よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

赤ちゃんに塩水

先日話題になったこのニュース、保育施設でこういうことが起きるとか怖いですよねぇ。

 ▼「食塩中毒で1歳児死なす、元保育所経営の女逮捕」(読売オンライン)

 盛岡市の認可外保育所で一昨年8月、預かり保育中の1歳女児に食塩を入れた飲み物を与えて死亡させたとして、岩手県警は11日、元保育所経営者の同市北飯岡、衣料品店従業員、吉田直子容疑者(33)を傷害致死容疑で逮捕した。

 発表によると、吉田容疑者は2015年8月17日午前10時半頃~18日午前0時頃、同市菜園のビル一室で、預かっていた同市の下坂彩心あこちゃん(当時1歳)に食塩を入れた飲み物を与え、食塩の過剰摂取による中毒で死亡させた疑い。

 調べに対し、吉田容疑者は「(彩心ちゃんの)体調が悪くなったので食塩入りの飲み物は飲ませたが、具合を悪くさせるつもりはなかった」という趣旨の供述をしているという。

 彩心ちゃんは父親に引き取られた直後に体調が急変。18日午前0時半頃、両親が市内の病院に運んだが、約4時間15分後に死亡した。18日は彩心ちゃんの1歳の誕生日だった。子どもの預かり保育中は保育士が常駐する必要があるが、当時、施設内は保育士資格のない吉田容疑者と彩心ちゃんの2人だけだった。

 盛岡市などによると、保育所は「スマイルキッズ」で、吉田容疑者が15年7月に開設した。市への届け出では、保育士は常勤1人、臨時2人の計3人だった。保育所は事件後の8月31日付で閉所した。

 彩心ちゃんの両親は11日、代理人の弁護士を通じてコメントを発表し、「もう何があっても娘は帰ってきません。せめて真実が明らかになり、二度とこのようなことが起きないようにしてもらいたいと切に願っています」と訴えた。

 盛岡市子ども未来部の石橋浩幸次長は「大切な子どもを預かる施設で事件が起きたことを重く受け止めている。今後、市内すべての保育施設に対し、注意喚起を呼びかける」と話した。


まずそもそも「認可外保育施設」って何だという話から入ります。知らない人も少なくないと思うので。これは別にヤミ保育施設というわけではなく、施設やスペースといった設置基準などを理由に、国の認可を受けていない保育施設のことです。国から許可が出ていないだけで、国とは別の基準によって「認可外保育施設」に対して審査を行い一定の基準を設けている自治体も多くあります。

いっぽう「認可保育所」というのは、国の設定した基準をクリアすることで認可を受けている保育所です。

これだけ聞くと「認可保育所」のほうが絶対いいだろうと思うかもしれませんが、「認可保育所」は公的な補助金をもらう関係で、入所者の選り好みができないなど、独自のカラーを出すことがあまりできません。厳しい審査と高額な利用料があるかわりに、行き届いた高級サービスを受けられるような私設保育所にも一定のニーズはあるわけですね。

今回の保育所はビルの3Fで運営され「24時間営業」をウリにしていたようで、そういう高級志向のものというよりは認可保育所には不可能なサービスを提供するタイプだったのではないかと思われます。

いずれにしても問題は「子どもの預かり保育中は保育士が常駐する必要があるが、当時、施設内は保育士資格のない吉田容疑者と彩心ちゃんの2人だけだった」ところにあります。雑な管理体制だったことは明らかでしょう。

しかも、その間に保育士資格のない人が勝手に保育業務をして、子どもに食塩水を飲ませるとは……。家庭科の授業で習うだろうにというツッコミは置いとくとしても、正直この容疑者の方はちょっと気の毒。どっちかというと管理責任者の保育士の職務怠慢ですよねぇ。少しの間不在にするなどの場合でも、やっていいこととわるいことのリストくらいはちゃんと作っておけという話です。

「私たちは、この2年間、娘を失ったことの哀しみと辛さに加え、どうして娘が帰らぬ人となったのか、一体、スマイルキッズで、その日何があったのか、についても全く分からず、言葉に言い表すことができない怒りと辛さを味わってきました。

