よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

さよらな『アクタージュ』

先日記事を書いた『アクタージュ』ですが(2020年8月8日記事)、たいへん残念なことに今週11日に発売されたジャンプ本誌の掲載をもって打ち切りが確定しました。被害者の方たちのこと、社会的影響、作画の宇佐崎先生のお気持ちなどを考えるとやむを得ないことであると思います。

秋葉原のアトレの三省堂ではこれを受けて、『アクタージュ』のコーナーが設置されていました。ポップには、次のような文言が。

act001

『アクタージュ』、現在こちらにある巻数しか在庫ございません。また注文も不可となります。

悲しみのメッセージ……まあ絶版ですから仕入れは無理ですよねぇ。事実上ここに並んでいるコミックスがカウントダウンボードというわけです。それでもこうしてスペースを作り(店舗最前面の、話題作を置く場所のど真ん中ですからね)案内を出してくれるあたり、誠意と作品への愛情を感じます。

他の書店はどうだろうと、書泉ブックタワーに行くとこちらにはふつうに置いてありました。ただ、だいぶ虫食い状態なのは変わらず。数日前に見たときはほぼ全巻あったので、やはり買いに来た人が多かったのでしょうか。

act002

いっぽう、秋葉原ヨドバシの7Fにある有隣堂。こちらからは、『アクタージュ』が完全に消えています。単純に売り切れた可能性もあるのですが、8日に偵察に来たときはそこそこ揃っていたので、撤去されたのかもしれません。

act003

Amazonでは、1巻をはじめ何巻か品切れになり、新品購入ができなくなっていました。残り冊数も1桁で表示されていたので、新品が消えるのは時間の問題かなと言う感じがします。

act005


「転売するやつがでてきそうだ」という声もあったのでメルカリで調べてみたところ、案の定1冊を結構高めに売り始めているのがいますね。ただ、言うほど高騰はしていない感じ。一冊500円として、12冊なら6,000円くらいですからね。ここには見えていないけど12,000円の全巻セットとかは余裕で売れ残っています。やっぱり電子書籍とかがあるからバカ高いと買う人いないんでしょうね。

act006
(2020年8月12日現在)

DMMなどの電子書籍ではまだ購入できます。ちょびっとですがセールもかかっていました。

act004

ただ、ダウンロードじゃない「オンライン上のファイルを閲覧できる権利を購入」するタイプの場合、絶版になって扱いがどうなるのかわかりません。以前にそれで見られなくなってモメていた案件もあったように記憶しているので、電子書籍購入の人は容量食いますがとりあえずファイルを落としておくのが良いんじゃないかと思います。

それにしてもこうして、実店舗で「死の宣告」を見てしまうと『アクタージュ』がこれで終わりなんだなという実感とともに、悲しみが押し寄せてきました。繰り返し申し上げているように、夜凪景の未来が断たれたのはほんとうに残念です(宇佐崎先生ももちろんお気の毒です)。

被害者の方がおられることを思えば軽々に言ってはいけないことなのかもしれませんが、物語の行く末を見たかった。そこはほんとうに残念です。マツキタツヤ氏にカムバックしてほしいとはまったく思いませんけれども。

部活動クラスターと教員の業務のムジュンの話。

島根県のサッカー部で新型コロナのクラスター感染が発生しました。その数91名。巨大クラスターです。

 ▼「島根県 強豪私立高校サッカー部員ら91人感染 クラスター発生」(NHK NEWS WEB)

松江市で新たに91人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、松江市と島根県は、松江市内にある私立高校で感染者の集団、クラスターが発生したと発表しました。

新たに感染が確認されたのは、松江市にある立正大淞南高校のサッカー部の学生寮で生活する男子部員80人と、自宅から通う男子部員6人、部に関係する教員2人、それに学生寮に出入りしていてすでに感染が確認されている男性の濃厚接触者3人の合わせて91人です。

このサッカー部では8日、男子部員1人の感染が確認されたため、帰省している部員を除く135人の部員全員と6人の教職員について9日検査していました。

91人の中に重症の人はおらず、部員30人が発熱やのどの痛みを訴えているということです。松江市では今後40人程度が入院して治療を受けるとしています。

松江市は10日以降、サッカー部の部員以外の全校生徒と、教職員などおよそ200人を対象にPCR検査を行うことにしています。
感染者の早期回復を祈るとともに、「犯人探し」のようなことにならないよう願うばかりですが、結局のところどれだけ警戒しても感染するときは感染するわけで、学校再開、部活動再開が実行された以上どこかでこうした事態が起きるのは避けられなかったでしょう。

