よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

いよいよ雪?

今日は東京で初雪かもしれません。

震えて眠る……。

インバウンド需要減少の影響の話。

新型コロナウィルスの影響で海外との「日常交流」が制限されて約1年。秋葉原に行くたびに「インバウンドで食ってたところはキツいだろうなぁ」と思って見ていましたが、外国人観光客のお買い物で成り立っていたような「化粧品」で、その影響が目に見えるかたちとなって出てきたようです。

 ▼「資生堂、「TSUBAKI」など日用品事業の売却を検討 低価格ブランドの競争激化で」(IT media  ビジネスオンライン)

 資生堂は1月22日、ヘアケアなどの日用品を扱うパーソナルケア事業を売却すると報道されたことについて、同事業の投資ファンドへの売却を「検討しているが、現時点で決定した事実はない」と発表した。ヘアケアブランド「TSUBAKI」など、量販店で展開する低価格帯商品の競争激化や、高付加価値ブランドを強化する方針が背景にある。

 パーソナルケア事業の売却については同日、ブルームバーグが報じた。

 パーソナルケア事業では、ドラッグストアやスーパーなどの量販店を中心に、低価格帯のヘアケア、スキンケア、ボディケア商品などのブランドを展開。TSUBAKIのほか、スキンケアブランドの「専科(SENKA)」、デオドラントブランドの「Ag DEO 24」、ボディケアブランドの「SEA BREEZE」などがある。

 資生堂は同事業について、2021年上半期をめどに「CVC Asia Pacific Limitedに譲渡すること、そして、その後、同事業を運営する新会社の株主として参画し、同事業のさらなる成長と発展に協力していくこと」などを現在検討しているという。

 同社は以前から「プレステージファースト戦略」を掲げており、今後も高付加価値のスキンケア領域を中核事業と位置付け、さらに取り組みを強化していく方針だ。デジタル技術も活用し、30年までに「高付加価値スキンビューティー領域」で世界トップになることを目指している。

 一方、低価格帯のブランドについては、日本のほかアジアで広く展開し、認知度も高いが、市場の競争が激しい。同社は、競争激化の中でパーソナルケア事業をさらに成長させるためには、商品開発や広告宣伝などへの重点的な投資が必要だとし、「それを可能とする新しい事業モデルを構築すべく、上記の案を含めさまざまな検討を行っている」と方針を示した。

日経新聞では少し踏み込んだ、違った角度からの捉え方をしています。

 ▼「資生堂「TSUBAKI」など日用品事業売却へ 1000億円超」(日本経済新聞)

資生堂は22日、へアケアブランド「TSUBAKI」を含む日用品事業を売却する方針を固めた。売却先は欧州系大手投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズで、売却額は1000億円を上回る可能性がある。新型コロナウイルス禍で業績が悪化するなか、事業の選択と集中を進め、高価格帯の化粧品事業に経営資源を集中させていく。

以下有料記事なので引用は控えますが、「UNO」や「TSUBAKI」などの低価格帯メジャーブランドの売上は2019年度12月で売上全体の9%ほどであること、新型コロナの影響でインバウンド需要が激減したこと、低価格帯域の化粧品はライバルとの競争が激しいうえに値下げ合戦の様相も呈していて収益性が悪いこと、などが書かれています。

インバウンド需要の激減がはっきりとしたかたちでメーカー側に影響を与えているわけで、これから同様にインバウンド便りだった商品(炊飯器とか掃除機とか)も製造数が減ってくるんじゃないでしょうか。

TSUBAKIやUNOのような「安くてそこそこ質も良い」商品というのは当然日本人にとってもありがたかったわけで、そこから資生堂が撤退することで(ブランドは売却で残るにしても)私たちの生活にも少なからず影響が出るかもしれません。電化製品なんかも同じですね。一部の超リッチ層向けと、庶民向けの製品の格差が激しくなる可能性はあります。

一方で、「日本製」のブランドパワーが確立できている分野であれば、コロナショックで入手が困難になっているわけですから、海外に直営店作ったり通販でうまいことやれば一儲けできるんじゃないか……みたいな話もあり。チャレンジのチャンスがどっかに転がっている気もします。