 本日関係者の逮捕でようやく真実が明らかになる道が開けました。これからは司法の場であの日のことを明らかにしていただきたいと思います。」

とは、被害者のご両親の弁ですが、ほんとうにこの辺の詳細を明らかにしてほしいと思います。というより、なんで逮捕までこんなに時間かかったのか……。

そういえば、ちょっと前に乳児にハチミツ食べさせたお母さんの話もありましたが、乳幼児は身体ができていないから大人の感覚でやるとダメなことが多い。塩分だって、体重が50kgある成人にとっての5グラムと、10kgほどの1歳児にとっての5グラムはまったく違うわけで。

仮にも子どもをあずかる仕事につく人には、せめてそういう知識を持っていて欲しいところですね。

長引く風邪

治ったと思ったのに、暑さで汗をかいてはすぐ冷えるせいか、ぶり返してきました。油断大敵。せきと鼻水が止まらなくてげっそりします。ほんと、お風邪にはお気をつけください。

お返事など遅延のお詫び

すみません、いくつか拍手等でコメントいただいておりますが、病欠していたぶんの業務を回すためにちょっと頑張らねばならず、お返事が遅れそうです。ご容赦くださいませ……。

という業務連絡のみで。一休みしてまたお仕事やらねば(´・ω・`)。

難しい「線引き」

教育産業に関わっていると、どうしてもその手のニュースが気になってしまいます。

んで、今回根っこが同じように思えるのに、初見だと私がまったく逆の感想を抱いた事件2つ。

 ▼「児童の名前を黒板に「忘れ物ランキング」と掲示 女性教諭を注意」(サンスポ)

 長野県飯田市の市立小で、担任の50代の女性教諭が忘れ物の多い児童3人の名前を「忘れ物ランキング」と称し、黒板に掲示していたことが30日、市教育委員会への取材で分かった。不適切な指導だったとして、校長が口頭で注意した。

 市教委によると、教諭は教科書や宿題の忘れ物を減らそうと、12~16日の忘れ物の件数を集計。上位3人の児童に順位を付け、名前を紙に書いて黒板に張り出した。

 保護者から学校に相談があり、教諭は児童と保護者に謝罪した。

 市教委は「子どもの気持ちに立てば、今回の指導は不適切だった。再発防止に努める」としている。

これ、正直「貼り出してもいいだろ」と思いました。「子どもの気持ちに立てば」とはよく言われますが、学校教育というのはむしろ周りが勝手に自分のことを考えてくれるという状況から脱出し、自分もまた周囲のことを考え配慮するということ――社会性とか公共性とか言われる一種の「技術」――を学ぶ場だと考えています。

「ランキング」という軽いノリが悪意だったなら多少問題があるかもしれませんが、忘れ物が続いている人が誰か、ということを学級の共有情報とすることがそれほど悪いことだとは余り思えなかった。

いや、もちろん教育理論のうえでそういった罰則があまり効果がないという研究があることだとか、ハラスメントに繋がる可能性があることなどは理解しています。実際、こういうことをやっても忘れ物は減らない可能性は高い。忘れ物への対応としては下策です。

しかし、「生徒の気持ちを思え」という話を飲んでいると、どこまでも生徒に配慮しろという要求を飲まなくてはいけなくなるように思うのです。ちょっとズレるかもしれませんが、たとえば、「名字と名前を学校が公表するのは、名前にコンプレックスを抱いている生徒への暴力である。学校は出席番号だけを割り振り、生徒が進んで公表した場合だけその子を名前で呼ぶようにすべき」とか言われたらどうするんでしょうか。

何が言いたいかというと、この先生の教育方針が「忘れ物指導」として妥当かそうでないかを議論することは構わないと思うのです。私としては、まったく意味のない指導だと思う。ただそれに対して、父兄が出張り、学校が出張り、やれ謝罪だなんだという話になるのは行き過ぎた介入ではないか。まあ、言いたいことはそういうことです。

ところが、数日後にひどい話が飛び込んできました。

 ▼「クラスで「謝罪」3日後、中1女子飛び降り死亡」(読売オンライン)