もっとも今回の件の場合、ほんとうにじゅうぶんな対応をしていたのか、かなり疑問が残りそうだという声もあがっていますが、そのへんは学校側の調査待ちでしょうか……。

ともあれ学校でクラスターが発生した場合、閉鎖空間なので感染が拡大しやすいことや、若い人が罹患すると無症状のまま過ごす可能性が高くウィルスを広範囲に拡散させやすいといった問題が指摘されていますが、個人的にそのへんは学校特有の問題ではなく、どのような組織集団でも似たようなことが言えると思っています。

学校特有の問題となると、多くの場合感染者が未成年であり、感染を防ぐ管理責任が「学校」にある、あるいは「教員」にある、ということでしょう。

おそらく、学校の安全配慮義務であるとかそういったものが問われることになると思います。また、考えたくないことではありますが、万一重症化して後遺症がのこったり死者が出た場合は、訴訟沙汰も考えられるわけです。その場合、責任の所在は誰になるのでしょうか?

部活動であれば顧問だ、と考えるのがふつうでしょう。しかし、あんまり世間一般には知られていないことだと思うのですが、私の知る限り私立の学校で部活動が教員の「業務」として正当に扱われている学校というのは非常に少ないのです。

どういうことか。ちょっと下の記事を御覧ください。

 ▼「【学校の働き方改革】「部活動は労働時間」私立高校に対し是正勧告が行われました」(打刻ファースト)

学校の働き方改革を阻む要因となる課題のひとつに、「部活動の在り方」があります。
部活動における指導は教員による自発的行為なのか、それとも労働時間に該当するのかといった議論に、このたび、一つの結論が下されました。(中略)

学校関係者の皆様であればすでにご存じの通り、現行の学校指導要領や中央教育審議会の働き方改革答申によると、

・部活動は教育課程外に実施される教育活動の一つである
・学校の業務ではあるが、教員の仕事ではない
・顧問就任は業務命令ではなく、あくまで「依頼」のレベル

とされています。

つまり、部活動に教員が関わることは、業務外の自発的な行為と認識されています。
しかしながら、現状、どの学校でも教員が何らかの部活動を受け持つことが半ば強制となっていることから、

「業務ではない(労働時間として認められない)」
「しかし拒否できない(労働せざるを得ない)」

という矛盾が、教員の働き方改革推進を阻んできました。

まあ要するに、部活ってのは教員のボランティアだったわけです。自分が学生の頃は全然そんなこと知りませんでしたし、今の学生さんやその親御さんなんかでも、そのように認識している人は少ないんじゃないかなぁ……。

ですから、部活動の指導にお金は支払われないとか、休日に練習試合や公式戦があっても交通費すら出ない、なんていう話もザラにあったようです。というか、現在もあると聞いています。外野からすればそんなバカなっていう感じですが、複数の教育関係者に聞くと、私立の学校だと案外ふつうみたいなんですよね……。ひえぇ。

国公立の学校はさすがにこれを是正して、部活動を業務と認めていくらかの手当がでるようになりました。しかし、そうすると「労働基準法」との兼ね合いが出てきます。朝練、夜も遅くまで練習、休みはほぼナシでトレーニング……みたいな「強豪校」のテンプレ練習スタイルは許されないわけです。だって、労働だから。国公立の学校はこのため、日曜日の練習も自由にできなくなったし練習試合の参加数にも制限がかかったと聞き及んでいます。

私立の学校からすれば、これは問題です。公立の学校のように近所に住んでいる人だけが来ているわけではない。下手をすれば片道1時間とかかかる距離から通う学生もいるのですから、平日はンな大量の練習時間を確保できない。土日祝日の練習はかなり貴重です。これが「業務」として規制されてしまうと、部の活動に相当なダメージです。

また、お金の問題も深刻です。多くの教員に正当な「残業代」を支払うことになると、私立の学校経営は成り立たなくなる可能性があります。じゃあどうするかというと、実際にいくつかの学校で行われたのは、全体のベース賃金を下げるんだそうです。いままで月給30万だったのを、28万にして浮いた分を顧問の手当に回す。そんな感じ。

