よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

さむくてねむい。

急激に寒くなり、マジで眠くてしょうがない感じです。キツい。朝布団から出るのが(倒置法)。

寒さが厳しくなると睡眠時間が伸びるのは気の所為ではないと思うのですが、なんでなんでしょうね。

寒いと体内のカロリー消費が増えて、そのぶん体力を使う(燃焼にエネルギー使う)からなんでしょうか。暑いと寝転がっているだけで苦痛だったりしますし。

まぁ理由がなんであれ、寒いし眠いことに変わりはないわけで、このままでは無限に寝てしまう。仕事も遊びも捗らないのでたいへん困ります。何とか布団さんと適切な距離を保ったお付き合いをしていきたいなぁと思う次第です。

『アザトメイキング』買った話。

今日は、発売を楽しみにしていたエロ漫画、みちきんぐ先生の『アザトメイキング』が店頭に並ぶ日でした。

azatomaking


▼「みちきんぐ先生!最新単行本『アザトメイキング 初回限定版』10月16日(金)発売決定!!」(とらのあな)

ハイパービッチなエロ漫画編集者の女性陣が大活躍する話……でいいのかな。まあエロいし面白いんで絵柄気に入ったら是非読んでほしいです。

とらのあなは、有償特典でタペ。あと前の単行本(『主従エクスタシー』)と一緒に買うとイラストカードが特典でついてきます。メロンは、特装版1(B2タペ付き)と、特装版2(B2タペ&B0タペ付き)がありました。後者は10000円オーバーという……。

みちきんぐ先生の同人誌と『アザトメイキング』同時購入で複製サイン入りアクリルボードが先着でもらえるそうなので、私は密かにそれ狙ってます。帰りに立ち寄ったら間に合うかな……。

連載時に載ってなかった新作も収録されているそうなので、凄い楽しみ。とりあえず早く買って読みたいです……。

車中の掴み愛。

今日は出先から直帰だったので久々に早く帰れるとウキウキで中央線快速に乗っていたところ、四谷を越えたあたりで車中に怒声が響きました。

「ンじゃオラァ!!」

みたいな感じで何が起きているかは分からなかったのですが、すぐ横の優先席で男が立ち上がり、メガネにリュックの男性に掴みかかっています。

すわ、愛の告白……のわけはなく、ケンカです。私はガン見してましたが、乗り合わせたほとんどの人が一瞥して目を背けたり寝たフリを始めました。

関わりたくないオーラ全開です。

まぁ暴力沙汰とか私もできればゴメン被りたいし状況が悪化しても特に声かけたりしなかったとは思うのですが、万一に備えて携帯に110を打ち込みました。今思えば、車掌さん呼びにいくとかのほうが妥当だったかもしれません。

結局それ以上何かが悪化することはなく、当事者たちは御茶ノ水で下車したのでその後どうなったかまでは知らないのですが(降りたのも目的地だったからなのかどうかわかんないですしね)、まぁ近くでゴタゴタされるのは心臓に悪いんでやめてほしいですね。

てか、公共機関の中で怒鳴りまくる人って何なんでしょう。マジで理解できん。酔っ払いとかだったのかなぁ。何にしても、自分は絡まれないよう祈るばかりです。正直言って逃れる術か思いつかないですし。下手すりゃあ半端に言い返して揉めちゃったりしそうなんですよね、私。

風邪をひいたらたいへん。

仕事に行けない……のかなぁ。

このところの急激な気候変動で、喉の痛みや微熱などの体調不良を訴える人が続出しています。

そして、新型感染症に対する社内措置によって出社NGに。

必然、残された人間に負担が回ってくるわけでして、あちこちで悲鳴すらあげる暇のない地獄絵図が展開されるようになりました。

このまま冬になったらそうとうヤバいんじゃないかなぁ。大丈夫かしらん。

疑うことの哀しさよ。

他人を呪はば穴ふたつではないけれど、他人を根拠の薄い推論で疑うことの恐ろしさを分かっていない人が多すぎる。

疑われた方だけでなく、疑ったほうも不幸になるんです。絶対に間違いないという確信は、だいたいの場合主観的な思い込みの域を出ず、周囲から見たら言いがかりにしか見えないことも少なくない。

強弁すればするほど白い目で見られることは覚悟しないといけないし、疑った側と疑われた側で、回復不可能な深い深い溝ができてしまう。

そういう人間関係が職場に生まれること自体不幸なことですし、当事者として渦中にいるのは悲劇です。疑いをかけるのは、やってはいけない。やるなら誰がどう足掻いても言い逃れのできないレベルで証拠を固めて、完膚なきまでに断罪しなければいけないのです。

ウワサとか風評で攻めよう、ちくちくダメージを与えよう、などというのは下策です。たいてい自分も巻き込まれて大怪我を負います。

やるなら、一気呵成に首をとる。それができないのなら、風評で被害を与えようなどと考えるべきではない。

漏れ聞こえて来たご同業の仲間割れ話を聞いて、改めてそう思いました。
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
シルキーズプラス A5和牛 『バタフライシーカー』

あけいろ怪奇譚
バナー(3)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!




アーカイブ(過去記事)
情熱FX大陸