いずれにしても、海外からの動きも制限されてもうすぐ決算。先日は、まさに「インバウンド御殿」とでも言うべき、外国人観光客用の商業施設・GINZA SIXで大量閉店が始まったという記事も見かけました(「銀座最大級の商業施設「GINZA SIX」で大量閉店 1月17日に14店舗が一斉撤退」)。ここからインバウンド依存だった分野の「厳冬」が本格的に始まるのかもしれません。

毎日炎上~ごめんなさいが言えなくて~

幾つかの新聞系ニュースサイトが、ワクチンをめぐるオリコンニュースの配信記事を転載し、炎上しています。中でも激しく燃えたのが毎日新聞。BuzzFeedで取り上げられていました。

 ▼「女子高生100人調査「コロナワクチン、6割超受けたくない」記事に批判殺到。毎日新聞などが掲載→削除」(BuzzFeed)

新型コロナウイルスのワクチン接種を希望するかどうか、「女子高生」に限定してアンケートしたという記事が、「ワクチンの不安や副作用を煽るような内容だ」という批判を集め、その後削除された。

もともとはオリコンニュースが配信した記事で、毎日新聞や朝日新聞、中日新聞など他社サイトも転載。なかでも毎日新聞のTwitterで拡散し、同社は釈明に追い込まれた。

ワクチンをめぐっては、専門家からHPVワクチンの教訓を踏まえ「リスクコミュニケーション」の必要性が強調される一方、一部メディアでは不安を煽ったり、有効性を否定したりするような報道も散見されている。
毎日新聞の釈明ってのがこれ。



mainichi

ちなみに、朝日新聞も中日新聞も記事を削除しています。

まあ「こたつ記事」じゃないですけど、他のメディアの記事をするっと転載して記事数とViewを稼ごうっていうことなんでしょうね。でも、なんだかんだ「クオリティペーパー」を名乗るメディアがこういうことやっちゃいかんだろうと思うわけです。自分の会社の記事に転記するなら、きちんと裏とってから載せる。「このメディアが転記してるなら読むに値する記事なんだ」と思わせられる存在であってほしかった。

まあとっくの昔に朝日も毎日もそんなメディアじゃねーだろって言われたらそうかもしれないんですけど、それにしたって素人の個人ブログかよって言いたくなるようなことするのはどうよって話ですよ。ノーチェックで何でも載せてるならニュースサイトで良いよって話。

特にメンションなく記事消しているのもどうかと思うし(最初になぜ載せたんだって話にもなるし、引用した側にも不誠実ですよね)、毎日はそういう「確認が不十分」だったことに対して特に謝罪もないのは……そんなもんなんですかね。

んで、先日話題になったのが「毎日新聞が税制上中小企業になる」という話。

 ▼「毎日新聞社、資本金1億円に減資 節税目的」(日本経済新聞)

毎日新聞社が3月に資本金を現在の41億5000万円から1億円に減資することが19日、分かった。取り崩した資本金は純資産の「その他の資本剰余金」に充てるが、用途は明らかにしていない。資本金を、税制上は中小企業の扱いとなる1億円以下にすることで節税する。

無駄を省くといえば聞こえは良いけれど、もう見栄も張れなくなってきたのかと思うと哀愁漂います。保身にいっぱいいっぱいというか。こういうところに影響が出てきたということは当然、取材や人件費も「コストカット」が行われるわけで、カネにあかせた戦略・戦術はとれない。内部でクオリティを高めていくしかないのに、やってることがこれじゃあね……という感じ。先が明るいとは思えません。

似たようなことやろうとしたシャープっていう企業が昔あったんですけどね。

 ▼「シャープ「1億円減資」断念 批判考慮、5億円に」(日本経済新聞)

シャープは1200億円以上ある資本金を1億円に減らす計画を断念する。資本金1億円以下は「中小企業」とみなされるため、税制上の優遇措置を受けて収益回復などにつなげる考えだった。大企業による異例の大幅減資への批判を考慮し、資本金は5億円にする。減資で累積損失を解消する方針は変えず、将来の復配などに備える。

さすがに露骨な税金逃れじゃないかって言われてましたし。毎日新聞がそれを知らないわけはないですし……。まあ吉本もやったんですけど。その頃から、問題ある制度だとか1億円っていう一律の基準はどうなんだろうとか疑問視されいたわけですよ。そういう制度の裏道的な部分を「活用」しようとしている。