東京都西東京市のマンションで今月6日、同市内の中学1年生の女子生徒(12)が飛び降り自殺を図り、死亡していたことが捜査関係者への取材でわかった。

 女子生徒は今月3日、クラスメートの前で謝罪していたといい、警視庁田無署が詳しい状況を調べている。

 捜査関係者などによると、6日午後7時頃、マンション関係者が、血を流して倒れている女子生徒を発見。女子生徒は病院に搬送されたが、意識不明の状態で、8日朝に死亡した。遺書などは見つかっていない。

 女子生徒が通う学校の校長によると、女子生徒は今月3日、自分からクラスメートの前で話がしたいと申し出て、授業が始まる前に反省の言葉を述べた。関係者によると、女子生徒は当時、中学校の期末試験中の行為を巡り、悩んでいたという。

この、「期末試験中の行為」が何であって、「クラスメートの前で話」をしたというのが何だったのか、私はあまりきちんと追いきれていません。カンニングだ、という噂もありましたが、もしかすると貧乏ゆすりかもしれないし、携帯電話を鳴らしちゃったとかそういうのかもしれない。

これ、まだ迂闊にいろいろ言えない段階だからなのか、学校側もあんまり詳しく説明してないみたいなんですよね。産経新聞だともうちょっと詳しく出てます。

 ▼「東京の中1女子が自殺か マンションから飛び降り」(産経ニュース)

 東京都西東京市で6日、同市内の中学1年の女子生徒(12)がマンションから飛び降り、死亡していたことが10日、警視庁田無署への取材で分かった。同署は現場の状況などから自殺とみて、詳しい経緯や原因について調べている。

 田無署によると、6日午後7時ごろ、女子生徒が血を流して倒れているのが見つかり、病院へ搬送されたが、8日朝に死亡が確認された。遺書は見つかっていないという。

 東京都教育委員会によると、女子生徒は3日、保護者や学校とも話し合った上で、自らの試験での行為について、教室で同級生に説明する場面があった。学校は生徒を対象に、定期的にいじめに関するアンケートを実施しているが、これまでにいじめの事実は確認できていないとしている。

イジメではなさそう、自殺っぽいけど遺書はなし。謝罪と自殺との因果関係は不明。謝罪は学校・保護者の同意を得て本人も一応納得していた、と。

自分の行為についてきちんと説明したうえでクラスメートに謝るというのは、私が考えるところ非常に「立派な」ことだと思うし、また社会性・公共性を考える上では必要なステップだとも思うのですが、もしこれが原因で自殺しちゃったとなるとおだやかではない。

実際、たとえばカンニングだったとしたら「晒し者」にするのは良くないような気もします。そういった不正行為に対して、就学児童が「大人な」対応をできるかというと難しいでしょうし。

そうやって考えると、学校ってのは極力個人主義的に、ほとんどのことを教員と生徒の1:1のやり取りの中で解決するのが良いのでしょうか。でも、それだったら学校である必要ないよなぁ(個人塾とかでいいし、家庭とやってること変わらんやん)っていう気がしてきます。

私たちは、なんとなく学校ってこんなところ、こんなものというイメージを持っているけれど、そのあたりを見直して明確にビジョンを打ち出す必要があるのかも。この辺の話って、もっときちんと考えていかないとダメかもしれません。

多少マシに

ようやく医者にいき、無事「ただの風邪」の診断をいただきました。有給は今日でおしまい。

多少元気になってきたら今度はやることなくて、最近でたスマホゲーを検索した結果、シノアリスでも東京人形少女でもなく、「8月のシンデレラナイン」をインストール。やってました。

野球ゲームとして見るといまいちだけど、オート戦闘の育成SLGと考えると結構面白い。スキル構成考えたり、調子によって打順いじったり、手持ちのキャラでポジションやりくりしたり……。キャラさんの『ウィザーズクライマー』とか、アレ系の作業が楽しい方にはあってるんじゃないかなと思います。
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
あけいろ怪奇譚
バナー(3)
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
Lose新作『まいてつ』応援中!


AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!

情熱FX大陸