当然、さまざまな理由から給料が下がる教員からは凄い反発が来るでしょう。また、学校としても無限にお金を払い続けられるわけではないので、やはり部活動の活動時間制限みたいなものがつきます。それは労働環境として正当なものではあるのかもしれませんが、なかなかすんなり受け入れられるわけもなく、現状部活動については正式な学校業務、という扱いにはなっていない私立学校は結構多いようです。

今回の、この松江市のサッカー強豪校で部活動の扱いがどのようになっているのか、私は与り知ることができませんが、責任の所在が不明瞭なまま部活動を再開している学校は多いはずです。そして、教員がボランティアで生徒児童を集めて部活動をやっているという扱いなら、そこでクラスター感染が起きた、後遺症が残った等の場合に学校側が責任をとらない可能性もあるはずです。

実際にそんなことになるのかはわかりません(もし教員を切り捨てたら、今後学校に従う教員がいなくなりそうですから)。しかし原理的にはありえる話なわけで、学校側が守ってくれないかもしれないと考えておいたほうが教員のみなさんとしては安全なんじゃないかなぁと思ったりもするわけです。

そうすると、この状況下で部活再開するのってリスクしかない気がするんですけど、そもそもの原因は教員の業務ではないと定めている部活動が学校活動の一貫として認められているというわけのわからない規定にあるんじゃないかと思います。

これを正式な業務としたら教員の身体がもたないとか(任命された場合に拒否ができなくなる)、逆に学校活動から除外すると生徒児童がかわいそうだとか、いろんな話があって一筋縄にはいかないのはわかるんですが、まず「部活って何なの?」というのをハッキリさせてから学校生活に取り入れるのが先決なんじゃないんですかね。

Withコロナ、アフターコロナの中で、これまで曖昧なまま「なあなあ」で済まされてきたそういう制度的な部分もきっちり詰めて変化させることが必要なんじゃないかなぁと、記事をみていてぼんやり思いました。

痛恨のミス

今日、ホントに痛恨のミスをしました。たぶん端で聞くと「アホらしい」って思われるんですけど、個人的には本当に痛恨。

ユニクロのTシャツ、私はSがベストサイズなんですがモノによってはXSがほしい時があるんですね。ところが、XSは原則オンライン限定販売のうえに生産数が少ないせいで人気の色やデザインのものは速攻売り切れます。

半袖のクルーネックTの白無地のやつ、XSを狙っているのですが「売り切れ」表示が続いたまま2ヶ月以上……。再入荷通知も依頼しているのですが、いつも間に合わず見逃してきました。

それが、今日の6時すぎくらいにたまたまユニクロのサイトをひらいたら入荷してるんですよ!

やったぜー! と思ったんですが、何枚買うか慎重に検討しようとすると悩ましく、先に他の懸案事項を片付けてしまおうということで購入前にゴミを出しに外へ出ました。そうするとゴミ捨て場がめちゃめちゃ散らかっていたんですよ。うぜぇ。近所の奥さんもちょっと困ってる感じだったので、一緒に片付けて戻りました。

ところがそのせいで、「帰ったら手洗わなきゃなー」という行動予定で頭がいっぱいになり、すっかりユニクロのことを忘れてしまいまして……。

2時間くらいして(8時すぎ)再入荷の通知がメールで届いたので「あ、そういやTシャツ……」と思ってサイトをみたら、もう売り切れていました……。

凄いチャンスを逃した、しかももう本当にあと1、2クリックすれば買えるところで自分のミスで買いそこねたわけで、悔しくて身悶えしています。

この悔しさはちゃんと買い切ることでしか晴らせない! のは判るのですが、そんなチャンス簡単に来るんですかねぇ。毎朝ユニクロのサイトをチェックすることから1日が始まるのってあんまりうれしくないんですけど……。まいったなぁ。

盗撮自爆。

アホすぎますわ。

tousatu1

 ▼「高校教諭が女子トイレにスマホ、生徒が発見…動画に仕掛ける様子映る」(読売新聞 8月8日)