 ▼「シャープや吉本興業はなぜ資本金1億円への減資を目指すのか?」(マイベストプロ)

大阪の吉本興業は先日、9月1日付で資本金を約125億円から1億円に減資することを決定しました。結局は政府などから批判が出て5億円への減資にとどめた経営再建中のシャープも、当初は1億円への減資を検討してしたことは記憶に新しいと思います。企業がこのように減資する目的は何なのか、そして、なぜ資本金1億円への減資なのでしょうか。

吉本興業は、3月末時点で100億円を超える累積損失があり、資本金のうち約124億円を取り崩してその穴埋めに充てています。シャープもこの3年間で1兆円を超える赤字を出しており、99%以上の減資でその補填をするつもりのようです。このように減資を行う多くの場合、財務改善が一番の目的です。

ただ、減資をするのになぜ、2社ともに資本金を1億円にしようとするのか。そこには、理由があります。実は資本金が1億円以下になれば税制では「中小企業」とみなされ、法人税や法人事業税の負担が軽減されます。つまり、税制上の優遇措置を受けるために、資本金を1億円にしようとしています。ちなみに、中小企業が資本金1億円以下という形で定義され始めたのは1966年の改正で、画一的、一義的に把握でき、基準として明確であるということが採用の理由だったようです。

立場的にも毎日って、こういう「金持ちのなんちゃって税金逃れ」みたいなのを批判糾弾するスタンスでやってきた新聞だと思っていたんですけど、結局これかぁっていう。やっぱり背骨がもうぐにゃっちゃってる感じがする。

今回の件からしてここが正念場という意識があるようにも感じられないし、プライドをもって仕事してるところがやることではないなぁというふうに見えます。新聞を終わらせるのは、他のメディアなんかじゃなくて新聞社自身なのかもしれません。

交通系ICカードで駅に入場できそうな話。

これ結構うれしいニュース。というか、いままでダメだったことにイライラしていたので……。

 ▼「交通系ICカードが駅の入場券に Suicaなど10種類 JR東が3月開始」(IT Media NEWS)

 JR東日本は1月19日、交通系ICカードを駅の入場券として使えるサービス「タッチでエキナカ」を3月13日に始めると発表した。顧客がSuicaなどを使って同じ駅の改札を出入りすると、入場料を残高から自動で引き落とす。送迎や通り抜けをしやすくし、駅ナカ施設の利用を増やす。

 実施エリアは首都圏、新潟県内、仙台市内のうち、Suicaでの乗降に対応している駅。対象のICカードはSuicaに加え「PASMO」「Kitaca」「TOICA」など計10種類。「モバイルPASMO」や「モバイルSuica」、Apple Pay向けSuicaも含める。仙台エリアでは「icsca」も対象になる。

 改札内の滞在は2時間まで認める。入場料は150円で、東京駅など一部の駅では140円。私鉄への乗り換え改札口や簡易改札機、新幹線の改札機では、サービス開始後も従来の入場券が必要な場合がある。

駅ナカにさまざまな店舗がある東京駅や新宿駅は、ICカードで入れると便利。急にトイレに行きたくなることもあるし、新宿は急いでるときに外をまわるより通り抜けしたくなるんですよね。

というわけでまだあと2か月弱先ですが、早く可能になってほしいところです。

ハチサマ当選してた話。

4月25日に八王子で開催される「ハチサマ5 Hachinai Spring」。

hacisama5a

当選していました。やったねー。

hacisama5

Twitterキャンペーン系はまったく当たらないけど(ノД`)。というかサイン年賀状とか複数当たってる人もいる中で、あれだけ初期から応募続けていてクリアファイル1回ってのは寂しい。それとも、1回でも当たっていることを喜ぶべきなのだろうか……。

それはさておきコロナでの中止が続いてしょんぼりしていましたが、今回もどうなるか……企画してもらえるだけありがたい話ではあるので(グッズとか作るのも会場押さえるのも大変でしょうし)、当選したからには開催を信じて待つことにします。

とはいえ、スタッフさんや出演者のみなさん、また参加するオーディエンスの健康が第一。今回は払い戻しも控えるし、頑張ってグッズは買いますので、無理のないようにしてください。
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
シルキーズプラス A5和牛 『バタフライシーカー』

あけいろ怪奇譚
バナー(3)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!




アーカイブ(過去記事)
情熱FX大陸