメイズ』で良いんじゃね? という気もする。シーン数・キャラクター数・シチュエーションの多彩さなどはそれなりにあるので、シーン回想だけ見る分には良いかもしれません。

▼雑感
『まどマギ』のオマージュというのは判るのですが、何の為に『まどマギ』を持ってきたのか。魔法少女同士の友情とか愛情を描きたかったのか、QBの残虐非道っぷりを描きたかったのか。ただ人気作品の名前にあやかってネタにしただけという感じが否めません。要は、もし全く無名の作品であっても『まどマギ』をネタにしたとは思えない。そういう「ぶらさがり」の作品を全否定はしないけれど、それをリリスさんが出す意味ってあるのかなぁ、と思います。

それでも話が面白かったりキャラが魅力的ならまあ、もともと良い作品にオプションでネタを仕込んだ、と好意的に解釈もできるのですが、ぶっちゃけストーリーは雑でパッとしない。感想にも書いたとおり、魔法少女たちの戦う動機がどうも説得力を持ちきれず、作中でフラフラしているように見えます。また、敵である「ナイトメア」も、その存在から狙いまでいまひとつ良くわからない。これはEDでのラスボスとの絡みである程度仕方がない部分ではありますが、「正体不明の敵」を相手に戦うというのは余程慎重に話を作らないと、ユーザーは置いてけぼりになるというか、興味を持続させることができません。その辺の一工夫が足りなかった。

Hシーンについてはそんなわけで、キャラが弱い分、どうしても物足りなく感じます。1つ1つのシーンの切迫感とか心の描写とかには巧いところもあるものの、単発どまりで後に続かない。こういう凌辱作品って後になればなるほどエスカレートしていってボルテージがあがるのが普通ですが、最初から最後まで一定のラインを保ってゴールインした感じがします。ラスト、ラスボスの圧倒的なパワーという設定は桜花たちの無力感を前面に押し出す形になって良いと思いましたが、どんでん返しも二次元オチでちょっとがっくり。ここまで4人の力を描いてきたんだから、最後もそれに絡めるとかでは駄目だったのでしょうか。

グラフィック面は秀逸。何と言っても、のぶしと氏の絵。特に今回はリリスお得意の無理なアヘ顔ではなく、舌をつきだして羞恥に耐える「イキ顔」(実際にどういう区別があるのかは兎も角、作中では「イキ顔」と呼ばれていました)になっていて、あんまり顔面崩壊はしていませんでした。アヘ顔のような「他のことは考えられない程の絶頂の表情」ではないためか、羞恥とか屈辱とか、そういう感情が積極的に出ていた。面白かったです。割と成功していたと思う。

まあ、そんなこんなで良いところもたくさんあったのですが、若干の物足りなさを感じる作品でした。

それでは、また明日。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
あけいろ怪奇譚
バナー(3)
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
Lose新作『まいてつ』応援中!


AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!

情熱FX大陸