 広島県教委は7日、下着などを撮影する目的で勤務している県西部の県立高校の女子トイレにスマートフォンを置いたとして、男性教諭(32)を懲戒免職処分にした。


 発表によると、教諭は7月24日午前、録画状態にしたスマホを段ボールに隠し、トイレの個室に設置。女子生徒が気づいて発覚した。

 スマホの動画には、トイレに仕掛ける教諭の様子が残っていたが、生徒らは映っていなかったという。県教委の調査に対し、教諭は「ストレスと性的欲求を満たすためにやってしまった」と話している。

教員がこういうことやるのがどうかと思うというのはもちろんなのですが、速攻でバレるの間違いない「仕掛け」をするのもどうなんだろうという気がします。いや、バレないようにやれといってるのではなく、バレるということも、バレたときどうなるかということも考えられないようなやつが子どもを教えていいの? という。

せめて、「うは、そんな手の混んだ手法がよくバレたな」とびっくりするような手法でやるか、それができないなら思いとどまるくらいの能力値はほしいと思うんですけれども。まあ教員も大変だろうからおかしくなっちゃったとかなんですかね。

同情の余地はまったくありませんが、全国で相次ぐ教員の不祥事の原因が、個々の資質に依るものではなく構造的なものであるなら(要するに、忙しすぎてストレスがかかってしまうのだとか、人手が足りなくて質の低い人間を大量に雇わざるを得ないからこうなるんだとか)、何らかの改革をしないと永遠にこの問題が続きそうで怖いです。

ショッキング逮捕。

『アクタージュ』の原作者マツキタツヤ氏が逮捕されました。これはショック……。

 ▼「少年ジャンプ漫画の原作者逮捕 10代女性にわいせつ行為の疑い」(NHK NEWS WEB)

週刊少年ジャンプに連載している人気漫画の原作者の松木達哉容疑者(29)が、10代の女性にわいせつな行為をしたとして、警視庁に逮捕されました。

ジャンプ作家の逮捕といえば『世紀末リーダー伝たけし』の島袋光年氏が出会い系サイトでJKと援助交際して逮捕(2002年)した話がパッとでてきますし、あとは逮捕ではないものの「じどうに関心」こと『るろうに剣心』の和月伸宏氏が児ポ法に引っかかった(2017年)こともありました。

あとあんまり知られていませんが、『魔神冒険譚ランプ・ランプ』や『人形草紙あやつり左近』でおなじみ小畑健氏(あとはデスノとヒカ碁やね!)も銃刀法違反で現行犯逮捕(2006年)されています。

小畑氏は不起訴。和月氏はそもそも強制わいせつ等ではなかったこともあり、罰金20万円の略式起訴。島袋氏はこの逮捕の後で余罪(別のJKともみだらな行為に及んでいた)が見つかって再逮捕され、最終的に懲役2年(執行猶予4年)の判決でした。

最終的にどの人も「復帰」(小畑氏に関してはそもそも連載ストップとかにもなっていませんし)していますが、和月氏の場合当時映画が進んでいたこともあったのか、連載が「休載」にこそなったものの打ち切りはされず、7ヶ月後に再開しています。

連載打ち切り・単行本発売停止のあと既刊も絶版になった島袋氏とのボーダーは、起訴されたか否かではなく懲役くらったかどうか(あるいは刑事裁判の場に引っ張り出されて有罪判決を受けたか否か)であるように、少なくともこれまでの話を見ている限りでは思われます。

ただ、2017年当時とは世間の情勢も違っていますし、『るろ剣』でジャンプに多大な貢献をし確固たる地位を築いていた和月氏と今回のマツキ氏が同じ扱いになるかという疑問もあります。『アクタージュ』は舞台化が決まっているので打ち切りにはならないんじゃないかという意見もありますが、逆にコロナのご時世ですから、これ幸いと舞台を打ち切る口実にされる可能性も高そうですよね。

とりあえず強制わいせつで刑事罰は確定でしょうから、「打ち切り」のほうが可能性的には高いのかなぁ……。今のうちに全巻買っておいたほうが良い気がしてきたゾ……。

----------------------
2020.0809追記

NHKの報道が更新されました。

「少年ジャンプ漫画の原作者逮捕 女子中学生にわいせつ行為疑い」2020年8月8日 17時40分
週刊少年ジャンプに連載している人気漫画の原作者で、29歳のシナリオライターが、路上で女子中学生にわいせつな行為をしたとして逮捕されました。近くで別の中学生も同じような被害に遭っていて、警視庁が調べています。

逮捕されたのは、東京 中野区のシナリオライター、松木達哉容疑者(29)です。

警視庁によりますと、ことし6月18日の午後8時ごろ、中野区の路上で、歩いていた女子中学生の後ろから自転車で近づき、体を触ったとして、強制わいせつの疑いが持たれています。

その後、自転車で現場から逃走し、通報を受けた警視庁が、防犯カメラの映像を分析するなどして捜査していました。

また、およそ1時間後に近くの路上で別の女子中学生が同じような被害に遭っていて、松木容疑者とよく似た人物が防犯カメラに写っていたことから、関連を調べています。

警視庁によりますと、調べに対し「おおむね間違いありません」などと供述し、容疑を認めているということです。

容疑者は、「マツキタツヤ」というペンネームで活動し、週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「アクタージュ act-age」の原作を担当していました。

当初のイメージでは「援助交際の延長」みたいなのかと思っていたのですが、これは完全にアカンやつですね。通り魔的犯罪行為じゃないですか。

既刊の絶版は間違いないかなぁ。か細い可能性ではありますが、契約形態によっては(もしくは原作者が権利を手放す等の譲歩を引き出せれば)原作者を変えて続行とかが……まあ社会的に許されるならですけれど、認められたなら打ち切りは免れることができるのでしょうか……。

----------------------
2020.0810追記

打ち切りが決まりました。日曜日挟んだことを考えるとスピード決定です。夜凪景という1人の女優の未来が終わったのはたいへん残念なことです……。

 ▼「原作者逮捕の漫画「アクタージュ」連載打ち切り ジャンプ編集部「社会的責任の大きさを深刻に受け止め」」(スポニチ)

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)は10日、同誌に連載中の人気漫画「アクタージュ」の原作者・松木達哉容疑者(29)が強制わいせつの疑いで逮捕されたことを受け、11日発売の「週刊少年ジャンプ36・37合併号」の掲載をもって連載を終了すると発表した。事態を非常に重く受けた同誌編集部は作画担当の宇佐崎しろ氏と話し合いを持ち「連載をこのまま継続することはできない」と判断。「これまで多くの読者の皆様に応援していただいた作品をこのような形で終了することになり、編集部としても非常に残念でなりません。しかしながら、事件の内容と『週刊少年ジャンプ』の社会的責任の大きさを深刻に受け止め、このような決断に至りました」と連載終了に至る経緯を説明し「ご心配、ご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 2018年1月から連載中。天才的な演技の才能を秘めた女優志望の女子高生・夜凪景(よなぎ・けい)の成長を描く。少年漫画としては珍しい「役者」を題材にした。

 警視庁中野署が8日に逮捕。逮捕容疑は6月18日午後8時ごろ、中野区の路上で、塾から帰宅中の女子中学生を自転車で追い抜く際、胸を触った疑い。女子中学生の相談を受けた親が110番。午後9時ごろにも、約2キロ離れた同区の路上で、別の女子中学生が自転車の男に胸を触られており、同署は関連を調べる。

 「週刊少年ジャンプ」編集部の発表は以下の通り。

 去る8月8日、「アクタージュact―age」の原作担当であるマツキタツヤ氏が逮捕されました。

 編集部ではこの事態を非常に重く受けとめて、事実確認の上、作画担当の宇佐崎しろ先生と話し合いを持ちました。その結果、「アクタージュact―age」の連載をこのまま継続することはできないと判断いたしました。

 8月11日(火)発売の「週刊少年ジャンプ36・37合併号」の掲載をもって、連載終了といたします。

 これまで多くの読者の皆様に応援していただいた作品をこのような形で終了することになり、編集部としても非常に残念でなりません。しかしながら、事件の内容と、「週刊少年ジャンプ」の社会的責任の大きさを深刻に受け止め、このような決断に至りました。ご心配、ご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

 編集部はもとより、宇佐崎先生は断腸の思いをなさっていますが、先生をサポートし、また作品を作っていけるよう励んでまいります。

 なお、コミックス等の関連刊行物やイベント等各種企画につきましては、関係各所とも協議のうえ、決まり次第お知らせいたします。



《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
シルキーズプラス A5和牛 『バタフライシーカー』

あけいろ怪奇譚
バナー(3)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!




アーカイブ(過去記事)
情熱FX大陸